January 2006

January 26, 2006

今日の練習

今日の練習・・・

鬼 ― 軽く打っているように見えると言われた。前から何回も言われているのに直らない。どうしたらいいかわからない。ちくしょー。明らかに腰が高い。腰を低くして打ったつもりだったのに。ちくしょー。

ぶち ― まだまだまだまだ、できるのかもしれない。ふと、この公演で最後にしようと思った。舞台に出るのを。
舞台に向けての練習、いや、この最高に楽しい日々、このメンバーで叩くこと、もうあと一週間ちょっと。“今”を感じた。歩が言っていたことが頭をよぎる。今、このメンバーで、今、この時に叩くのは一回きりしかないんやから、全力出してこうや。やっと、やっと、この言葉が心に届いた気がする。遅くてごめんなさい。叩き終わった後、、、何とも切ない。全力を出し切った気持ちよりも、その時が終わってしまった不安が心をよぎる。

湯源 ― 一回目の通し。直樹、公然のアドバイスを受け、めいいっぱいに腰を下げ、先のことは考えず、全力で打ち込んだ。これでもかというくらい。足がつらくて顔がいがむ。しんどすぎて、注意すべきことが頭から消える。声を出すところで声が出せない。数が数えれない。打ち終わって、反省をしようと思っても、どんな風だったか覚えていない。
二回目。もう立てないと思ったのに、演目が始まれば立てる。最後までは続かないと思ったのに、最後まで打てた。こんなもんなのか。これが軽く打っていたってことか。これが今まで、ぼくがやってきたことか。弱ぇ・・・。まだまだまだまだ、できる。強くなりたい。もっともっと強くなりたい。

楽公演まであと9日。明日からは、ギア2で。


心平

wadaikoraku at 23:36コメント(10)トラックバック(0) 
楽公演 

誤解

そうとう馬鹿なことをしてしまいました。

ついさっき、以前書いたブログについて誤解があったことを知らされました。泉都大祭の時のです。読み返してみれば、確かに誤解を招いてもおかしくない文章でした。内容は以下のものです。


観光サミットは見てなかったけど、泉都大祭はよかったよ。和太鼓“楽”も、舞“楽”も。
でも、まさか別府八湯まで来てるとは。驚いた。そしてこちらの演目は湯源。出番後すぐ帰ったみたいで、楽のまでは見てないようやったけど。
正直、なんだか微妙やったなぁ・・・。あんまりよくわかんないけど。


今さらだけれども、思い出せるままに、その時の思いを説明します。
まず、別府八湯と楽のつながりについて、ぼくの知っていることを述べると、楽ができたころ、楽に太鼓を教えてくれていたのが別府八湯の人で、その時に教えてもらったのが「湯源」という演目。でも、その人に教えてもらっていたのは初めのうちだけで、今では、教えてもらっていた人たちも卒業し、直接的な関わりは少なくなっている。それでも、湯源は今でも自分たちにとっては大切な演目のひとつで、演目は叩かしてもらっているのに、別府八湯との関係は不明確なままで。自分たちがその問題に対してしっかりと向き合おうとしていなかったのかもしれない。
そんな時に行われたのがこの泉都大祭。演目を教えてもらった団体が目の前にいるのに、団体として、ちゃんとした挨拶ができなかったこと。
他の太鼓団体が出ているため、自分たちの太鼓が見比べられて、劣っているように見えたんじゃないかという心配。
もしこの場で別府八湯が湯源を叩いていたら、どうしていたんだろうという不安。
そんな風な思いが、いろいろとあって、この文章を書きました。
「微妙」というのは決して別府八湯の演目や態度を指したものではありません。

おそらく、一部の楽メンバーはこれを読んでなんとなく分かった人もいるかと思います。あまり気に留めなかった人もいるかもしれません。ぼくはそこまでしか考えていませんでした。ですが、楽以外の人が見たら、十分に誤解を招く文章でした。

本当にごめんなさい。


wadaikoraku at 14:33コメント(1)トラックバック(0) 
後悔 

目が。。。。。

目が痛い。。。
モンゴルから帰って来て、どーも視力が落ちたなと思ってたら。。。
視力が落ちたのではなくて目の中に傷がいっぱいで、そのせいで見えにくくなってたらしい><
今もほとんどパソコンが見えてない状態。。。。字間違えてたらすいません。
忙しさにかまけてコンタクト新しいの買わずにずっと同じのつけてたし、、、疲れてはずさずにそのまま寝たり、、、、まじでごめんなさい。。。目ん玉ちゃん↓
一週間出来る限り目に優しい生活をして眼科に出直します。
皆、体は大切にね。

あ、ちなみに楽公演まで10日きりました。
皆わかってると思うけど、やばい。。。やばすぎる、、、、
200円に値する感動を持って帰ってもらえるには、まだまだです。
で、私、自信を持つことにしました。そしてそれに比例するだけの努力をしようと思いました。順番逆かもしれんけど、今回はこれでいきます!
だから、たぶんこれから皆にもばんばん注文つけると思うけど、言ったぶんだけ自分もやるつもりなので許してください!

