今の気持ち

October 25, 2008

たとえば天空祭その1-風 ぶちあわせ編-

タイトルは、なんとなく流れで笑


今日、天空祭 1日目が終わりましたね。

楽のメンバーの中にも

Baseのメンバーとして走り回っていたり、GASSのメンバーとしてオーキャン運営していたり、他のサークルでパフォーマンスしていたり

練り歩きで太鼓叩いてたり、意外なあいつが馬で踊ってたり笑

揚げアイスを揚げていたり。いろんな立場のメンバーがいて

それぞれがそれぞれの天空祭初日を終えたのではないでしょうか。



そして楽としては、初日の演目「風」「ぶちあわせ太鼓」!!!!


「風」は夏休み前からオーディションをやって練習が始まったり、
「ぶちあわせ」は史上初!過去最多!(ですよね??)の4台!締め5台!計17人による4台ぶちだったり

今までに無いくらい挑戦的だなーーーと個人的に感じていました。


そしてそして今日本番を迎えたわけなんですが

僕は七頭を終えて、着替えて、場所まで走って、
久しぶりに「観客」っていう立場かつものすごく近く(距離的な意味ね)から、楽の演奏を見る機会でした。

会場はA棟とB棟の間。


「風」が始まって


中盤に差し掛かって

口上が始まった瞬間

〜別府に響く“楽”の音で
人々幸せ為れば良し
世界に羽ばたくAPUから
世界が平和に為れば良し
世界を巻き込め天空祭!!〜


(個人名だしてごめんなさい)

けんしさんが観ていて
ゆうじさんが観ていて

新入生が観てて
別府市民が観てて

(僕にとって「風」は湯源と共に“楽”の象徴であって、湯源が伝統的な象徴だとしたら、風は新しさ、変化、常に進化、未来みたいなの象徴みたいな感覚で。言葉足らずでごめんなさい)

なんだか
めっちゃ新しい、未来に向かってまさに「今」を駆け抜けていく「風」を

「初代」の“楽”メン、今年の秋入の「新しい」“楽”メン、APUの学生、別府市民が

「APU」っていう場所で、一同に“楽”の「風」を共有している光景
「風」の空間を介している光景が

もう
本当に泣きそうになるくらい感動しました。

始まりの「風」から、今まさに駆け抜けていく「風」、そして未来。

初代のメンバーと、今のメンバー、そして今年入った最新のメンバー。


いっろんな思いが「風」に乗って、あの空間に集まった気がしました。




〜別府に響く〜のくだり

近くで見ていたおばあちゃんが

目を細めながら、うんうんって微笑みながら、手拍子をしていた姿をみて

楽Tを着ていたら今日は楽を観に来たのよって笑顔で話しかけてくれたおばちゃんがいて

ぶちのとき「どっこいどっこい」ってのろうとてる子供がいたりして





本当に奇跡的な偶然から始まった“楽”の音が

すこしづつかもしれないけど


「確かに」「別府に」根付きつつあるのかなあと思って

本当に人々が幸せになればいいなと思って
本当に世界が平和になればいいなあと思って

いろんな人に支えれらてるなあああって思って

みんなが楽法被を着てる姿をみて

楽法被は、先輩から受け継いできたものであると同時に、未来の楽メンから預かっているものなんだよ っていう直樹さんの言葉がばあああああって頭に浮かんで

風とぶちのリズムにのって 楽法被が未来に向かっていってるような気がして

もう本当にあああああああああってなって




もうこれ書いてる今も本当に涙目で

もう何ていっていいかわからないんですけど










本当に感動しました。風、ぶちっていうよりかは 、あの空間、あの光景に。
もちろん風、ぶちも!!!!

いろんな人に支えられてる。
いろんな想いが詰まってる。


なんて、言うの簡単だけど

今日本当に実感した。




SINCE 2001〜


あああああ。涙腺が。


これ以上書くと安っぽくなりそうなんで。


殴り書きでごめんなさい!!!



