2015年11月20日

骨折

私の母が、階段の2段目から落ちた。しばらく様子を見ていたが、痛みがひどいので、病院に行くと、骨折していたとのこと。

親戚の叔母もそうであったが、歳を取った女性は、ちょっとしたことで、骨折しやすい。
母は急きょ入院となった。

長引きそうなので、こういう場合、残された父の方が心配である。


wagamamashingle at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月19日

ちょっと勉強

ちょっと勉強 

中学3年の娘。今日は学校に残って勉強をした、と自慢気。定期試験前だし、超難関校を希望しているのだから、それぐらいをなぜ自慢しているのかよくわからないが・・・・。

担任の数学の先生から、数学の問題の課題をもらい、解けなかったので、
「こんなもんぐらい解けへんかたら終わってんな。」と言われた〜とへらへら笑っている。
いや、笑っている場合じゃないでしょ。


wagamamashingle at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月18日

模擬試験の結果

中学3年の娘。
先日、受験した模擬試験が返ってきた。結果をみて、娘はびっくり。
「え〜!なんで〜!」

国語が200点満点中、自己採点では、134点、なのに、結果は68点。
「それはないやろ。」

「マークシートをずらして書いたんとちゃうん?」

「いや、それはない。」
「見直したん?一行に2つマークしていることあるえ。」
と言うと、
「終わった後、15分ぐらいあったけど、疲れたから、見直してないけど、マークが
抜けてるかとかは見てる。」

「ふ〜ん。まあ、それ見て、解答と合わせてみ。ずれてるんとちゃうん?」

中学3年の娘は一つ一つ解答と合わせてみると、「あれ、違う解答マークしてる。なんでやろ。」

「あ〜!!最後のとこ、マークしてない!!」

・・・やっぱりちゃんとマークしてなかったんやん。
よかったねえ。本番の試験じゃなくて。


wagamamashingle at 09:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月17日

防衛大学に再挑戦?

自衛隊高等工科学校の息子。
前期日程の防衛大学の試験は終わったのであるが、後期日程もあるので、受験してみたら、と言ってみるのだけど、もう受験しない、とのこと。

総合選抜なら受かるチャンスはあったが、一般試験はさすがに難しく、2回受けてみても意味がない、と言い張る。

「もうあきらめて、夜間の大学に行く。」

と言っていたが、残念ながら、自衛隊高等工科学校は、在学中に防衛大学以外の大学を受験することは許されない。

働いてしまうとなかなかいろいろと忙しくて意欲が消失し、気分が載っているときに、受験するのがよいかとおもうけど・・・。

「結構頑張ったのにこのザマやからもうええねん。」
とのこと。

かなりやる気をなくしているようだが・・・大丈夫だろうか。



wagamamashingle at 13:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月16日

昇級

小学6年の息子。
柔道の練習から帰宅すると、紫の帯をもらってきている。それは何かと思うと、柔道で3級をもらったとのこと。柔道に級ってあったっけ?そもそも、昇級試験なんかあるって話は聞かないのだけれど・・・と思っていると、

「このあいだの試験が昇級試験なんやって。」

え?あの、1勝1敗のしょぼい試合が??・・・納得いかない・・。
納得いかない私を後目に、息子はご満悦な様子。
柔道、辞めたいとかなんとか、毎日のようにぐずぐず言っているが、それはそれでうれしいようだ。


wagamamashingle at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月15日

唾液を取って、ストレスレベルを調べる

中学3年の娘。大学のイベントに参加。
唾液を取って、ストレスレベルを測る、というものらしい。唾液のストレスレベルをs-IgA
分泌型免疫グロブリンAを調べることによって、測定する。
就寝前ににストレスが高いのは、仕方ないとして、娘が一人だけ、前日の午後に採取した唾液が、ストレスが高いということだったので、
え〜なんでかなあ。昨日の説明会は楽しかったから、疲れたのかなあと言っています。


wagamamashingle at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月14日

高校説明会

中学3年の娘。今日は、高校の説明会に行く。今回の説明会は、なかなかおもしろくて、
具体的に“受かる方法”ということで、英語、数学、理科、社会、国語と一問ずつ、
子供たちに解かせ、隣に座った数人の生徒たちの間で、話し合わせ、解法をいくつか考える、というもの。
娘はそのようなやり方や、学校の雰囲気が明るいことから、かなりその学校を気に入ったらしい。

