楽公演

February 06, 2008

今日はイイことがありました◎

かずまさ

第3回“楽”公演、ひとまずお疲れ様でした!
あとは総括をそれぞれ終わらせるのと、サンクスレターを送るのみとなってきましたね。
今日ミーティングが始まる前、舞台としての反省も多少引きずっとったし、気分もあまり晴れんかったけど、最後のほうで、和太鼓“楽”と舞“楽”のこれからのあり方というか、歴史を知ることの大切さというか、守ることの大切さまで実感させられたものとなって、あぁいう話ができて本当に良かった。

和太鼓“楽”と舞“楽”。
始めはガッチリ繋がっていたものが、いまとなっては首の皮一つで繋がっている感もしていた。
第3回が終わった今、これでいいのか??
なんか、本当に神でも舞い降りたかのように一人の和太鼓“楽”メンが話しだした。

和太鼓“楽”と舞“楽”が出来た歴史も、先輩たちの想いも明確にしないまま進んでしまった第3回。第1回や第2回がこうしてきたから第3回も、なんて真似する必要もない。そんな姿勢も互いにちらほら見せてきた。

企画を進行していた当時はソレが正しいと思って、自分達のやりたいことをやろうって空気が流れてた。
けど、形式や表面だけがしっかりしていても中身がなければいつかは崩れるってのに今日気づいた。バブル経済みたいな。

それがいまの“楽”にぴったりあてはまると思った。
だから、お互いが変に意識しすぎていつの間にか壁を作っていたし、中には“楽”公演に対しても矛盾を感じていた人もいたのかもしれん。

もっと和太鼓“楽”と舞“楽”のことを勉強、、とまではいかなくても、知ろう!アウトプットしようと思った。

れいなさんやけんしさんを始めとして、
先輩たちの想いをもっともっと汲み取ろうと思った。

今、ここに、ある。ものに対して、どこかで当たり前に思ってしまっていたのかもしれん。

太鼓だけを、舞だけをやりたいなら大分県探せばどこでもできる。

あえて“楽”であり続けるために、
恵まれた環境で太鼓や舞ができるかわりに、
受け継がれてきた家紋の意味、先輩達の想い、そして演目や“楽”のこと。
もっと知ってもいいんじゃないかな。って感じた。
じゃないと申し訳ない。後から知っても遅いんだ。

そしてコレがもっと“楽”メンの原動力となることは間違いないと思った。

和太鼓“楽”を、舞“楽”を、そして演目などのいろんな場面で、
0から1にしてくれた先輩、関係者一人一人に感謝して、太鼓を世界に奏でたいなと思いました。


あと、後輩たちが思わぬところで育ってた?っていうか、
正直あまり気にも留めてないのかな?って思ってた後輩たちが
このことを皆に気づかせてくれた。
それがめっちゃ嬉しかった。
飲み会で、いつの間にかOBOGの先輩と話してる後輩。
みてるだけで幸せでした。


あーすがすがしい☆おやすみなさい。

wadaikoraku at 02:17コメント(0) 

July 18, 2007

“楽”

和太鼓“楽”と舞“楽”が同じ舞台に立てる曲・唄を創りたい。

wadaikoraku at 11:54コメント(0) 

January 26, 2006

今日の練習

今日の練習・・・

鬼 ― 軽く打っているように見えると言われた。前から何回も言われているのに直らない。どうしたらいいかわからない。ちくしょー。明らかに腰が高い。腰を低くして打ったつもりだったのに。ちくしょー。

ぶち ― まだまだまだまだ、できるのかもしれない。ふと、この公演で最後にしようと思った。舞台に出るのを。
舞台に向けての練習、いや、この最高に楽しい日々、このメンバーで叩くこと、もうあと一週間ちょっと。“今”を感じた。歩が言っていたことが頭をよぎる。今、このメンバーで、今、この時に叩くのは一回きりしかないんやから、全力出してこうや。やっと、やっと、この言葉が心に届いた気がする。遅くてごめんなさい。叩き終わった後、、、何とも切ない。全力を出し切った気持ちよりも、その時が終わってしまった不安が心をよぎる。

湯源 ― 一回目の通し。直樹、公然のアドバイスを受け、めいいっぱいに腰を下げ、先のことは考えず、全力で打ち込んだ。これでもかというくらい。足がつらくて顔がいがむ。しんどすぎて、注意すべきことが頭から消える。声を出すところで声が出せない。数が数えれない。打ち終わって、反省をしようと思っても、どんな風だったか覚えていない。
二回目。もう立てないと思ったのに、演目が始まれば立てる。最後までは続かないと思ったのに、最後まで打てた。こんなもんなのか。これが軽く打っていたってことか。これが今まで、ぼくがやってきたことか。弱ぇ・・・。まだまだまだまだ、できる。強くなりたい。もっともっと強くなりたい。

楽公演まであと9日。明日からは、ギア2で。


心平

wadaikoraku at 23:36コメント(10)トラックバック(0) 