天空祭って、先輩達が立った舞台と同じ舞台だから

だからこそ本当にいろんな事を振り返れるんです


僕にとって。

帰ってこれる場所。帰ってこれる祭でもある。




だから僕は天空祭が大好きです。






明日は三宅と鬼ですよねーーー!!!

ちなみに 頭は三宅僕、鬼ゆきです笑




頑張るどーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







そういちろーー


wadaikoraku at 22:26コメント(5) 

August 02, 2008

ONE FOR ALL, ALL FOR ONE.

僕は 演目頭が 苦手です。





と、いうか、人を引っ張ってまとめるのが苦手。
いや、嫌いじゃないけど苦手です。

それは 去年一年間 で痛感したわけであり…
いや

と、いうより、僕は先頭で引っ張るよりかは それより一歩ひいた所、もしくは普通のポジションから サポートするのに向いてるのかなと思えてきました。

リーダーは嫌いじゃないし、やりたい気持ちもある時はあるけど

得手不得手はやっぱりある。もちろん克服だって出来るはず。

でも僕は サポートの役も嫌いじゃない。むしろこっちのが 自分の良さを発揮出来そうって意味では、好き。



去年、いろいろなリーダーやって思いました。




って、言ってられないって状況もくるものです。

何だかんだで 自分はもう 4回で一番上な訳です。


ぶっちゃけ今まで 自分は 先輩なんだっていう自覚は ほぼゼロ。
去年あたりの新入生が入ったときから、少しづつ あ、もう先輩かっていう意識はありーのやったけど、、、自分にいっぱいいっぱいでそれどころやなしに。

和太鼓楽においては、二回から始めたってのもあって、 さきや こいずみ たちが入ってきてやっと自覚って感じ。

けど、それだけ。

全然頭とかせんやったし。


でもやっぱり時間が経てば、だんだんと世界が広がって、見えるものもふえてきて、みんな先輩になっていくのかな と 感じます。








新入生にとっては 間違いなく 先輩なわけで、彼らは何もわからないし、先輩にきくしかない。自分で 研究 してって 言っても、やっぱり先輩の形をみたりするわけで、先輩なしには 無理なこともある。

その時に、俺もわからん って 言うのは なるべく 避けようと思った。



そういった面でも、今回の 頭は いろいろ考えさせられました。構成を考える段階から。
リーダー苦手です。なんて言ってる場合じゃないし、誰かが引っ張らんといかんと思って、本当にいろいろ考えました。

否がおうにも自分が引っ張らないかん状況になって

普段頭なんてやらんから、っていう逃げもやめようと思いました。


そういった過程の中で感じたことは、

新入生のみんな、 メンバーのみんなから 本当に いろいろ 教わることが多かった

ってことです。

いや、本当に。僕は本当に決断力が弱くて肝が弱い部分があるんですが、そうゆーとこも、みんなからサポートしてもらったり、新入生ががむしゃらにがんばってる姿 からパワーもらったり。



本当にいろいろ考えさせられました。
本当にいろいろ教わりました。


そんなこんなで明日は宇佐神宮公演です。
久しぶりの三宅→湯源という王道コンビです。

頑張ります。

SO


wadaikoraku at 22:25コメント(5) 

July 25, 2007

ついに第3回始動!!!