ところが、その高校というのは、名の知れた難関校。行きたい、と言うだけではなかなか入れないのであるが。。。


wagamamashingle at 13:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月13日

研修旅行 より帰還

小学6年の息子。研修旅行から帰ってきた。
お土産に、はまぐりとさざえ、じゃこなどを持って帰ってきた。

朝市に行って来たらしく、はまぐりとさざえは、生きていて、一個100円だったそうだ。
「おばちゃん、キトーやねん、100円のやつが全部売り切れたから、150円のなかからがさがさってえらんで100円のとこ入れはんねん。」

「これなに?」と聞くと、息子の答えは『貝』。
・・・まあ、そうだけど・・・。

しばらくしてから、「これ、あさりやで。」・・・どう見てもはまぐりなのだが、まあ、はまぐりを見る機会もそうないから・・。

海産物を選んで購入する、という機会はそうないだろうから、楽しかったようだ。


wagamamashingle at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月12日

研修旅行

小学6年の息子。今日から1泊二日の研修旅行だ。
昨日の旅行の前日になって、紙袋は〜?とか、子供用のマスクは〜、とか準備していて、いろいろ言ってくる。
「あ、それとお小遣い3000円。」

え〜、急に言わないでって言ってるでしょう・・・。お土産、買ってこなくていいから自分の好きなもの買っておいで、と言うと、
「おじいちゃんには買ってくる。」とのこと。

今回は今までで一番豪華だ、と言われているホテルに泊まるのがとても楽しみなようだ。
十分楽しんできてね。


wagamamashingle at 12:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月11日

三日坊主ならぬ?

中学3年の娘。今日は、定期テスト2週間前で、はじめてテスト勉強を始めた、と自慢気。
しかも、数学ばかり、3時間40分(この細かい時間を測っているのもミソ。)集中してやった、とのこと。
そうやって延々と自慢している時間はどうよ、と言う感じ。三日坊主、ならぬ三時間坊主、かな??


wagamamashingle at 12:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月10日

大文字駅伝予選会

今日は、大文字駅伝予選会があったのこと。小学6年の息子は出られないので、タイムキーパーをしていたようだ。

選手に選ばれた4人は、1.5kmを全員15分台で走ったとのこと。
息子の通う小学校は、余裕で予選を通過したようだ。

まずはよかったといえよう。選手の4名は、さらに力をつけ、息子の出番はこの先なさそうではあるが・・・。


wagamamashingle at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月09日

幼稚園との交流事業

中学3年の娘。今日は、近くの幼稚園との交流事業があったそうだ。
娘が担当した5歳の女の子は、人見知りでまったく話さず、階段を手をつないで登ろうとするだけでも、止まって進まず、
他の人をどんどん先に行ってもらって、やっと最後の方になってやっと動いてくれたそうです。
最後には、笑顔も見せてくれたので、とてもうれしかったとのことでした。


wagamamashingle at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月08日

京都府国立・公立高等学校陸上競技対校選手権大会

高校2年の息子。雨の中、京都府国立・公立高等学校陸上競技対校選手権大会に出場する。
そこまで遅くもないが、そこまで速くもない息子が、昨年、この大会で2位を獲得した。

強豪の私立の選手が参加せず、唯一、賞状をもらえるチャンスと言うことだったらしいが、
そこまで悪い記録ではなかったにしろ、
残念ながら、今回は10位以下。

以前、2位を取ったにしても、なかなか勝負の世界は厳しいものである。


wagamamashingle at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月07日

AR(拡張現実)を作ってみる

小学6年の息子。
AR(拡張現実)と呼ばれる最新技術を利用して映像や音が飛び出す新しい地図を作 ろう!という大学のイベントに行く。

専用のソフトを使って、タブレットをかざすと、その説明の動画を作成するというもの。
学生さんが楽しい企画をしてくれていて、
学生さんが犯人となり、犯人捜しをするというもの。
容疑は、落書きをした容疑、道具を使いっぱなしにした容疑、などがあり、その証拠を、
キャンパス内で探す。そして証拠を見つけたら、写真とそれに対応する説明動画を作成する。

