和田西部町内会

横浜市保土ケ谷区和田西部町内会のブログです。

2018年03月

 毎月第4水曜日の「ふれあい給食」今月は28日に和田西部町内会館で行われました。
今回は私も参加いたしましたので報告いたします。
 和田・釜台地区社会福祉協議会が主催する「ふれあい給食」、独り住まいの高齢者を対象にバランスの取れた手作りの温かい昼食を提供しています。食後にはカラオケや歓談、ゲーム等でふれあいの場が工夫されています。地区の女性部、福祉厚生部、民生委員、保健活動推進委員の方々が担い手となっています。
参加者を随時募集していますので、町内会役員あるいは民生委員にお声かけください。
今回の献立です。

20180328_120147
準備は大変です、ほんとうにごくろうさま・・・
20180328_115917
20180328_115930

3月20日午後5時55分前後、会館玄関サッシのガラスが割られました。
20180321_061840
20180321_061944
20180321_061934
 今まで何度、ガラス破損の被害にあったことか。ほとんどが向かいの一丁目公園でのボール遊びが原因です。でも、やった人が謝りに来たのは今までに、ただの一回だけです。
7671
 こんなことでこれ以上いやな思いをしたくないし、こんなことに皆さんから預かっている町内会費を使いたくないという思いで、土木事務所に陳情し、昨年、写真のようにボールよけのフェンスを設置してもらいました。この件は昨年8月のブログで報告いたしましたのでご存知かと思います。
 しかし今回は
悔しいことに、バットで撃たれたボールはフェンスの上を越えていったのです。だいたい、会館に向かってボールをバットで撃つか?しかも会館と公園の間には人通りも、車の通行もある道路があるんです。
 町内会でも頻発する被害に備えて2年前、会館の周囲に防犯カメラを設置しました。
今回、防犯カメラの映像は、複数の警察官とともに確認いたしました。
 今後この件についてどうするかは関係者で協議いたしますが、私としては、やった人が名乗り出てくれるのを待つばかりです。
今朝(23日)の会館です。
20180323_060332
22日女性役員さん方が応急修理をしてくれました。
20180323_060456
20180323_060514
まあ、美的センスはともかく、なによりもまずは安全ですよね。
ガラスの入れ替え修理がすむまではこの状態です。
(3月26日加筆しました)

表記のポスターができました。町の掲示板にてお目にかかっていると思いますが、少々先走りすぎました。近隣小学校、星川小、常盤台小の行事の確認を怠りまして、日程を変更することになり、掲示を張りなおしました。
まずはイベント全般のお知らせです。
もう一つは展示品の提供を呼びかけるフライヤーです。
両方ご紹介いたします。
名称未設定 2
名称未設定 1
現状、企画の具体化を進めておりますので、これからもお知らせを更新していく予定です。

今期もあと旬日と少しになりました。泣いても笑っても今年度最後のパトロールです。
参加者は班長さん4人、役員8人の12人でした。今回は美化運動(ゴミひろい)に重点をおきます。

20180317_200511
和田町交差点から商店街入り口まで
20180317_201020
20180317_201102
20180317_201122
20180317_201129
20180317_201320
商店街入り口にはこの通りゴミがたまっていました。
20180317_201610
20180317_201614
20180317_201623
パトロール隊総出で取り掛かります。
商店街に入ります。

20180317_202028
ここも相変わらずゴミが多い。
20180317_202046
うちの商店街も夜8時20分にはこの通り閑散と・・・
20180317_202208
和田橋を渡って、ここの桜ももうすぐ開花ですね
20180317_202356
本日の参加者です。
1521288608404s
おまけですが、平和橋の夜桜がきれいでした。
20180317_203132
おまけのおまけ、翌朝18日の同所の桜を同じアングルで・・
20180318_071737
お知らせとお願い;
3月24日土曜日朝10時から町内会館周辺の清掃と、倉庫の整理をを行います。
役員だけでは、やり終えない状態なので一緒にやってくださる方、募集いたします?お手伝いいただける方がいらっしゃればとってもうれしいのですが。