「愛の反対は無関心」マザーテレサの言葉です。
私、皆に関心を持ちます。もっともっと、仲間として、友達として、ライバルとして。

あまりにも目が痛いので、卒論は今日もやめてもう寝ます。

ちなみに隣でザヤは看板作りに没頭中、明日一限ぶちは果たして大丈夫か!?
そして空は「ちょっと寝る」といって暴睡中、コタツのスイッチを切ってあげるのも一つの愛情かと考え中。。。。。

ではではおやすみなさい。



wadaikoraku at 01:34コメント(1)トラックバック(0) 
何となく書きました。 

January 24, 2006

第一回楽公演への思い(勝手に拝借!のりさんすいません!)

    

          こんちは、みなさん。のりおです。

僕の師匠が教えてくれた。
世の中には2通りの人間がいる。
「ウソを最初に吐いて、それから実現するヤツ」と「全くウソを吐かないヤツ」
ウソというのはある意味、ふと口から出る「夢」なんかもしれん…。

バイトして太鼓して、そんなアナタもキッチリやる「強さ」をくれる。疲れて
寝ていた顔をみて、皆は笑っていたけれど、僕は笑えんかった。

アナタの「涙」を見て共感してしまった。でも俺も涙を流せるんやなって思えた。
俺も人間やったって。理屈が続くと心が冷たくなってしまうのよ。でも生きるには
理屈も要るのよ。

          正直、どうすりゃ良いかわからん。

          こんな色々な思いは1打1打に現れるんかな。
          誰か何か感じてくれるんかな。

              
                   俺は表現できとる?
           努力できとる?
                     
                         俺にとって太鼓とは?




          また苦しくなる。でも太鼓が叩きたい。




              [一部省略]written by 平川典秀(ひらかわのりひで)

wadaikoraku at 03:42コメント(6)トラックバック(0) 
いい言葉。 | みんなへ

第一回楽公演への思い(勝手に拝借!竜太さんすいません!)

          美味い酒を皆で飲む




これで行きます。

好きな奴らと好きなことやってバチコーン決めてから美味い酒を飲む。
完全燃焼してベロンベロンのスーイスイ

これで行きます。



僕にとって太鼓は人と繋がっていられるきっかけ

それは人間的に、強く成長させてくれることへ繋がっていく

太鼓は物ではなく生き物であり、そして打ち手自身でもある。


           志あるところに道は開ける



          美味い酒を皆で飲む



              [一部省略]written by 中村竜太(なかむらりょうた)    

wadaikoraku at 03:19コメント(2)トラックバック(0) 
いい言葉。 | みんなへ

初代の思い。

e53c5179.jpg













和太鼓のリズムを通じ、メンバー一人一人と
様々な人々と多くのものを共感したい


これは初代レイナさんが理念として掲げていた言葉です。
今一度、この意味をかみ締めて欲しい、知らないメンバー
には一度読んで欲しいそう思いここに書き込みました。
以下一字一句間違いなく打ち込んであるので皆さんぜひ、
読んでください。また新たな気持ちで楽と向き合えるかも
しれませんね★

……………………………………………………………………………………………………

Unity and harmony through rhythm.

“楽”という漢字は、太鼓の形が変化してできた文字で“奏でる”や“楽しい”という意味を含んでいます。私達は和太鼓を叩き、共に楽しむことで多くのものを共感しあって行きたいと考えています。ここには様々な文化をバックグラウンドとした学生が集まっています。私達はそれを一人一人の個性であると理解し、それぞれの個性が時にはぶつかり合い、時には融合しあうことで、私たち自身のリズムを創り出していけるだろうと願っています。
 和太鼓のリズムを通じ、メンバー一人一人と、そして演奏を聞いてくれる様々な人々と楽しみ、多くのものを共感し合いたいという想いがこの名前と理念にはめこまれています。

The character , symbolizing the Japanese drum / Wadaiko /, includes both the meaning of “playing an instrument” and ”enjoying”.Unity and harmony through rhythm.

……………………………………………………………………………………………………

今も昔も変わらずにみんなの根っこに
流れる思いは変わらずにありますか?