教室に帰ってきて、ソフトと写真と動画をリンクさせる。イベントには、大学の付属小学校の子供たちが多く参加しており、ソフトを使ったことがあるとかで、結構仕切っている。

なんとか息子もちょっとパソコンを触られてもらい、体験させてもらう。
学生さんのノリがよいので、なかなか楽しいイベントであった、


wagamamashingle at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月06日

そろそろやばい。

高校2年の息子。公立の大学に入る〜と言っていたが、さすがに、このままではどう考えても無理だということがわかったらしく、ちょっと焦ってきた様子。

予備校の無料体験講座を自分で受講したいと言い出した。クラブから帰り、食事をして、8時過ぎに出ていく。
いつもはクラブから帰って、寝てばっかりだったのに、自分から行くと決めると、続くのだろうか。
まあ、頑張ってほしいものである。


wagamamashingle at 16:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月05日

ランニングシューズの効用は??2

昨日、大文字駅伝予選会で、5秒しかタイムが上がらなかったといっていた小学6年の息子。
計算間違いで、本当は15秒速くなった、と言う。

計算間違いってなによ、と言うと、10秒遅れてスタートしたのが、タイムに反映されていなかったらしい。

それで、選手になれたのかと言うと、4人までメンバー、後2人サブメンバーで6位までの人が選出するわけであるが、息子が何位なのかと言うと、9位。10秒ぐらい速くなったところで、何も変わらない。

で、そもそも、もうメンバーを選んでしまったら終わりなんでしょ、靴は一回だけしか活躍できなかったの?と言うと、

「予選通過したら、本選までの間に速くなっていたら、本選のメンバーになれるかも。」と言うことらしい。
う…ん。さすがに数十秒縮めて、メンバーに入るのはかなりきつそうだが。。
それでも、今日も大文字駅伝の練習に出ていく小学6年息子なのでした。


wagamamashingle at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月04日

ランニングシューズの効用は??

小学6年の息子。大文字駅伝のタイムを競っている靴で、速さが全然違う、30秒、いや、絶対20秒はちがう、と力説するので、

「じゃあ、絶対20秒、速くなってや。」
と言って、ランニングシューズを買ってあげる。

「あなたに靴を買ってあげてと一生懸命頼んでくれた柔道の○○くんのおかげやし、ちゃんと御礼言っときや。」と言うと、
うんうん、わかった。と、嬉しそうに大事そうに、今日、大文字駅伝の予選会があると言って、嬉しそうに持っていく。

帰宅して、で、どうだった?と聞くと、

「あかんかった。」

「え?遅くなった?」
「いや、5秒だけ速くなった。」

・・・まあ、いいか。


wagamamashingle at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月03日

風神雷神図

小学6年の息子。学校からのイベントに参加。博物館に展示してある、風神雷神図を見学して、それを描き、日本画家 上村淳之氏とグラフィックデザイナー 久谷政樹氏がコメントをいただけるというもの。

8時15分に集合したが、9時半開館なのに、博物館入口にはすでに20人ぐらいの列ができている。ものすごい人気だ。

子供たちは、開館前の、風神雷神図の部屋に通してもらい、ゆっくり鑑賞する。風神雷神図の部屋には、3つの、風神雷神図がある。俵屋宗達の風神雷神図屏風と、それを模写した尾形光琳 、酒井抱一の3作品が、3壁面に飾られている。
2作品については俵屋宗達の風神雷神図に魅せられて、2人の画家が模写したもの。それぞれ、少しづつ違うが、
もちろん見慣れているというのもあるとは思うが、やはり、個人的には、模写をすると、オリジナルを超えることはできない気がする。筆の勢いなどが違う気がするからだ。

