前回に「捨駒は詰将棋の基本」と書きましたが、まず飛車捨てを入れた詰将棋を作ってみましょう。

01
さて1図は飛車捨ての基本図です。
42飛、同馬、23金まで3手詰。

52飛以遠より打てないように置いた51歩と、43桂(31香配置だと、2手目に32香と上がられて詰まない)の配置がいかにも弱点ですね。



02 
そこでちょっとヒネッた2図のような案も考えられますね。

42飛、同角、13金まで3手詰。
        同馬、23金まで3手詰。

角と馬、どちらで飛車を取っても詰むのですね。
しかしここから発展が見えません。

03そこで今度は3図です。
(弱点の43桂と61歩はちょっと置いといて)

52飛、同馬、23金まで3手詰。

初手42飛だと33玉と上がられて詰まない。 
だから52飛ともう1つ離して飛車を打つ訳です。


04そこから2手延ばしたのが4図。

22金、同玉、52飛、同馬、23金まで5手詰。

初手52飛なら22歩合で詰まない。
22金、同玉としてから52飛に32歩合なら23金まで詰み。
ところが61歩と43桂の配置が相変わらず弱点のままです。

05 
そこでちょいと変化技を出してみましょう。
縦横の向きを変えたのが5図です。

32金、同玉、34飛、同馬、31飛、同玉、22金まで9手詰。

一度玉を吊り上げて、最後にまた玉を下げるのが味になってますね。

どっちにしても配置がちょっと重いような感じですね。
そこで前の図にあった61歩と43桂を置かないように、最初から盤面に飛車を置いて、それを飛成で動かして捨てる事も考えてみましょう。

06今度は6図を基本にして色々と考えてみましょう。

32飛成、同馬、13金まで3手詰。

今度は配置も非常にスッキリしてますね。
しかしまだここから手が延ばせます。

すぐに目に付くのは、23玉にして持駒に角を加える案です。
07 

12角、同玉、32飛成、同馬、13金まで5手詰。

ちなみに25と金は初手24金の余詰消しですが、これを飛車にすると、11桂配置を11香にする事が出来ます。(初手12角を同香なら33金まで)

ここからまだまだ延ばす事が出来ますね。
08例えば14歩を突き出すとか。 

そこで7図です。

13銀、同玉、14歩、23玉、12角、同玉、32飛成、同馬、13金まで9手詰。

なんかキレイにまとまりましたね。(笑)

いや、途中ではどうなる事かと私も不安でしたが、うまく完成しました。(爆)

詰将棋を作る時には色々な技があります。

2図のように行き詰まる時には早めに見切って諦める事も必要です。
5図のように縦横を入れ替えてみるのも一案ですね。
そして6図のように伸びそうな手応え(経験が必要ですが)を感じたら、その路線で頑張ってみましょう。