準備やら事後処理に追われて、アップが遅れてスイマセン。
7月15日に長野県松本市で開催された全国詰将棋大会も無事に終了しました。

受付をお手伝いして頂いた女性陣を含めると、参加者が100名を超えたようです。
正式には詰パラのレポートを待つとして、ともかく大成功でしたね。
詰アルプスのスタッフの皆さんも実によくやって下さいました。

駅のエスカレータを降りると「歓迎 第28回詰将棋全国大会」の字幕が目に入りました。

DSCF2779







これはちょっと驚きましたね。

会場の松本中央公民館はとても立派な建物で、映像も映画のように上部から投影。
大会も快適に進行しました。
(檀上にいたり書籍売り場にいたので手持ちの写真はありません)

地元紙が2社も取材に来てくれました。
信濃毎日新聞と市民タイムスです。

DSCF2784信濃毎日新聞7月16日号







市民タイムス02市民タイムス7月17日号







参加資料には施設無料入場券がついていて、翌日は地元の観光施設を回りました。
はかり資料館、時計博物館…、参加していたK先生ご一行と2回バッタリ出会ったのには笑ってしまいましたが。
水が良い土地柄のようで、お蕎麦店も多く、近くにはワサビ園もありました。
ちょっとした所に井戸があり、なごませてくれました。

P7160767源智の井戸







松本はとてもいい所でしたね。
またいつか訪れたいと思います。