聞くところによると、風神雷神図に絵描かれている雲は、暗雲の黒だと思っていたら、もともとは銀で描かれており、酸化して現在のような黒になったとのこと。
それなら意外と、風神雷神図は、雨が降っているのではなく、晴れているのかも、と思ったりする。

おそらく、通常なら、山のような人だかりの中で鑑賞しなければいけない風神雷神図を、子供たちはゆっくり鑑賞させてもらい、その後、別の部屋で、俵屋宗達の風神雷神図の模写して複製した金屏風を前に、オリジナルの風神雷神図を描くために子供たちは場所を移した。

子供たちは、それぞれ、思い思いに描き、ギターを弾く風神や、ドラゴンボールのような、様子を呈している絵もある。


日本画家 上村淳之氏と話していると、オリジナルのものを描くのであれば、
屏風を前においてはいけない、とおっしゃっている。確かにうちの子は、一生懸命、見ながら雷神を描いているが、とてもではないが、時間以内に風神まで行きつきそうにもない。

絵の下手なものからすると、前に何かないと不安ではあるが、技術はあとからいくらでもついてくるもの、というもののようだ。

有名画家が模写した2点を見ていると、あきらかに模写はオリジナルを超えそうにもないから、もっと自由に描くべきかも。

日本画家 上村淳之氏にお話を聞いていると、お父様もお祖母様も有名な日本画家。そして、息子も孫も、見ているとうまいなあ、と思う、とのことなので、遺伝ですか?とお聞きすると、親のよくじっと観察する姿を見ているのでは、ということだった。そう、おそらく、絵がうまくない者というのは、絵に対する情熱がなく、よく観察しないのであろう。
結局息子は雷神しか描けずに終わっていたが、ゆっくり風神雷神図をみたことは、きっと心に残っていると思う。


wagamamashingle at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月02日

靴を買ってほしい。

小学6年の息子。大文字駅伝の予選会の出るのに、靴がいる〜とのこと。
靴なんか買っても、大してタイムかわらへんやろ、と言うと、
タイム全然違ってくるもん、みんな靴、買ってもらってるもん、と息子。
「みんな買ってもらってへんで。」

と中3の娘と高校2年の息子。ここでの『みんな』は、うちの家族だ。
どのグループを『みんな』、と呼ぶかが重要。

「いや、本当にタイムが全然違う。大文字駅伝は6年生の1回しかないから、勝ちたいねん。」
と小学6年の息子は熱く語るが、
じゃあ、今、小学校内で男子で何位なの?と聞くと、

「10位ぐらいかなあ??」。

で、出場できるのは何位の人まで?
「4人。4位の人に勝つのは無理。でもなあ、サブメンバーもいるから6人選ばれるんやで。」

サブメンバーって何?走られへんやろ、と高校2年の息子が言うと、
「走れるで。800M。」

と言う。

800mって何よ。それ、大文字駅伝と違うでしょ。
と言うと、

「大文字駅伝の前に、走るねん。」

で、それ走ったらどうなるねん。と、高校2年の息子。

「サブメンバーで、それだけ速いんやったら、すごいなあ、とみんなに思われる。」

・・・え?それだけ?
「まあ、ええわ。お前、サブメンバー狙いやねんな?で、6位の人とはどれぐらいタイムの差があるの?」

「30秒ぐらいかなあ?」

え?1500mで30秒もあいてるん?それ無理やん。

「いや、靴で20秒ぐらい縮められるで。」

・・・ほんまかいな。
「いや、絶対ほんと。絶対いける。」

・・・絶対嘘。まあ、靴を買ってやる気がでて伸びる、というのならありだけど・・。


wagamamashingle at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年11月01日

釘を使わない木材を作る

小学6年の息子。

挑戦してみよう大工の技!釘を使わない木材の組み方というイベントに参加。
釘を使わない木材の組み方には、継手、仕口と呼ばれる方法があり、
今回、子供たちが挑戦するのが、『腰掛け蟻継ぎ』。
と言っても、両方やるのは時間も技術もないので、へこんだ方は、学生さんが用意してくれていて、のこぎりで切りやすい出っ張った方のみ、作成する。
建築学校の校長先生が最初の説明で、年輪がある方に垂直に切る方と、沿って切る方と、
のこぎりには、両側に刃があるが、どちらが切りやすいか、やってみて、と言われる。

