和田西部町内会

横浜市保土ケ谷区和田西部町内会のブログです。

 好転に恵まれた10日の土曜日、商店街恒例の「べっぴんマーケット」が開催されました。
16号側入り口付近に卓球台が設けられ、スリッパ卓球選手権の決勝戦も行われて大勢の人でにぎわいました。
 私たち町内会役員の面々も、これもすっかりお馴染みになったお餅つきで参加しました。
IMG_20181110_105611
 当日は男性役員が5名しか参加できず、応援に来てくれた星川のIさんの八面六臂の活躍に助けられました。
IMG_20181110_105653
 つき手がIさんです。
こちらも
無題 
 おととい退院したばかりの会長がついつい手を出す・・・
 つき上がった熱いお餅は丸め場に
IMG_20181110_104713
 三人のキッズボランティアさんがかいがいしくお手伝いを
IMG_20181110_113929
 ちぎり方も堂に入ってきました。
IMG_20181110_113943
 裏方さんです。三段重ねの蒸篭場、蒸す時間は約40分。
20181110_123009
 舞台裏をお見せします。
 お餅の出来ばえが左右される最初の「捏ね」は機械がやっています。
20181110_121545
 お買い上げありがとうございます。午後一時には40Kgのお餅が完売になりました。
IMG_20181110_104916
 12月2日の日曜日は和田西部町内会ほんちゃんの「30回記念お餅つき大会」です。
平成元年に子供会、青少年指導員、体育指導委員を中心にはじまったお餅つき大会も30回目を迎えます。平成最後の「お餅つき大会」となりますが、お餅つき大会は40回、50回と町内会がある限り、つながっていきます。
 「30回記念お餅つき大会」会場で、皆様のご来場を心からお待ちいたしております。

15日(土)保土ヶ谷中学校地域防災拠点の避難所運営研修会(HUG=ハグ、Hinanjo Un-ei Game)が町内会館でありました。防災拠点委員15名(和田西部8、釜台町1、和田東部2、和田町75番地2、ルネ上星川2)消防団1、保土ヶ谷中学校1、区役所1、区社協1の19名が研修を受けました。
20181015_210849

 ところで地域防災拠点てなんでしょう?
今年は地震、台風、長雨と災害が多かったですよね。
大きな地震で被害を受けた時、被災者を一時的に収容する施設が地域防災拠点です。
 横浜市では、
ほとんどの小学校、中学校が地域防災拠点に指定されていて、ちなみに私たちの町、和田一丁目・二丁目は保土ヶ谷中学校が地域防災拠点です。ここは釜台町の防災拠点でもあります。そして
市内どこかで震度5強の地震が起きた時は、防災拠点を開設し、避難所を設けることなっています。
 さあ、震度5強の地震が発生して地域防災拠点を開設することになりました。さて、誰が防災拠点を開設するのでしょう。
 実は、そのための組織は
各拠点ごとに設けられていて、この地区では
     「保土ヶ谷中学校地域防災拠点管理運営委員会」
やたら長い名称ですが、この委員会がその役目を負うことになります。
 委員会は
地区(和田・釜台地区)五つの町内会、自治会の役員を主に構成されていて、その委員のうち、被災しなかった人、被災しても無事で拠点に駆けつけてこれた人達が、拠点の開設を主導します。
 そうです、拠点を開設し、避難所を設営し、避難者を受け入れるのは行政ではなく、皆さんと同じ、地域の住民です。
委員は年に数回、委員会や研修会で、勉強し、討議し、研鑽して
いつか必ず来るその日に備えています。でも本音を言うと、自分が委員でいる間は、大災害に来てほしくない・・
 防災拠点開設でまず最初に出くわす難問、それは地震発生時に押し寄せてくる被災者を、どのように受け入れて収容するか、ということです。
 震度5強以上の揺れにあって不安を感じた方たちは、余震の恐怖から、より安全な場所、安心出来る場所を求めて避難所にやってきます。
 避難者を個々の状況に応じて、避難所の適切な場所に遅滞なく収容する、この机上訓練、それが
「HUG」です。
 前置きが長くなりました。研修会の模様です。
講師の佐藤栄一先生、保土ヶ谷消防署署長を退官されて、防災一筋に講演活動をされ、区民の安心・安全を訴え続けておられます。20181015_190749
避難所の見取り図。ここに避難者の状況の書かれたカードを次々に、配置していきます。
20181015_195820
「う~ん」と考え込んでいる委員も・・
20181015_203353
20181015_203358
先生のアドバイスが入ります。
20181015_210827
避難所にカードが埋まっていきます。
20181015_202648
最後に講評を・・・
20181015_210904
この
「HUG」研修はヴァーチャルではあっても、
現実に起こりうることを想定していて、現場では必ず役に立つことを、研修を受けた我々は確信を持ちました。
それに、グループで「あーじゃない、こうじゃない」と、言い合いながらの雰囲気がとても楽しい。機会があったらみなさんもぜひ体験してみてください。

