HP詰将棋おもちゃ箱でやって頂いている「四百人一局集」の紹介ですが、今回は宮浦忍さんです。

http://toybox.tea-nifty.com/memo/2012/01/post-6ea6.html

まずお詫びしなければいけないのは、お名前のふり仮名「みやのうら」は「みやうら」が正しいです。

校正している時にも一応気が付いていたのですが…。
あれ「みやのうら」が正しかったのか、今ままで「みやうら」さんと呼んでいたなぁ、という感じでした。
後日ご本人に聞いてビックリで、やっぱり「みやうら」さんが正解でした。
今となっては誰が間違って入力したかも分かりませんし、もはや改訂版が出る見込みもないです。
只々お詫びするしかありません。

この記事を読んで初めて知ったのですが、私とも世代が近く、村山隆治著「詰将棋教室」を読んで興味を持ったなど、非常に親近感を覚えますね。
作品も角遠打+4香打ちと、駒場和男氏「朝霧」や山中竜雄氏作を連想させますが、これも私の年代はみんな刺激を受けた作品です。
この後私は煙詰に興味を持っていきますが、ようするにこれは逆算が好きかどうか、という事でしょうね。
一度煙詰にもチャレンジされたらいいのでは?と思います。