のこぎりを使っていると、建築学校の学生さんや、スタッフの方が、手伝ってくれる。
その中に『棟梁』と札をぶら下げたいかにも『棟梁』っぽい人がいる。
木材を縦向けに切るときに、もこぎりの横引き刃を使っている子供に、向かっていきなり、

「逆や!刃!」といきなり注意。横についていた、学生さんが、「いや、校長先生がそれを自分たちでやってみて気が付いて欲しいと・・」

と言うと、
「危ない、手を切る!!」とのこと。棟梁としては許せないことのようだ。

棟梁がついている子は、どんどん棟梁がのこぎりを当てていき、最後のちょっとだけ、子供立ちがやらせてもらっているが、ほとんど触らせてもらえず、すごいスピードで仕上げていくが、子供たちは出番がない。

次々と仕上げてこちらに『棟梁』が近づいてくるので、やばい!と隣の机に移動する。

棟梁は隣の机で次々と仕上げていき、ついに、こっちの机に来たときは、息子は最後の人区間を残すのみとなっていた。

「大丈夫か。」と声をかけられたので、
「大丈夫です。」

と答えたが、
「あ、手を切る!」

と言われて、のこぎりを取り上げられてしまう。あ〜もうできないなあ、まあ、最後のところだけだからよいか。

最後の一区切りを棟梁が切り、学生さんが用意した、へこんだ方を合わせるが、合わない。
微調整をするのかと思いきや、

「こんなのは悪いのじゃなくて・・・」と別の継手を持ってくる。
・・・しかし、見るからにまったく形が違う。学生さんは、おそらく決まったサイズを言われているのかと思うが、

そこは学生さん。クオリティに差があるので、切ってしまった凹みに合うように、凸の方にしるしをつけているので、そのしるし通りに切ると、ほかの凹みの木材を持ってきても、
合うはずがない。

棟梁は黙々と、両方を削り、とりあえず、両方が合うようにしてくれた。


wagamamashingle at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年10月31日

ハロウィン

今日はハロウィンの日。ハロウィンと言っても、最近入ってきた外国のイベントだから、関係ないや、と思っていたら、

中学3年の娘が、近所の友人から、「今日、6時半に一緒にハロウィン回ろう。」
と誘われたから、行くって来るわ、とのこと。

いやいや、ハロウィンなんか、誰が知っているの?歳とった人なんか、絶対ハロウィンなんか誰も知らんでしょ、と言うと、知らん、友達の知り合いのとこ行くんとちゃう?

と言っている。

友人が迎えに来たので、行って来るわ、と出ていく。
知り合いのところ、とか、友人の自宅とか、結構遠いところに行くのかと思ったら、
なんだか近くで声が聞こえている
小学6年の息子が、「ちょっと見てくるわ。」と、外の様子を伺うと、
友人の妹は 魔女の仮装をしていて、「まあ、可愛い。」と言われて、友人と娘は、
「Trick or Treat!」とか言っているらしい。