色んな思いが重なり合って、今の“楽”。

今自分が代表をさせてもらってることに本当に感謝する。
今までのメンバー、今のメンバー、これからのメンバー。
すべての人にありがとうです。

これからもよろしくです。

               
                                    公然

wadaikoraku at 02:55コメント(1)トラックバック(0) 
心機一転!! | 愛してる☆

January 20, 2006

ひさしぶり。

どーも。チケットの忙しさに追い回され、ブログを書く暇もありませんでしたが、ようやく640枚を超え、目標の700枚まであと一歩。手伝ってくれた人、ありがとうございます。

いやー、楽公演、近づいてますね、確実に。忙しすぎる・・・。
でもようやく荒馬緒の代表も交代し、チケットも山場を乗り越え、いい感じ。

ただ、今日久しぶりにエイサーを踊ったら、全然体がついていかない。これだけ太鼓してるのに。やっぱり、使う力が違うからかなあ?ほんまにしんどかった。

問題だらけのちゃんぷるー。楽公演が終われば、少しは還元せねば。

でも最近、就活についてよく聞かれる。来年はどうしようか?う〜ん・・・
とりあえず楽公演が終わってからやね。

全ては行き当たりばったり。


心平

wadaikoraku at 23:55コメント(4)トラックバック(0) 
がんばるぞ!! 

January 10, 2006

和太鼓楽の皆様へ 5

和太鼓楽の皆様へ


どうも、カナダにいる川中一樹です。
なんやかんやで、帰国まで3ヶ月切りました。


それはいいとして、楽メンで
検討していただきたいことがあります。
去年の3月から言っていて、「しつこい!!」と
言われるかもしれませんが、公演のビデオを貸してほしいです。
金は帰国後必ず返します。送ってくれた人には、
飯おごります。(送迎付き)


CROSS OVER SEA 2005で使われたものやら、
(これは、マジで借りたい。)
一樹に貸していいよってやつ貸していただきたいです。




こちらで、和太鼓の公演をすることが決まりました。
エドモントンで1番大きな団体であろうところに
アポを取り、長距離バス、市バス、タクシー、地下鉄を
使い4時間ほどかけて会いに行ったら、学校まで来てくれる
ことになりました。


その団体の方にも見せたいというのもありますし、
カナダの子供に楽を見せてやりたいと思います。



楽公演で忙しいとは思いますが、5分ほど話していただければ
幸いです。
もし、ビデオ貸していいよって決まったら、送ってくれる人
ここにメール下さい。
tanjyoubiha1128@hotmail.com
よろしくお願いします。
英語バージョンなくて、すいません。


川中 一樹


wadaikoraku at 03:40コメント(0)トラックバック(0) 
みんなへ 

January 09, 2006

ある青年の物語。

「気持ち」と「技術」という二つの項目をめぐって、
ものすごい不満というか疑問というか矛盾というか、
とにかく納得しきれないものを持っている青年がいました。

「気持ちと技術どっちを優先するの?」

と、そんな一言から始まったこの物語は、
ユニオンから追い出され、寒空の下2時間以上も議論するような
なんとも大きな?物語に発展してしまったのでした。

色んな道を行ったり来たりして、
何度も何度も同じ議論を繰り返して、
話が突飛したりしなかったり、
ぐるぐると脳内を徘徊して、
その青年はようやく「納得」することができたのでした。
めでたし、めでたし。

そしてわたしは学んだのでした。
人って面白いな〜ということを。
人って色んなこと考えてるんやな〜ということを。
人と話すってすんごいためになるな〜ということを。

そしてわたしは学んだのでした。
冬の夜中にAPUの山の上で、
何時間も突っ立っているのは自殺行為だと。
足の感覚を完全になくしながら、
そんなことをわたしは学んだのでした。

みさなん(この時期)外で議論するのはあまりお勧めできませんよ。
長くなりそうだとわかった時点で、さくっと避難所を見つけましょう。

さて、その青年はぐっすり安眠できたのでしょうか?

wadaikoraku at 12:19コメント(2)トラックバック(0) 

January 04, 2006

raku2006

明けまして おめでとうございま〜〜〜〜す!!!
ついに来ました!2006年。

カウントダウンイベントで始まった今年度。新年早々、夜中の四時半まで働かされ、チケット作りに追われ、歯の痛みに苦しめられ、、、
なかなか大変なスタートではありますが、今年は何と言っても楽公演!
一部の人間はもうすでに、大学で練習を始めている模様です。拍手!

あと一ヶ月。
あと一ヶ月で、太鼓練習して、笛練習して、チケット作って、パンプ仕上げて、川崎のイベントやって、リハもやって、演目完成させて、、、
なかなか大変な道のりではありますが、そこは何と言っても楽公演!
がんばろう!

心平

wadaikoraku at 22:16コメント(1)トラックバック(0) 
がんばるぞ!! 
訪問者数

Recent Comments