 


和田西部町内会のビッグイベント「秋のお祭り」もいよいよ最終日を迎えます。
スタッフ一同、輪になって「和田西部町内会・・ゴーッ」で始まります。
「今日も頑張るぞ~」
ゴー
「水餃子」で~す。
水餃子
「焼きおにぎり」
焼きおにぎり
焼きそば
「焼きそば」は今日も大人気
「おもちゃ屋さん」
おもちゃ屋さん
「レトロな駄菓子屋さん」
レトロ駄菓子屋
「かき氷」今日も暑いよ!
かき氷
「くじ引き」
くじ
「スーパーボール」
スーパーボール
本日のイベント、幕開けの「カラオケ大会」が始まりました。
karaoketaikai1
急遽出演してくれることになった「シンガーソングライター小次郎」さんです。
シンガーソングライター小次郎
シンガーソングライター小次郎2
幕間には子供たちの「じゃんけん大会」ホステス役はピンクスのミッコちゃん。
じゃんけん大会
風の通り抜けるここは、暑い日の昼下がりには特等席。
お休み処
坂本町のダンス教室「Lani ’Eha」さんには、
三年連続で出演いただきました
Lani eha 20180909_150317
lani eha 3
lani eha 6
今回出演していただいた皆さんです。
0681
「秋のお祭り」もいよいよファイナル、今年度も大トリは「ヨコハマ・ザ・ピンクス」にお願いしました。ピンクス結成の元となった野球チームのユニフォームで登場です。
ピンクス20180909_164248
1536908873153
1536908885626
1536909499853
ノリノリの演奏にステージ前はさながらダンシング・アリーナに。
ツイスト、ん?ジルバも!
ピンクスでダンス
平成最後の「秋のお祭り」はピンクスの演奏で終了となります。
大勢のお客様に恵まれ、連日のお天気に恵まれ、大勢のスタッフに恵まれたお祭りでした。関わっていただいたすべての皆様に、役員一同心より御礼申し上げます。

 一日目と言うか、宵宮を入れると二日目ですが、宵宮はあくまで前夜祭なので8日(土)を一日目とします。この日はイベント盛沢山で「一日付き合っていただいても退屈はさせません」と気張って取り組みました。
メイン・イベントの一つ、神輿巡行はご覧いただけたましたでしょうか。
 今回のレポートは本会場です、本会場(和田一丁目公園)の西側を、パノラマ風にしてみました。この程度のできならMS標準のペイントでもできるのですね。
クリックして、ぜひ大判でご覧ください。    *9/12加筆、写真追加。     
会場全景s
開場は3時ですが、人の出はやはり4時くらいからでした。
会場入り口、受付前です。
20180908_160003
模擬店舗を紹介していきます、一部ですけれど。
お祭り定番のスーパーボール
20180908_160013
こちらはちょいと贅沢、カスタム・スーパーボール、どちらも和楽会が担当しました。
20180908_160021
「和田町おもいで万博」の三畳間を利用して、レトロな駄菓子屋さん再現です。
「リアル」のお母さまがお相手を
20180908_160038
かき氷は、第二子供会のお母さん。
20180908_160100
「プレミアム・かき氷はこれよ!」
20180908_160205
バニラアイスクリームに缶詰ミカンのトッピング「おいくら?200円?えっ、ほんと~」
「生ビール班」は保健活動推進員のおばさま「今日は暑いから、忙しくなるよ」
20180908_162612
ステージイベント幕開けは横浜国大の学生さんのグループ「アコースティック・スタイル」です。
akosuta1

「アコスタ」出演のミュージシャン
akosuta2
コロムビア専属、
地元の民謡歌手、木津かおりさんが率いる「竹嶺会」の民謡です。
20180908_160421
0649
西日のがんがん射す暑いステージで、汗もぬぐわずに熱唱してくれました。
竹嶺会の後を受けるのは、こちらも横国大の民謡グループ
「民謡研究会合唱団」です。
20180908_164711
演奏を終えた民謡音楽家の大先輩、木津かおり先生が後輩たちの演奏をスマホに納めている姿が、とても印象に残っています。
20180908_164751
「お兄ちゃんたち、なにやってるんだろう?楽しそうだなぁ」
20180908_171610
「民謡研究会合唱団」と前出の「アコースティック・スタイル」は、横国大の
「ワダヨコグループ」が音楽をプロデュースした、二年前の「和田町グルメと音楽の祭典」にも出演しています。
さあ、5時を過ぎて会場がにぎやかになってきました。
20180908_172514
20180908_174617
20180908_174659
この柱の向こうは・・・・?
20180908_173631