「Trick or Treat!」なんて、歳をとった方々に通用するものなのかとびっくりしていると、

娘たちはお菓子を大量にもらってくる。

そういえば、以前、「ハロウィンのお菓子ってこれですか?」と聞いている歳をとった女性の方がいたなあ。お孫さんにハロウィンのお菓子でもせがまれたかなと思ったが、

お孫さんがいない人まで巻き込まれているのか・・・。お祭りを取り入れる日本人の力ってすごい・・・。


wagamamashingle at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年10月30日

柔道の試合

小学6年の息子。
今日は柔道の試合があった。
まず同じ学年で分けられ、その後、体格別に6人程度のグループに分けられる。

おなじ道場で、一緒に練習をしている子は、結構体が大きいので、お母さんが、
大きいクラスに入れられると強い子がいるのでハラハラしているが、

結局一番後ろの列の“無差別級”クラスに入れられた様子を見てちょっとがっかり。
息子は、「3回勝ったら、大文字駅伝の靴、買ってや〜。」と言っているが、

すぐにおなじ道場に通う子のお母さんから、
「前の試合の時は、なんかの拍子に3回試合あったかもしれへんけど、3回試合ないかもよ。」

とばっさり。

「え?あ、じゃあ、2回、2回。」とあわてて言い直している。
結果、息子は、2回戦のうち、1勝一敗で、靴をゲットできず。

しかし、おなじ道場の優しい男の子は、自分が無差別級に入れられて、3連敗したのにも
かかわらず、
「なあ、頑張ったから買ってあげて〜。」と言っている。この優しい子に免じて買ってあげようかな〜どうしよううかな〜。

でも、息子は、負けるとき、寝技で抑え込まれたら、あっさりあきらめて勝気なかったようだしな〜どうしようかな〜


wagamamashingle at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年10月29日

大文字駅伝の選考会

小学6年の息子。今日は小学校で、大文字駅伝の選考会があり、1500mが5分50秒だったそうです。
これが3回目ぐらいの選考会で、何回かの選考会で、大文字駅伝に出場する選手を決めるとのこと。
「そのタイム速いの?」

と聞くと、
「全然。」

と中学3年の娘が、小学6年の息子が答えるより早く、ばっさり答えていました。


wagamamashingle at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年10月28日

感動した本

中学3年の娘。
今日は本屋大賞をとったという、鹿の王と言う本を図書館で見つけて、表紙がかっこいいので読もうと思ったら、一緒にいた友人に上巻をとられてしまったので、下巻から読んでいるそうです。

「感動する話って大好きやから、そんな本を読みたいねん。ジークとか、闇の守り人とか、守り人シリーズとか。」

と言うので、「ジークってどんな話?」と聞くと、「忘れた。」

「闇の守り人は?どんなところに感動したん?」

「それも忘れた。」

・・感動した内容も忘れた!?
感動した内容は忘れたけど、感動したことだけは覚えてるってこと??
それって、人に語れる話??


wagamamashingle at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年10月27日

昔話を題材とした美術工作

中学3年の娘。
美術の時間で、日本の昔話を題材に針金と和紙とランプを使って光らせる工作をするらしい。
「かちかち山のウサギにしようと思って。」

かちかち山のウサギ? かちかち山のウサギってどんなだ?と一瞬考え込むと、
「まあええわ、ウサギとカメのウサギ。」

は?そこはなんでもええのんかい?

友達はかぐや姫の月と竹をつくっているらしいが

「でも月は、まるって針金をやって、和紙を貼るだけって、後ろから丸見えやしダサくない?竹はいい考えやと思わへん?竹は光ってるし、電球入れるにはぴったりやん。」

「じゃあ、竹にしたらええやん。」

「いや、同じのはいややねん。鶴の恩返しにしようとおもったんやけど、電球を入れるのに、鶴は立っているから、高さがあるから、ちょっと無理やし、白鳥は座ってるから、白鳥にしようと思って、醜いいあひるの子にしようと思ったら、あれは外国の話やからあかんねん。」

「桃太郎の桃とかは? 簡単やん。鬼とかは?金太郎の熊とかは?」

「そんなダサいのいややし、難しいのん無理やし、ウサギがちょっと立ち上がっているところにするねん。」

・・・それも結構難しそうだけど・・。


wagamamashingle at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年10月26日

運が悪い??