代表・副代表も決まり、セクションの方もメンバー割り当て始まりました。
個人的には、『ついに!!!』って感じです。


個人的ついでに、超個人的な話します。
僕はいま、Japanese Weekというイベントにも関わっていて、そこでの仕事が企画責任者です。いわゆるコアメンの一人です。
“楽”公演をするってなったときに、ジレンマが生じました。
Japanese Weekのスタートは去年の11月で、もう動き出してから、半年以上過ぎてます。本格始動し始めたときに、“楽”公演も・・・。

そこで、副代表である自分はどうやって“楽”公演に関わっていこうか、と。
楽メンの数人にこのことを相談したときに、
『副代表だからっていって、コアになる必要はないよ。』
って言われて、
「それなら、パフォーマーとしてしっかり関わろうかな。」
って思ったわけです。一時はね。


が、しかし、やっぱり納得いかないんですよね!
楽公演に、パフォーマーとしてしっかり関わって他のことを他のイベントとの両立を理由におっくうにするのは。
あと、与えられた仕事だけをこなしていく、ってことが自分の中で許せなくて。
それに、0(ゼロ)から創って行くのが“楽”公演だから。



だから、自分の中で考えて出した結論が、


首突っ込みます。
色んな面に口だします。
多くのことを試みます。
みんなのためにみんなのことを気遣います。




“楽”の歴史を語れ、って言われて、一番よく知っていて語れるのは僕だから。




自分にできることを極限まで追求して、どこまでも意味づけして、“楽”にささげることにします。



“楽”の為に今なにができる?
−今!!自分のなかで、自分にたいして禁止用語をつくってみました。

≪誰かがやるやろ≫


誰かがやる、やなくて俺がやる。
思いついたことをすぐにでも行動に。どんなに叩かれてもくじけない。


常に心に持って突き進んでいきたいと思います。

もちろん、Japanese Weekもね!


常に自分が代表で。




エンジンかかるの遅くなってしまってごめんなさい。

それでは!

wadaikoraku at 16:50コメント(3) 

March 31, 2007

入学式

明日から、ボクは、ボクらは先輩になります。

wadaikoraku at 22:39コメント(0) 

March 23, 2007

うちらでやってやれねぇことはいっこもねぇと思います!!!!!

可能性は本当に無限大です。
若いし。。。笑


でもでも、やっぱそこには努力が努力が努力が努力が必要で、それは絶対やと思います。


下の文は、
私が高校で吹奏楽をしていたとき、夏の大会前にその時の部長がメンバーにおくった文章です。
これは、ジャンルが違っても音楽する人みんなにとって大切なことだと思うので、
みんなにも読んでほしいので、
みんなの頭の端っこにでも置いといてほしいことなので、
そのまま載せます。
ちなみに、この人は今も音楽を追っかけ続けている、私にとって偉大な人です。


別府を離れている先輩たちへ☆
最近、十文字原はいい風が吹いています*
もう、春ですね…*

koooori



自分が“楽”をするのが音楽じゃない
聞く人が“楽”しくなる それが音楽
そのなかで自分も楽しくなれたら最高にHAPPY
お客さんがハッピーになればそれは最高の音楽だから
お客さんをハッピーにするためにどんな努力もしなくちゃならない。
演奏する人にとっては“それ”が全てだ。

…中略…

自分勝手な演奏は自分を満たすだけだ。
誰かに恋した時の気持ちで、相手のことをおもった演奏をしたい。
みんなはどうですか

wadaikoraku at 19:14コメント(2) 

February 05, 2007

ここから。

えー、楽の皆さんこんにちは。そして昨日はお疲れ様でした。
卒業公演を観に来てくれたメンバー、本当にありがとう。

今日バイクで足を痛めました。。。で、外に出ることが出来ないのでブログを書いてます(笑)
もし昨日なってたら笑えませんでした。。。


昨日、大切な人達を目の前にして私は楽を卒業しました。
正確には、楽での最後の舞台を踏みました。
これからも、きっと何かしらの舞台を踏み続けます。
自分という人間を表現し続けます。
この顔芸で。いやいや、この想いで。
その方法が、太鼓なのか笛なのか、はたまた全然違うものなのかは分かりませんが。


私は、楽にいる自分が好きでした。
ここまでも、ここからも。

楽の皆、本当に本当にありがとう。
楽のメンバーとしてはもちろん、ここで出会えた一人の人間としてつながっていきましょう。



「感じて動く」

感動多き人生を!