ステージに誰を待つ・・・・ん?
20180908_174304
そう、吉本の、5年前の、あの・・・・児。
大変だったあの5年前にも、大雨の中、このお祭りに来てくれたんだよね。
今回再出発を期して、新コンビ
「オイナリーサン」(不確か)を組み、地元に再上陸。
久しぶりに「ドスコイ」をファンと一緒に
20180908_175112
お隣の上星川育ち、もちろん保土ヶ谷中学校・・
「楽しんご」でした。
20180908_180114
夕陽も西に傾き、残暑の中の秋の夕暮れらしくなってきました。
会場の賑わいが、潮の
満ちるように増していきます。
公園
20180908_174558
20180908_180725
 地元のベンチャーズバンド
「ザ・サスペンダーズ」の演奏の後を受けて登場したのは、本日の目玉ミュージシャン「沖津久幸&エイリアン大石」です。
 ブログでも紹介しましたが、沖津さんは横浜出身、'60年代後半のGSブームで
「君が好きだよ」をヒットさせた「ザ・ジャガーズ」のリードギタリストです。
「懐かしい音楽」
「プロのすごさ」を実感しようと会場全体が注目します。
沖津band
カメラマンも手が震えてこのとおり( ^ω^)・・・
 プロのすごさは演奏については言わずもがな、まずとっかかり、妥協のないサウンドチェックで見られました。オペレーター役、ピンクス坂東さんの苦闘の末、演奏にかかったのは30分を裕に過ぎたころ。常にベストの状態で演奏をしたい、聴いてもらいたいというプロにとっては当たり前のこと、むべなるかな。
沖津久幸&エイリアン大石
’60年代の懐かしい音楽を、十分に楽しませていただきました。
ステージイベントが終了し、盆踊り大会にはまさに、老いも若きも一緒になって輪を作り、太鼓の音頭に合わせて、ひと時を過ごしました。
明日は最終日です、売り切れた品物を、朝から買い出しに走ります。




9月7,8,9日と3日間にわたって行われた和田西部「秋のお祭り」が無事終了いたしました。
5月の街フェスタ「おもいで万博」終了時に実行委員会を立ち上げて企画を練り、準備を重ねてきました。7月には恒例の「防災フェア」もあってかなりタイトな時期でしたが、役員の頑張りでここまで漕ぎつけることができました。
第一報として「宵宮」の模様をお届けしましたが、今回は「神輿巡行」を報告します。
組み上がっているお神輿に神主さんが御霊入れを行っています。
神主さん、どこにいるかわかります?
20180908_105344
祭り半纏を着せてもらった子供たちが先頭で、神輿巡行が始まります。
20180908_110915
20180908_111251
神輿巡行は遥か彼方?からやって来る・・・・
20180908_111424
20180908_111507
低学年、幼児向けの山車行列、付き添いのお母さんたちは、子供を気にしながら写真を撮ったりスマホをいじったりと、なかなか大変ですね。
20180908_111518
年代物のため、木製車輪がいびつになってしまい、危ないのでキャスターに交換しました。
しんがりは大人神輿です。
20180908_111747
屈強の大人でも坂はきつい!
20180908_111753
第二神酒所(宇佐美材木店)まで来ました。水分補給、トイレ休憩です。
20180908_121322
第三神酒所(真福寺)に向かいます。
20180908_121802
0626

20180908_123111
子供たちの行列はここから神社への帰路となります。
0631
20180908_123244
大人神輿はこれからが勝負!
20180908_124654
あと少しだ、頑張ってうまい酒を飲もう!
着いたぞ~!さあ、仕上げだ!
0632
神輿巡行のレポートでした。

いよいよ和田西部「秋のお祭り」が発車いたしました。見切り発車とも言えなくはないですが後戻りはできません。
午後6時から杉山神社境内で「宵宮」が挙行されました。開会してすぐの境内の様子です。
綿菓子もカキ氷も50円です。
20180907_180702
20180907_180745
20180907_180812

それが一時間後に花火大会が始まると、神社前の公園ははこのとおりの賑わいとなりました。
1536328445934
1536328453262
小さなナイヤガラを連結させました。
1536328459163
花火は無料です。
どれにしようかな、迷っちゃうな。
1536328464526
1536328472943
指導は消防団の方たちが付きっ切りで指導してくれるので安心です。
さあ、いよいよ佳境に入ります。皆さんとっても楽しそうですね。
1536328486276
1536328492041
終了式も終わった後子供たちは「またあしたね」と帰って行きました。
そう、また明日ね~。
明日は、和田杉山神社の秋のお祭り「例大祭」が朝9時から。神輿巡行が11時から、模擬店とステージイベントは15時から、盆踊りは8時15分からでございます。
今回は元「ザ・ジャガーズ」の沖津久幸さん、そして楽しんごさん、さらにはYCV も取材に来ます。
模擬店もたくさん出店します。皆さまお誘い合わせの上ご来場ください。

