和田町タウンマネジメント協議会 議事録


文責:本松


日時:2021年3月23日(火) 20:00~


場所:zoom (オンライン)


出席数:11名





【和田べん】


(鈴木さん)引継ぎについてご報告です。和田丸については、ワダヨコさんと今週オンライン会議をして引継ぎをする予定です。弁当販売についてはアグリッジプロジェクトに正式に引き継いでもらうことが決定しました。顔合わせも終えています。4月から対面授業を開始するので、弁当販売を徐々に開始します。



【ワダヨコ】
 

(深堀さん)年度が替わったのでこれからは、代表を引き継いだ僕がズームのホストをします。また、いっとき避難場所の動画があがっているので見てください。


(中野さん)その件について詳細を補足します。いっとき避難場所の動画の撮影は既に終了していて編集は中野、本松、村上で行っています。3本動画をあげて1本目をアップしました。「ワダヨコチャンネル」でYouTubeで検索すると出てきます。また、この動画の撮影風景をtvkで取材していただいて3月11日に放送されました。
後は、僕の卒業研究の発表がようやくできました。和田町について取り上げたので、その調査結果を3月の回覧板にて回すことができました。改めてご協力ありがとうございました。


(宇佐美会長) 撮影は大変でしたけれどもうまく編集していただきました。反省点もありましたが流れとしてよかった。特に子どもたちにインタビューできたのは良かったです。青木さんと笠原さんの掛け合いも面白かったです。後の二本が楽しみです。

また、4月はycvで和田町の特集をビリー脆川さんがやってくれます。「のんびり行こう」という番組なのでみてみてください。今年は防災フェアができなくてどうしようかと思いましたが、避難場所動画ができて本当によかった。


(青木さん) 編集ありがとうございました。非常にクオリティの高い動画に仕上げていただきました。連ドラを見ているような気持ちでした。

次の回も期待してます。鈴木さんも和田丸の中に入っていただきました。ありがとうございました。


(宇佐美会長) 今日町内会のブログにも載せましたので視聴者が稼げると思います。




【商店街】


(柏木さん)特に報告はないですが、来年度はもっと活動できたらいいなと思います。



【町内会】


(宇佐美会長)
総会は5月の連休にやろうと思ってます。対面ではなく投票制になりそうです。ただ4月6日の班長会は感染等に気を付けながら対面でやりたいと思ってます。ワダヨコさんたちと今後も盛り上げていきましょう。



【高見沢先生】


私は、実は来年度から地域実践センターのセンター長になります。そして3/30に地域課題実習の詳しい説明がありますが、これからは佐土原先生に臨時調査を申請して、地域活動もできるようになります。

学生はまだピンと来てないかもしれないけど、4月からは学生が出てくるようになると思いますので、また和田町も今年とは変わっていくのではないかと思います。



【佐土原先生】
 

ご報告ですが私は地域担当の副学長をやることになりました。今年度と変わる点は建築の先生皆で横浜国大の地域活動を担当していく予定です。今後は対策をしっかりとりながら地域活動をして貢献していく予定です。和田町での活動も今年度は不便な状況もあったと思いますが、心機一転という形で取り組んでいきたいと思っています。



【卒業生から一言】

(鈴木さん) まずは並木くんから伝言です。「至らぬ点も多かったと思いますが、ありがとうございました。春から社会人となるのでまた機会があれば遊びに来ます。」
 
後は私からも、6年間ありがとうございました。和田町の皆さんが暖かくて大好きになれたからこそずっと続けることができました。和田町を第二の故郷と思っているのでまた遊びに行きたいと思います。


(中野さん) 僕にとっては短く感じているんですけど4年間という長い間ありがとうございました。最初はやりたいことがあったわけではないんですけど、和田町の人と接する中で、ああしたいなこうしたいなと思って活動できました。色々な人との繋がりもできました。学生生活の中でもすごく大きな経験、楽しかった思い出になりました。また、学生生活として関わるのは一旦おわってしまいますが、これからも和田町に寄り添っていけたらいいなと思います。和田町がこれからも活気あふれる街であってくれたらいいなとこれからも楽しみにしてます。これからも末長くよろしくお願いします。




次回のタウンマネジメント協議会は4月27日(火)20:00からオンラインにて行います。


 


和田町タウンマネジメント協議会 議事録

文責:並木

日時:2021225日(木) 20:00

場所:zoom (オンライン)

出席数:10

 

