HP詰将棋おもちゃ箱でやって頂いている「四百人一局集」の紹介ですが、今回は芹田修さんです。

http://toybox.tea-nifty.com/memo/2011/11/post-e60f.html

芹田さんといえば練りに練り上げた難解な短中編というイメージで、今もっとも安定した活躍をしている一人です。
しかしナントここに載っているのは詰め上がり四桂詰です。
おそらく逆算創作が普段の基本となっているのでしょうから、こういう作品ももっと出てきそうな気がしますね。

それにしても写真はちょっと本人に見えないなぁ、と思ったのは私だけ?(いや失礼)