August 2009

August 30, 2009

先輩と再会してきました!part1

こんばんわ!

ここ4日間くらい、ちょっと用事があったので東京に行ってました。

最後の2日間は、

公然さんが声かけをしてくださって、

絵梨佳さん、崇さん、そして、郡さんが集まってくださって・・・涙

夜通し飲んで、崇さん家でトランプして本当に楽しかったです◎

三鷹駅前

崇さん家








飲み会では、話題はやっぱり楽について。

あそこもっとこうしたらいいとか、三宅の登場を考えてくださってたりとか、

カウントダウンはまだやってるの?とか、

路上で神着きとか・・・・卒業されても一生楽メン!!ですよね。

いつまでもいつまでも尊敬できる先輩ですな!


日本全国に楽メンがいて、

こっち来るなら飲み行こうや!とか、よぉ来たね!って迎えてくださるのは

本当に有り難くて嬉しいことだなぁ^^

みなさん社会に出てもお変わりなく、

以前も今も自分を持ってて、遊ぶときは全力で遊んでくれる姿に

ほんっと感動すらしました。

8月の上旬では、しんぺいさんも九州に来てくださって、

けんしさんと3人でお話させてもらったり、

この夏休みは僕にとって再会シーズンです。

こういう繋がりがいつまでも繋がって行けたらいいですね。



たまにはこういう思い出ブログもありだよね。


せいっ



wadaikoraku at 18:59コメント(6) 

August 08, 2009

思ったこと

一生忘れられない舞台を作りたい。
何年たとうが、歳取ろうが、他の思い出に負けない位いつまでも自分の中で輝いている程のものを作りたい、みんなと作り上げていきたい。
そこにたどり着くまではしんどいかも知れんけど、俺は今しかできん、今やからこそできる事やと思う。
よし頑張ろ
と思う今日この頃
ミツ



wadaikoraku at 02:55コメント(7) 

August 04, 2009

ダナ・ラマへ

僕が楽に入るきっかけとなったのは、APハウスのWelcome Partyでした。
その時舞台に立っていた人の中に、昨日卒楽したダナ・ラマがいました。
2人の打ってる最中の声、表情、伝わる熱や鼓動、そして打ち終わった後の真剣な中に
浮かべた笑み、達成感のようなもの。見ていて全てにワクワクさせられました。
『APUだからこそ、日本を発信できる太鼓をしたい』そんな原動力を僕にくれました。
楽に入ると決めたあの時から今までずっと思ってきたことがあります。
いつかダナ・ラマのように、僕も誰かをシビレさせられる人になりたい。


孵化した子鳥は、目の前の鳥を一生、親鳥と思うみたいですが、
僕にとっての太鼓の親は一生ダナ・ラマなわけです。

あのときの湯源は、一生忘れられんやろうな。


今まで、本当にありがとうございました。


かずまさ




wadaikoraku at 23:33コメント(4) 
訪問者数

Recent Comments