和田町タウンマネジメント協議会



和田町タウンマネジメント協議会は、和田町商店街を中心とする地域の更なる活性化・発展を図る組織です。

和田町西部町内会館に月一回まちづくりに関わる人が集まり、住みやすく、楽しい街を目指して話し合いを行っています。


和田町タウンマネジメント協議会 会則 平成 17 年 4 月 19 日

 
(協議会の目的)
 
第1条 和田町タウンマネジメント協議会は、これまで 4 年間の「和田町いきいきプ
ロジェクト」の成果を引き継ぎ、和田町商店街を中心とする地域のさらなる
活性化をはかるとともに、住みやすく楽しいまちづくりをめざして、力と知
恵を結集し活動することを目的する。

(協議事項)
第2条 本協議会は、次に掲げる事項を協議しその実現をはかるものとする。
(1) まちづくり憲章の制定と運用に関すること。
(2) 各プロジェクトの推進に関すること。
(3) その他、協議が必要な事項。

(組織)
第3条 協議会は、次に掲げるメンバーで構成するものとする。
(1) 和田町商店街
(2) 和田西部町内会
(3) 横浜国立大学教員・学生等
(4) テーマ系団体
(5) 地元企業
(6) その他、協議会の主旨に賛同する団体および個人
2 協議会メンバーの数は特に定めないが、30 名以内を目安とする。
3 協議会運営を実りあるものとするため、必要に応じて調整組織を設けるものとする。
4 具体的なプロジェクトの推進は別途「推進チーム」を組織して推進にあたることを
原則とする。事業の内容は別に定めるものとする。

(メンバーの任期)
第4条 協議会メンバーの任期は特に定めない。ただし、実効ある組織とするため必
要に応じてメンバーを見直すものとする。

(会長および副会長)
第5条 協議会に会長および副会長を置き、委員の互選により定めるものとする。
2 会長は、協議会を開催・統括し、協議会を代表する。
3 会長に事故があるときは、副会長がその職務を代理する。

(会議)
第6条 協議会の会議は会長が招集し、その議長となる。
2 会議の議事は全員同意を基本とし、知恵を出し合い協働の精神で進めるものと
する。

(事務局)
第7条 協議会の事務局運営も協働の精神により力を出し合うものとする。

(会計)
第8条 協議会に会計を置く。

(委任)
第9条 この会則に定めるもののほか、協議会の運営について必要な事項は、会長が
協議会に諮って定めるものとする。

附則
この要綱は、平成 17 年 4 月 19 日から施行する。


このページのトップヘ