昨夜、まだスタミナの残っている役員が集まって、お祭り会場の再整備をしました。
消防団の池田ご夫妻も駆けつけてくれました。9時半までかかってしまったのですが、何とかこのようにかっこを付けられ、ホッとして帰路につきました。
20180906_061710
無題

さあいよいよ明日は第一日目「宵宮」です。
182828
185214
今度で三回目の
「宵宮」ですが、去年の写真のようにたくさんの人たちに楽しんでいただけたら、今までの苦労も飛んでいき、本祭りへの
さらなるエネルギーとなるでしょう。
皆さんご家族、お友達、お誘いあわせの上、和田杉山神社にお越しくださいませ。
鎮守さまへのお参りも兼ねて、かき氷、綿菓子、花火を一緒に楽しみましょう。

 今朝未明まで吹きぬいた大風、いくら余波とはいえさすがに猛烈台風、その勢力範囲の広いこと!和田西部町内会も、今度ばかりは被害にあいました。
 夕方5時50分、磯部青少年指導員、菊地副会長から「公園が大変」と相次いでメールが入り、次いで6時20分菊地さんからの「放っておけない状態」との電話で、夕飯もそこそこに駆けつけました。
20180904_190327
ずっと準備を手伝ってくれていた消防団の池田ご夫妻が、
心配で見に来てくれてすでに取り掛かっていてくれ、壊れたテント骨組みを4人で処理しているところへ、丹野福祉厚生部長、重野防災副部長、宍倉総務副部長、磯部さんも加わってくれたので一番の心配の種、ステージ後ろの飾り幕を撤去することにしました。
 強風に5.4mx3.6mのビニールシートが、大きな白い旗のように舞っている非常に危険な状態のなか、悪戦苦闘の末何とか取り外すことができました。
左;今朝、右;今月1日
無題2
 写真など取っている余裕もなく、様子は想像してもらうしかありませんが、池田さんご夫婦の奮闘にはただただ感謝しかありません。今回、消防団のお二人がいなかったら被害はこれにとどまらなかったでしょう。
以下は今朝の状況です。
20180905_061219
a1345
20180905_061354
被害は小テント3基でした。うち2基は全壊、
1基は転倒打ち身でした。
照明配線の被害はしばらく乾燥させてから、通電してチェックします。
当日まで日にちの限られた中での準備は・・・・たいへんだぁ~。
明日は班長会(常会)なので今夜7時、役員全員集合で準備の最終段階に取り組みます。
みなさん、おねがい、手伝って~・・・

9月に入りました。猛烈な台風21号がまたまた東海、四国地方を狙っているようで心配です。
1日の土曜日には会場(一丁目公園)の設営をしましたが、台風の大風が怖いので、ご覧のようにテントは骨組みだけにしました。
ステージの設営です。大引き、根太を並べ、水平を取ります。
0033
20180901_092832
会長はさぼっているのではありません、重石の替りです。
ステージ01
こんな風にできました。
0038
電飾提灯を取り付けてから起こします。0040
0041
16号側の提灯飾りを消防小屋の前で組み立てます。
0044
0045
ステージ後ろの飾り幕も設置しました。
20180901_171316
テントの骨組みも出来、仮設の電気工事でひとまず終了。
テント
台風よ、お願いだから来ないで!
心配なのでステージ裏の幕も半分めくって、風が抜けるようにしましたが・・・

 この一丁目公園で、まもなく和田西部一番のイベント「秋のお祭り」が開催されます。
模擬店もたくさん出店しますので、衛生環境が気になって、側溝のどぶさらいを行いました。
ご存知のように一丁目公園敷地の半分以上は砂地です。その砂が雨、風に流されて側溝にたまり、雨水がせき止められて異臭を放ちます。
 町内会では2015年(平成27年)にもどぶさらいをやりました。今回の「どぶ」は、当時より幾分少ないようでしたが、初めて四角い集合マスの重い蓋も開けて浚ったところ、空き缶、空き瓶、ペットボトルはもとより、ビニール袋から木片まで出てきてびっくり。グレーチング(網蓋)のない部分もあるのでそこから流れ込んだのでしょう。
無題1
無題2
無題3
 今回は、何にも増してこのクソ暑さには参りました。休み時間に乾かしたシャツがすぐに汗だくになり、また乾かして・・・。でも少しでもいい環境でお祭りをしたいですものね。

 

このページのトップヘ