■和田べん

(鈴木さん)ワダヨコさんがいっとき避難場所の紹介動画を撮影していて、和田丸が出演します。和田べんとして和田丸を動かすのは、これで最後の機会になると思います。1回目の撮影が23日ありました。27日にも撮影が行われます。

 

3月に団体をたたむことを大学にも正式にご報告しました。

和田べんの1つ目の柱である弁当販売に関しては、大学のアグリッジ・プロジェクトさんという、野菜の栽培や商品開発に携わっている学生団体が引き継いでくださいます。これまで和田べんとして販売してきたお弁当屋さんのひまわり亭さんなどと連絡を取り合いながら、円滑に引き継げるよう取り組んでいる最中です。2つ目の柱である和田丸くんに関しては、ワダヨコさんが引き継いでくださいます。3月中にワダヨコさんの方々とオンライン等で、和田丸くんがどのような活動をしてきて、どのようなキャラ設定なのか、などを引き継いでいけたらと思います。

最後に和田べんは、「和田町みらい通信」HPの管理を代々任されております。HPの責任者として、私の個人情報が今登録されている状態なので、商店街のどなたかに引き継げたらと思います。管理者ページに入るためのログインIDとパスワードを、商店街の松下さんに共有させていただいて、松下さんが管理してくださっているので、松下さんの連絡先などにできればと思うのですが、いかかでしょうか?

(松下さん)手続きはしています。手続きができているか確認します。

(鈴木さん)ありがとうございます。私の方でも確認いたします。何かありましたらご連絡いたします。

 

 

■ワダヨコ

【いっとき避難場所紹介動画】

(梶木さん)まず、いっとき動画に関しては、就活などで自分は参加できないのですが、ワダヨコ4年の中野さんを中心に取り組んでいます。7か所のいっとき避難場所で、インタビューを行うことを検討しています。インタビューの候補としては、親子・高齢者・議員の方・町内会の宇佐美会長・商店街の村上会長などを考えているとのことです。今後の予定としては、27日に撮影をする予定です。

 

 

【地域課題実習シンポジウムについて】

(梶木さん)215日に地域課題実習(ワダヨコや和田べんなど、学生団体によって行われる地域実践活動)のシンポジウムがZOOMで開催されました。

(高見沢先生)外部からの評価(コメントやアドバイス)はありましたか?

(梶木さん)ポスターセッションという他団体との交流の時間において、どうすればプロジェクトがうまくいくか等、聞きました。この交流を通して、今年度ワダヨコではメンバー内での交流が不足していたため、新規プロジェクトなどを立ち上げていくような積極性が生まれなかったと考えるに至りました。104(Toshi) uraプロジェクトという団体では、新入生に対して何を行いたいのか面談を行っていたそうです。こうした取り組みは大事だなと思いました。

 

 

【ワダヨコのロゴについて】

(梶木さん)ワダヨコ内部でロゴを作る企画を行っています。いくつか案を既存のロゴは残したまま、併用する形で新しいロゴを作りたいと思います。

(佐土原先生)いろんな場面でそれぞれのロゴを使っていくことを考えていますか?

(梶木さん)ワダヨコ内でそれぞれの好みを聞いて、それからどのような方向で決めていくか検討していこうと思います。

 

 

【ワダヨコ新聞について】

(梶木さん)2年生の深掘くんを中心に進めています。出来上がったものを共有します。小学校に配るものに関しては、内容を易しいものにしています。

 

 

■商店街

(村上さん)今のところ動きはありません。

(柏木さん)イベントを行えていないことが寂しいという声も出てきています。コロナの感染状況がある程度落ち着いてきたら、何らかの形で取り組まなければいけないなと思っています。

 

 

■町内会

(宇佐美さん)和田西部町内会も班長会(常会)を休みとすることを余儀なくされました。36日は今年度最後の班長会なので、実施したいですが、次回の役員会でどうするか話し合いたいと思います。緊急事態宣言が継続することになったら開催は難しいですが、何とか開催したいと思っています。先日23日、いっとき避難場所の第1回の撮影を行いました。町内会のブログに、そのときの写真をアップしているので、ぜひ見ていただきたいと思います。では、今回の防災イベントの窓口である青木副会長、お願いします。

(青木さん)まず昨年の防災月間でのイベント、今回のいっとき避難場所周知の動画撮影までは、ワダヨコさんが主導権を持って、積極的に進めていただいており、感服しております。いっとき避難場所の最後の締めくくりとして、動画撮影を行っています。20日に中野くんを中心に話し合いを進めました。その際、テレビ神奈川(tvk)の副部長兼キャスターの方がいらして、東日本大震災の発生した311日に放映するため、いっとき避難場所の紹介動画撮影の様子や、36日の班長会を取材させてほしいということでした。紹介動画は、27日に2回目の撮影を行い、終了する予定です。You Tubeにアップして、楽しくて、ためになる動画になると思います。このコロナ禍の中で、学生さんたちの力が、自分たちを元気にしてくれたと思います。来年度も、宇佐美会長を中心に、ときに若い学生さんたちに主導権を握ってもらいながら、一緒に町を明るくしていきたいと思います。

(佐土原先生)いっとき避難場所の紹介動画はいつ頃から見られるようになりますか?

