2005年05月05日

2本目のラブレターは感謝状です

えっと、何本応募してもいいって室井さんがおっしゃってたのでもう1本。
こんどは、たっちょにかいてみようかなと。
っていうかね、兄弟にあてて書いてるのはなかったから、書いてもいいかなーって思って。
ラブレターというよりは感謝状みたいだけどねww
で、室井さんに提案されたとおりに少し書き直してみてます。

『いつもありがとう』(あき。23歳。3つ下の弟「たっちょ」へ)

 弟の「たっちょ」は私のパパ。パパっていうのは父親みたいってこと。私たち姉弟には父親はいない。ママと離婚して義理の妹の父親になってるから。
 中学生のときから毎週遊びに行っててお小遣いじゃ足りなくてお金がないの知ってたから、「あきちゃん、これで遊んでおいで」って3000円くれたりした。私が入院すると母親は私に付きっ切りになるから、小さいときからたっちょは一人で喫茶店で食事したりしてた。前の彼氏を家に連れてきたとき、母親に「あきちゃん絶対あれとはダメやで」って心配してくれてたのも別れてから聞いた。私が3年浪人したから、自分の行きたい大学をあっさり諦めてレベルを1ランク落として確実なところに行ってくれた。高熱が出たら、隣の部屋だから気になるのかちょくちょく見に来てくれる。
 「お前の弟、めっちゃいい弟やんなぁ」なんてよく友達から言われてるし、「大ちゃんはいつもあきの犠牲になってるんだから、あなたちょっとは感謝しなさいよ」って母親に言われる。
 上に書いてる以外にも他にも言えない位色んなことでたっちょは私の犠牲になってきてる。それに黙って耐えててくれる。
 うん、私の弟にしておくのはもったいないくらいできのいい弟だと思う。
 
 でもね、私のせいで自分の夢まで諦めなくていいんだよ?検事になるのに法科大学院に行かなきゃいけないから、またお金がかかるからって諦めようとしてるの私もママも気づいてる。だから「行くくらいのお金はあるんだよ」って言ってるのに、「もうなりたくないから」ってたっちょは言う。
 私はね、医学部を受験するの位自分でお金を貯めるつもりだし、最悪私が自分の夢を諦めたらたっちょが夢を諦めなくていいならそれでもいいんだよ?1回くらい、私に気を遣わないで自分の夢掴んでほしいんだよ。
 何のために私が塾講師のバイト始めたと思ってるの?お金を貯めるためだよ。
 口には出さないけどいつも感謝してる。こんなわがままばっかり言う姉だから、苦労かけてるのも知ってる。
 姉弟仲がいいってよく周りから言われるよね。一緒に服を買いに行ったり映画見たり、たっちょの大学の入学手続きも私が一緒にしにいったし。

 でもね、ほんとはたっちょはパパの代わりに私のこと心配してくれてるのばれてるよ。パパっ子だった私の、父親代わりに口やかましい事言ってるのママから聞いた。帰りが遅くなったら携帯にメールしてくるしね(笑)
 これからも絶対に「ありがとう」なんか言わない。だけど、これからもずっとこっそり感謝してる。きっと死ぬまで感謝し続ける。

wagamamahime at 06:13│Comments(1)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by spectacularus   2011年11月27日 06:28
���3��ャ�˨�壔����勉����蚊�ŝ����障��蕋障����障�����
��ɱ����勖�����腟☖��篁ヤ����勖��莢祉����������������������◑恭�����ŝ�������������������⓾����ŝ�������違�ŝ����障��������
��ɱ��膺肢┳罘���純�壔�ŝ����i����������⓾����ユ�㋘�����羌�茵�������������������
���171�����������������������˨��鐚�������������������

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