3月6日(火)は今年度最後の班長会でした。
来月からは新班長にタッチするというので、大勢の班長さんが出席されました。

1520379656890
班長会では、行政からの伝達事項と説明、防犯・防災のお知らせ、前月あったことの報告と、今後予定されていることの案内等、役員や各委嘱委員からの報告の後、今月の議題や、各班からの要望、町内会からのお願い等、フリートーキングの形で意見を交換しています。
20180306s

班長会に合わせて回覧物も用意しますので、班長さんは回覧の中にある班長会報告に目を通し、書き込みながら、報告を聞きます。班長会終了後は回覧物を持ち帰って、それぞれの班に回覧します。
防災に力を入れている私たちは班長会で毎回、防災部の田上部長が、防災に関する”一口レクチャー”をするのですが、今月は勤めの関係で欠席ですので、先日公会堂で行われた「減災運動推進大会」に絡めて私がお話ししました。

減災運動推進大会
 推進大会の講師、ジャーナリストの鎌田靖さんは、2007年1月の阪神淡路大震災時にNHKの神戸支局勤務で、地震を自宅で体験され、「テレビが飛んできた、すぐ支局に出向いたが、会社に入ったらもう家族との連絡が取れる状態ではなくなった」さらに2011年の東日本大震災の時にはNHK報道特集のメインキャスターを務めたりと、被災地での取材経験も豊富な方です。
 その講演の中で印象に残ったのは「防災力」「正しくこわがる」という言葉でした。「防災力」の高い人ほど災害に遭遇した時に命の助かる確率が高いということでした。なら、防災力を高めるにはどうしたら・・、キーワードは”つながり”、そう、ご近所とのつながり、地域とのつながり、社会とのつながり。
 そこで「防災力」で検索してみたら、
横浜南の男女共同参画センターの「私の防災力ノート」というサイトの中に、「子どもも家族も生き残るための防災」という題で、二人目のお子さんを妊娠中の主婦の寄稿が載っていました。時間をもらってそれを読み上げました。


「子どもも家族も生き残るための防災」
きっかけは危機管理アドバイザーの講演を聞いたことでした。「命に代えても子供を守りたいというのは親のエゴ」という言葉が胸に響いて。生き残った子供に親をなくした喪失感や、重荷を背負わせるかも。それでいいのか・・・そう考えたら意識が変わりました。子供も私も家族みんな生き残るために防災が必要だと思ったんです。もうすぐ2人目が生まれます。もし地震が来て、子どもを抱え、生きのびて避難所に行ったとして、どんな状態になるだろう?先日、地域の防災訓練に家族で参加しました。会場になった小学校の校庭には人があふれ、本当の災害の時にはもっと大勢の人で混乱するだろうと感じました。こういう時、町内に顔見知りがいるかいないかで安心感が違うことも実感しました。夏のお祭りに夫が役員をしたので知り合いが増えたんです。子供に「大きくなったね」とか私にも「もうすぐ産まれるね」とか声をかけてくれて。普段から挨拶していれば、もしもの時にも「あそこのうちには生まれたばかりの赤ちゃんがいる」って誰かが思い出してくれるかもしれないですよね。ママ仲間にも防災の話をします。地震は「必ず起こるけど、いつ起こるかわからない」今日大丈夫だったから、明日も大丈夫だって思ってしまう。みんながお互いに、まず自分の家を安全にすれば、安全な場所が増えるのにって思います。最悪の場合を想像しておくことが大事。私の場合、不安こそが、防災を頑張ろうと思う原動力です。


中ごろの太文字の部分は特に強調して読みました、皆さんの胸に残ってくれることを…

 報告事項の一通り終了後、いよいよ年度末班長会のメーンイベント「優秀班長さん」感謝の粗品贈呈式が行われます。みなさんの笑顔がいいですね。
6639

6616
6619
6621
6627
6632
最優秀、班長会皆勤賞は三人の方に、ほかに精勤賞も多数・・。
本日の出席班長さんは29名でした。
また、防犯パトロールの協力班長さんには笠原防犯部長より、ほかに役員を除いて、
本日出席された方々にも、心ばかりの粗品をお贈りいたしました。
お役目交代されても、次年度も変わりませずご協力をよろしくお願いいたします。




このページのトップヘ