(青木さん)ワダヨコの中野くんを中心に進めているので、完成したらアナウンスがあると思います。和田べんの鈴木さんにも、和田丸として撮影に協力してもらっています。

 

 

■高見沢先生

和田べんの引継ぎに関して、これからアグリッジ・プロジェクトと話し合いをする予定です。加えて、和田町に関する情報媒体としては、ワダヨコが行っているワダヨコ新聞や、和田町みらい通信があると思います。それらがどのように使われているのか、あるいは使われていないかなど、お互いに認識して、必要に応じて刷新していく等、検討してほしいと思います。

 

 

■その他

(鈴木さん)和田べんがこれまでタウンマネジメント協議会の議事録を作成してきましたが、4月からワダヨコさんに担当していただきたいと思います。3月の協議会で引継ぎを行いたいと思います。

 

次回のタウンマネジメント協議会は3月23日(火)20:00~オンラインで行います。

和田町タウンマネジメント協議会 議事録

文責:鈴木

日時:20211月25日(月) 20:00

場所zoom (オンライン)

出席数11

 

 

【ワダヨコ】

(深堀くん)

来年度からの活動方針について話し合いました。和田町でイベントが開かれるのであればその活動を最優先で進めていきたい。また、活動の軸は「子どもたち」にしたい。

町内会館等を利用させていただいて、子ども中心にしたイベント等も出来たらと思います。

来年度からは私、深堀が代表となります。10数人いる新2年生と、まだ見ぬ1年生と共に活動に参画していけたらと思います。先が見通せないこともあり、現時点ではまだ具体的なことは考えられていませんが、また次回以降に詳しい活動計画を共有させていただければと思います。

(村上さん)

商店街もまだ計画が立っていません。コロナの状態がどうなるかによります。

(梶木くん)

ワダヨコ通信について。防災セッションの議事録もかねて作成いたしました。防災セッションの詳しい内容はTwitter、インスタグラムからワダヨコHPにリンクから飛べるようになっています。HPの『防災セッションの議事録はこちら』ボタンから、より詳細な情報にアクセスできるようになっています。議事録の内容を全て文字に起こしたのでかなりボリュームが多くなっています。

新企画としてワダヨコのロゴ作りをしています。1/21をワダヨコ内のデザイン期限として、後日発表会を行います。次回のタウマネでは優秀作品を共有できるかと思います。

学内の地域課題実習のシンポジウムが2/15にあります。商店街のテイクアウト情報については村上なつきさんがインスタグラムで発信しており、コロナの影響による営業時間の変更等を告知しています。

 

【和田べん】

(鈴木)

先月お伝えしたバズリズムが放送されましたのでご報告いたします。撮影時間は3,4時間だったのですがだいぶ削られてしまいました。(映像を共有)

放送の効果はツイッターで感じることが出来ました。和田丸の情報発信を無条件で常に受け取ることが出来る「フォロワー」の数が1日で21人も増えました。ちなみに現在の総フォロワー数は314名です。アイドルの方が、放送翌日に和田丸のことをツイートしてくださり、100件近い「いいね」をいただいています。更に放送2日後に、出演キャラの中で唯一和田丸のオフショットを公開してくださり、そちらも100件近い反響を得ました。気に入っていただけたのかなと思い、嬉しいです。今後もフォロワーを増やしていくことで、和田丸の情報発信力を高めていけたらと思います。来年以降はワダヨコさん、お願い致します。

(佐土原先生)

私も放送を見ました。遅い時間開始の番組の終盤だったのでかなり遅い時間でしたね。(深夜2時半くらい?)

(宇佐美さん)

私も録画して、和田丸の部分だけ切り取って映像を編集しました。

(鈴木)

ありがとうございます。是非町内会の皆様に共有してください。

(佐土原先生)

ツイッターはずっと和田べんの学生さんがやってきたのですか?