wadaikoraku at 21:48コメント(2) 

January 24, 2007

日記

私の去年のスケジュール帳には、ところどころに短い短い日記が書いてありました。1週間ぐらい前にたまたまそのスケジュール帳を発見して、見てみると、本当になつかしくて。。。

内容はくだらないものばっかりだけど、私にとっては本当に思い出深いものなのです。



2005年

9/14(水) in Mongolia
歩さん、真由子さん、彩さん、ザヤさんと履修登録後に近くのほったて小屋にて馬乳酒を飲んだ(人生初)。ぶっちゃけ苦手!!でもザヤさんはごくごく飲んでたよ〜♪さっすが〜☆

10/10 (月) in 岩城島
今日も岩城です☆授業さぼって岩城です☆モンゴルMEETingさぼって岩城です☆
いろんな人に迷惑かけちゃいました。…でも、それだけ…いやそれ以上の価値が岩城にはありました。イエイ!!!歩さんまゆこさんザヤさん最高です。

10/24(月) @こうねんさんあやのさん宅
十文字原。チャイ チャイ チャイ ロールケーキ チャイ スパゲッティ チャイ。

1/14(土) @空さんザヤさん彩さん宅
空さんと朝7時まで十文字原の構成考えました。。。ちょっと寝ようと言って、二人で次の日のリハに遅刻しました><



アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああ
4回生との練習も明日で最後かと思うと本当に寂しいです。
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


wadaikoraku at 20:47コメント(4) 

April 22, 2006

ごぶさたしてます。光道です。

みなさんこんにちは!ごぶさたしてます。光道です。みなさん温泉祭り等お疲れ様でした。まずは楽公演等いろいろなご心配、迷惑をかけたことをこの場をかりておわびします。ごめんなさい。最近はバイトやらまちづくりやらで練習にはいけません。けど最近1年前のことをよく思い出します。かずきさん達とできたシンミョン公演、ハウスのウェルパ、夏のお祭り、新進公演、全部が思い出になっています。それが自分の中では寂しく、ある意味ひっかかっています。多分太鼓は人に負けんくらい好きやったと思うけどみんなと一緒にできることが好きやし、すごく楽しかったんやと思う。メンバーみんないい人ばかりで今でも声かけてくれてほんと嬉しいし感謝してます。いい先輩、いい同級生、いい後輩です。ほんと。
今自分の中でも楽にコミットするんか、どうか考えることがあります。しっかり考えてまた練習に参加したときはよろしゅくお願いします。
楽の新入生の一人が言ってました。
「俺、楽に入りたいからAPUに来たようなもんですよ」って
これは先輩、はじめみんなの流した汗、いっぱい苦労したっりした一つの答えというか結果がでたんではないんかな。と思います。
動く楽、叩く楽、悩む楽、笑う楽、泣く楽、全部みんなの頑張りが楽のためになってるんすよ。みんなの姿見て一人元気もらってます。これからも頑張って!!!

wadaikoraku at 15:21コメント(5)トラックバック(0) 

December 03, 2005

結束力

苦しい苦しい決断をしました。
ジャパニーズウィークのオープニングの「湯源」。木曜日の練習の時に、いろいろな人から、様々なアドバイスや意見を受け、そして昨日、このままだと、舞台に出れないという話しから始まり、様々なことを話しました。そして今日、ジャパニーズウィークオープニングのメンバーで話し合いました。今後について。

言わせた形になったかもしれない。「今回はやめます」という言葉を聞いた時、胸がつまりました。最初からもっと練習方法を変えていれば、もっと自分がと一緒に練習できていれば、もっといろいろなことを話せていれば、、、、、、いろいろな「〜れば」が頭の中をよぎりました。当初のメンバーでいくのも、メンバーをチェンジするのも、どちらもとても苦しい決断になっていたけれど、こういう形でのメンバーチェンジは、もう二度と、やりたくない。。

