HP詰将棋おもちゃ箱でご紹介いただいている「四百人一局集」の紹介ですが、今回は市島啓樹さんです。

市島さんとの付き合いはけっこう古くて、まだ私が独身時代に仙台まで行った時、帰りの新幹線を待つ間に駅の喫茶店で延々と話し込んだのはもう15年〜20年も前でしたかねぇ?
たぶんこの日が初対面だったように思うのですが、いったい何を話していたんでしょう?(笑)
その後、全国詰将棋大会などたまにしかお会いしないのですが、会えば「やぁお久しぶり」という感じです。

http://toybox.tea-nifty.com/memo/2011/11/post-9da8.html

さてこの作品は近代将棋で私が解説をしたのですが、ご本人のお気に入りの作品だったようです。
当時の印象では、どうも駒捌きが今一つだった感じがしましたが、もっとホメちぎっておけば良かったですねぇ。

非常に多忙な日々を送られているようですが、もう少し創作に時間が取れれば、もっともっと活躍される人です。
ブログの方は、時間がない中でもちょっとずつ更新されているようですが。

http://sleepingfrog.air-nifty.com/

どうぞお体に気を付けてご活躍ください。