(鈴木)

はい。和田丸がお披露目した時からずっと運営しているのでもう6年近く運営していることになります。毎日は更新できていないのですが、イベントの出演情報などを発信してきました。

(佐土原先生)

ツイッターもしっかりとワダヨコさんに引き継いで、今後も活動していけるといいですね。

 

 

【中野くん(tvk取材について)】

テレビ神奈川の報道部で3年ほどアルバイトをしています。そのつてで、私の研究内容および和田町の防災について取材をしたいとのお話をいただきました。

News Link』という番組で東日本大震災から10年の特番をや

保土ヶ谷中学校等のいっとき避難場所の確認や防災月間、和田町で行った住民アンケートからわかる防災についての考え方を取材できたらと考えているそうです。

近々詳細が出次第本格的な依頼が来ると思うのですが、現時点での可否やご意見をお聞きしたいです。

(宇佐美さん)

コロナの影響もあり、拠点の防災訓練は役所から出向してくれた職員さんと限られた委員で行ったので一部しか行えていません。その点が心配ですが、2週間以内に報告書が出来てくると思うので、色々お答えできると思います。

こういう機会を逃さず、地域のためにも前向きに取材を受けさせていただきたいと思います。防災月間のこともぜひ皆さんに知っていただきたいです。

連合町内会で出た話だと、2020年度にできた大規模な訓練は和田町くらいであるようですので、その点もお話できたら良いですね。

(中野くん)

私も取材される側で校正はできないのですが…。和田町で行ってきた1年間の活動をメディアを通して神奈川にお伝えできる良いきっかけだと思います。快諾していただきありがとうございます。

 

【商店街】

(柏木さん)

商店街ではコロナの影響もあり、子供から大人を交えたイベント等は行えませんでした。来年も状況が改善しなければ厳しいかもしれません。商店街の人々は、この1年間イベントができず寂しがっています。状況が改善しましたらイベントをしたいと思います。

商店街で一番打撃を受けているのは居酒屋です。申請をすれば補助金がもらえると国は言っていますが、商店街の店舗はテナントを借りているところが多く、家賃等の負担も大きくなっています。一般の方は、1日6万円の補助が出るのは良いと言われることもありますが、実際の状況は厳しくなっております。

 

 

【町内会】

(宇佐美さん)

12月の餅の販売以降イベントもなく班長会も中止になっているので報告事項は特にございません。

 

 

【高見沢先生】

アグリッジの松本君が学内販売をしたいと考えており、和田べんと話したいと言っていました。和田べんの学内販売場所や保健所のノウハウもアグリッジに引き継げればと思います。今年度いっぱい全く弁当を売っていない現状もあり、来年もどうなるかがわかっていません。ただ弁当を売るだけではなくもっと自由な発想でコロナ禍での活動の仕方も工夫していく必要がありますね。

 

大学の共通テストの試験監督を行った際、危機感を感じて1週間自己隔離をし、パルスオキシメーターと自己診断のPCRキット、酸素缶を買いました。東京では1万人が病院に入れないという話も聞くので、自分の身は自分で守らなくてはと思います。皆さんは何か不安に思っていることはありますか。

 

(梶木君)

オンラインの使いこなし方が難しく、皆が均等に使えるわけではないのでオンラインでの会議は難しいなと思います。

(村上さん)

もう少し使いやすい機器があると良いなと思います。商店街は松下さんにお世話になっています。

(柏木さん)

商店街の運営陣は年齢が高いのでコロナに気を付けなくてはならず、オンラインを活用せざるを得ません。しかし、なかなか機器が使いこなせず取り組む前からあきらめてしまうこともあります。

(松下さん)

和田町商店街の方々は年を十分召されているのでフォローアップを私がさせていただいています。

(並木くん)

ワダヨコさんはじめこのような場を早くからセッティングしていただき、卒業間際ではありますが、弁当販売のことなど今後どうしていくか話し合うことができありがたいです。

川崎で多文化共生(在日外国人の方と日本人の関わり)について調査しています。

一昨年から現地観察を何回かにわたって行っており、今年はコロナの影響で現地調査ができず、社会教育施設の出版物を基に分析を行っている最中です。指導教員は藤掛先生です。

 

(村上さん)

高見沢先生からお話が合ったように我々もコロナにかからないように・うつさないように努力して参ります。皆様も健康にお気をつけてください。

 

 

次回のタウンマネジメント協議会は225日(木)20:00からオンラインにて行います。

↑このページのトップヘ