今日ある人が、こんなことを言いました。
「一流がただ集まってやるよりも、結束力のある二流のほうが、よいものが作れる」って。
確かに。って思いました。
どんなに技術があっても、やっぱり最後は、その人と一緒にやりたいか、やりたくないか、になってくるんだと思う。そういう信頼関係は、練習過程であったり、練習のなかでどれだけのことを話してきたかだったり、そういうもので築いていけるものだと思う。もちろん、一緒に食事したり、飲んだりってのも含まれると思う。ただ、食事したり、飲んだりっていうのは毎日毎日あるのでもないし、なにか一つのことに向かってやっていっていると感じられるのは、やっぱり練習を一緒にやっているときかなぁって思う。
舞台で見せられる見せられないも、やっぱり練習をしてこその舞台だと思う。練習をしないと、やっぱりメンバーに迷惑をかけたり、舞台にでないメンバーにも迷惑をかけることになると思う。
練習ってやっぱり大事だなって思いました。

私は、練習するときに、結構厳しいこといったりするときがあるけれど、相手に求めているものが大きい分、やっぱりそうなってしまうところがある。だから今回のジャパニーズウィークのメンバーには、本当に申し訳ないくらい厳しいこともいろいろ言ってきた。もしかしたら、心の中では、嫌だなって思ってて、言ってない人もいると思うけれど、別に苦しませようとして言っているんじゃなくて、やっぱり舞台にたつ大切さを分かってほしかったから。本当は、みんなで楽しく練習できたら、いいのかもしれない。でも、楽しさだけで得られないものもあると思う。なにかを得ようとするときには、やっぱり何かしらの苦労だったり犠牲はつきもので、多くのモノを得ようとしたら、やっぱりそれなりの努力は必要になってくる。人間関係でも、人と分かり合おうと思うなら、その人と話す時間も共有する時間も多くないと、分かり合えないときだってある。
楽しいだけが人生じゃないっていうように、悲しみも苦しみも味わった人の方が、濃い人生を送れると思う。そう思うと、人とぶつかったって、そのときは悲しくて嫌かもしれないけれど、後になったら、いい結果になってるときだってある。

結束力って、そういう話し合いとか、一緒に踏む過程であったりとか、そういうもので築いていけるものだと思う。

私が和太鼓“楽”に入部して、学んだのは、「人を信頼する」ということ。中学生のとき、あんなに人間関係がうまくいってなかった自分が、高校生のとき、あんなに人を信じるのが嫌になっていた自分が、大学2年のはじめに、あんなに人間不信になっていた自分が、ここまで信頼できる人たちができて、毎日毎日笑って、泣いて、怒って、悲しんで、苦しんで、生きていけるのも、“楽”のおかげだと思う。

なんかちょっと話しずれた・・???wごめんなさい・・・w

なんかまとまってないけど、、、読んでくれた人、ありがとう。

ジャパニーズウィークメンバー、頼りない頭についてきてくれてありがとう。頑張ろうね。今日の練習とリハ、行けないけれど。ゴメンナサイ。

絵梨佳

PS 突然の風邪には気をつけてね・・・・。疲れはためないほうがいいです・・。

wadaikoraku at 14:51コメント(3)トラックバック(0) 

October 18, 2005

宙さん、相変わらずすごいなあ。あの、まめっていうか生真面目っていうか、とにかくそのすごさを痛感したね。あのアクティブメール。

一人の偉大な先輩です。ぼくが、楽公演で見てもらいたい人の一人です。こんな、楽を想ってくれてる先輩方が、まだまだいる。君らが知らないところで、ぼくらが知らないところで、楽は作られ、今、ぼくらは繋がっている。その大切さ、わかってください。

その恩返しにできる、ほんの小さなことが、今、太鼓と向き合うことだと思ってる。

今、このすべてを。

wadaikoraku at 23:57コメント(1)トラックバック(0) 
訪問者数

Recent Comments