自衛隊高等工学校の息子。英検2級が自信あるとかなんとか言って、試験の前日に、
友人と映画を見に行っていたが、案の定、英検2級の試験に落ちたとのこと。

「2点差やったんやで〜。俺、最近運が悪いねん・・・。」

と落ち込む息子。
それ、運悪いって言うか??ただの自業自得では??


wagamamashingle at 10:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年10月25日

バク転に挑戦

中学3年の娘。
インターネットで、バク転のコツのビデオを見て、俄然やる気になり、帰ってきて、
部屋の布団を敷き直し、バク転の練習をやる気満々です。

「頸椎いかれたら終わりやし、首は守りやあ。腕は折れてもいいし〜。」
と言っていると、

なにかバッタンバッタンとやった挙句、
「お母さん、あかんわ。壁倒立が基本やということやったんやけど、壁倒立ができひん。

体、訛ってるわ。腕、ふらっふらやわ〜。」と言っています。
へえ、そんなんでよく文化祭のダンスやった時にロンダートできたよねえ。。。

しっかり、腕鍛えてね。さもないと確実に首、アウトだから。


wagamamashingle at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年10月24日

高校のイベントに参加 

中学3年の娘。高校のイベントに参加。
数学の問題で、よくあるA4用紙の短い1辺を1としたら、長い辺の大きさは?
と聞いている先生が、そこで、A4の紙を指し示し、みなさん、これ、わたしにとっては『わら半紙』なんですが、
「これみなさん、なんて呼ぶ? 高校生に聞くと、ざら半紙だというんですが、今となってはそれも言わないとか。」とおっしゃっている。
え?ざら半紙とか言う高校生がいるの? と私にとってはそちらの方が驚愕だ。この私でさえ、いまさらざら半紙など言わない。小学校当時でさえその言葉を使っていたかどうかも思い出せないが、確かに小学校時代は、色も濃く、表面がもっと悪かったものがあった気がするが、それをざら半紙と呼ぶならわかるけど、今そこまでざらざらした紙があるのだろうか?
私は、そうだなあ、コピー用紙かなあ?職場で注文とかするときは、PPC用紙、と呼んでいる。
一通り、なぜかざら半紙の話題があった後、A4用紙の縦横が、1対ルート2になっているのを確かめる方法を探す。
また、いろいろな数値の最高位の数が出てくる回数は同じか?ということで、1がでてくる確率を計算し、30%ぐらいになる(ベンフォードの法則)のを確かめ、それがなぜか考えた。
答えを与えるわけではなく、答えをきちんと言えなくても、思いついたところまでをグループで発表する。

なんでも答えを性急に求める昨今、答えがない状態は、気持ち悪くも感じるが、本来の勉強というものはそういうものかもしれない。


wagamamashingle at 10:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年10月23日

代表委員会の選出

中学3年の娘。
今日は代表委員会の選出があったとのこと。
9年生は、もう卒業なので、代表にはならないから、選ぶ側だけだけれど、

「中学3年ってええな。立候補している人、不信任にしても、そんなんやったら自分がやったら?って言われへんし。」とのこと。

2年の候補者二人はなかなか頼りになりそうなのが戦っていたけど、1年は、たよりなくてどうやねん、って感じだったらしく、不信任にしてもええな、と思ったぐらいだったという。

それにしても、投票で不信任にしたかどうかもわからないはずなのに、
「自分でやったら?」とかそもそもどうして言われるんだろう・・??


wagamamashingle at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 

2015年10月22日

学校楽しい

中学3年の娘。今日は、放課後の後、30分ぐらいみんなで掃除をしたのが楽しかったそうです。
娘の学校は、公立学校の小中一貫校のモデル校として、全国からよく見学に来られるようだが、
明日、その日だそうで、掃除をすることになった、とのこと。
え?前にも何回も来ているとかいう話を来ていたけれど、掃除をしてるなんて話は初めて聞いた気がするけど?