December 30, 2005

〈今、このすべてを。〉

こんばんわ。和太鼓楽の浅利です。

皆さん冬休み練習してますか〜?オレはやばいことに怠けモード
全開です…。今日から気合入れなおします。

さて、後残すところ2005年も後1日。今年も色んな舞台に立った。
全部は思い出せんけど自分にとってまじで貴重な体験になった。

頭をする中で気付く事、普通に出演して気付く事、色んなことに出会った。
うまくはいえないけど、大学時代のオレの価値観って楽のみんなのおかげで
成り立ってるように思う。就活で色んな質問されるけどオレが答えるのは全部
楽のことが絡んでる。きっとオレも楽のことが大好きなんだろうなぁ。と最近
つくづく思います。(あっ文乃の次ね☆)

そんな楽が2月4日にとても大きな公演をするそうです。
ぶっちゃげエントリー締め切りの1秒前まで悩んだ。
絶対出たかった。でも出なかった。ここにはかけないけれど
自分の中で色んな葛藤があった。だけどオレは今回舞台には
たたなかった。そういう道を選んだ。それは逃げではなくて
期待が大きいかな。いろんな人の背中に期待を寄せてる。色んな
人の思いを信じてる。

だから今回のオーディションに受かった人たちにはオレの
気持ちの全てを持って舞台に上がって欲しい。それだけの
思いが自分たちの胸にあることを自覚して欲しい。それに
はオレだけのものじゃなくて、オーディションに挑戦して
惜しくも散っていった仲間たちの思いや努力、悩み、不安、
葛藤、涙、汗、何十年間って言う人生全てが入ってると思
って欲しい。そしてそれを感じて欲しい。分かって欲しい。
そうすることで自ずと自分がすべきことが見えてくると思う。

だからオレの分まで、オーディションで落ちちゃった人たちの
分まで一生懸命練習していい舞台にして欲しいって思います。

一人一人が本気を出せばできないことなんか何もない。
きっと想像以上のものが出来上がると思うよ。そのお手
伝いが少しでもできたらうれしいな。

楽公演まであと36日
楽公演まであと864時間
楽公演まであと5万1840分
楽公演まであと3百11万0400秒

一日に二時間練習してもたったの72時間…。
一日に一時間しか練習しなければたった36時間。

残された時間を大切に!!!!!!!!!!!!
オレにできることがあれば何でもします。至急連絡ください。待ってます。





wadaikoraku at 22:14コメント(0)トラックバック(0) 

November 17, 2005

沖上げ

0ff57455.jpg







今回の楽公演で、沖上げがトップバッターを勤める予定です。

沖上げとは、
『漁にでる漁師達が絆を深めるため、気合を入れるために歌う歌。』

これを“楽”にあてはめて考えた時、
『公演をする楽メン達が絆を深めるため、気合を入れるために歌う歌。』

それは和太鼓“楽”だけでなく、舞“楽”だけでもなく、お互いを鼓舞するために、同じ目標に向かって突き進んで行くために歌う歌であってほしい。そういう願いを込めて沖上げを歌ってほしいと思います。

これは、演出さんとオレが話してて感じたイメージ。
演出さんのイメージとも同じものだと思う!(ですよね?)

なかなかいい演目順になってると思います。

こうねん


wadaikoraku at 09:43コメント(1)トラックバック(0) 

July 13, 2005

何かを成し遂げようと

何かを成し遂げようと思った。そして代表になった。
何かを成し遂げようと思った。そこに楽公演がある。

もしこれをしなければ、俺は代表になった意味はないと思う。
オレはそう思う。何か一つがんばった!と言えるものが欲しい。

送る会のような楽が一つにまとまって動くその瞬間を見たい。



プライオリティー。何が大事か。そんなの自分が一番に決まってる。
でもできるだけ、できる限り自分でないことにむけてがんばりたい。

就活、就職、勉強…。でもやらなきゃいけないものがある。
それがオレにとっての楽公演。現実、インターンやらで関わ
れないかも知れない。けど、土台を作って今楽にいる人達に
任せたい。(そこにオレがいるのが理想だけどね。)


後悔だけはしたくない。ただそれだけやね。
逃げることもできるよ。そんなの簡単よ。
でもオレは逃げたくない。
だって今まで存分に逃げてきたから。
それを無くす為に代表になったから。



代表のぼやきでした〜



wadaikoraku at 14:10コメント(4)トラックバック(0) 

April 28, 2005

思いは今

8ad2aa63.bmp







思いは今、時を越えて。

2001〜2005。色んな思いが時を越えて楽に存在し、ここまで
やってきた。つながる思いがそれぞれの胸に刻まれて。

2001、沼田れいな。れいなさんの思いから始った和太鼓“楽”。
色んな人々に支えられてここまできた。太鼓が叩けること、
楽メンとして生きていられること、良き先輩、良きライバル
良き友、良き人間に出会えたこと、全てに感謝をささげたい。

ありがとう。この一言を一打一舞に。

2001、2002、2003、2004、時は流れ2005。また多くの思いに出会う。
つながるおもい。ここにある。

何かくさいこと書いたけど、今日のミーティングでbrain stoming
した時に出た事をかっこよく?書き上げてみました。(かっこつけて
るつもりです)

和太鼓“楽”。。。無限大!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

こーねん






wadaikoraku at 03:30コメント(2)トラックバック(0) 
訪問者数

Recent Comments