と聞くと、
「そうやねん。前の時には、な〜にもせえへんかったのに、急に掃除するとか言い出して。」
ということらしい。

「手洗い場担当だったのだけど、せっかく掃除しても、みんなが次から次へと汚い雑巾を持ってきて洗うので、また汚くなるねん。」

で、それが嫌だったのかと言うと、
「それがまた楽しいねん。」

・・・学校生活を満喫しているようだね。


wagamamashingle at 13:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑える子供たち 
メルマガ「 わがままシングルマザー子育てを楽しむ」をよろしく!
登録フォーム





お気に入りに登録してね









お気に入りに登録

google

家電・ポンパレ
My Yahoo!に追加

Add to Google







まぐまぐプレミアム
NEWS!!
昨年9月1日より発行している

☆『シングルマザー 
どん底からの脱出〜実況中継』


が少しリニューアルしました。

赤裸々な告白部分が一旦落ち着いたので、
少し話題を変更いたしました。最近のテーマは
「母子家庭になって初めて、耳にしたうそのような本当の話」です。
価格を下げて、すこし気軽に読めるようにもしました。

(まだ反映されていないと思いますが、一ヶ月目無料だからいっしょですよね。)

☆『シングルマザー どん底からの脱出〜実況中継』は、子育てに追われる母としてではなく、一人の人間として、悩み、もがき、この状態から抜け出すことを固く誓って、発行します。
一人の人間として、幸せを追求したい方、一緒に目指していきましょう。
最近の話題は「母子家庭になって初めて、耳にしたうそのような本当の話」です。


価格を下げて、すこし気軽に読めるようにしました。

1ヶ月目は無料ですので、気軽に登録して下さいね。

本当は読まれたくない、恥ずかしい赤裸々な自分の告白部分はは読まないでくださいね。
これが、有料メルマガにした、本当の理由です。。。
このメルマガ自体が、「どん底からの脱出」のワンステップとしての試みと考えています。


まぐプレバナー




以下のメルマガは、すでに発行中のメルマガです。
母としての自分を中心に毎日の生活、振り返って思うことなど書き綴ります。



☆『わがままシングルマザー 子育てを楽しむ』

「まぐまぐプレミアム」に登録していただくと一緒に読むことができます。





子育ての悩みのある方、ご相談ください。掲示板でも、「わがままシングルマザ」のメールアドレスでもいいですよ。
ライブドア
【70周年記念版 株主優待大図鑑7,000冊プレゼント】

はじめよう!ライブドアトレード 新規口座開設キャンペーン



google検索
健康でしかも美しく!カラダさらさら
18年も販売され続けているサプリメント

カリカセラピファミリーパック100袋入り【パパイアサプリメント・カリカセラピの元気堂】
CDおすすめの100枚
速読
【ハイパー速読術+Music for productivity 発想力が豊かになる音楽】

発想力を豊かにして、読書の秋を速読で100冊読破!!

ハイパー速読術+Music for productivity 発想力が豊かになる音楽【新日本速読研究会】
おすすめの100冊
面倒な入力なし!お買い物が簡単に!商品券があたるかも!
コエンザイム
コエンザイムQ10の吸収率18倍!若く、美しく、健康的に【ナノQ10メルモ】

コエンザイムQ10の吸収率18倍!若く、美しく、健康的に【ナノQ10メルモ】【これこれ倶楽部】
美容
【ドクターラヴィーナ化粧品】
お試し6品セット

シワ・たるみ・シミ・ソバカスに!!【白金(プラチナ)ナノコロイド配合化粧水】NANO Platinum【最先端商品のお店】
ナノコロイド配合化粧水】
アンドロスタノール
テレビ朝日の「たけしの万物創世紀」でも取り上げられた”アンドロスタノール”30%増量 フェロモンエロスプラチナ【@バラエティショップ【ねねや】ダイエット・美容・健康・その他取扱】

テレビ朝日の「たけしの万物創世紀」でも取り上げられた”アンドロスタノール”30%増量 フェロモンエロスプラチナ
シングルマザー、かんばろう!!
子育てしながら、資産運用!!
あのTV通販で1日2万個販売した実力サプリ
タイ国政府が認める本物NoG12/45(E) テレビ、雑誌に大人気、viviv人気モデルも愛用中の噂のバストケアサプリ!レディーズプエラリア99%の姉妹品】

あのTV通販で1日2万個販売した実力サプリ!テレビや雑誌に噂のバストケアサプリ(vivi4月、voce6月、with7月号で絶賛)レディーズプエラリア99%の姉妹品【レディーズプエラリア99%シスター】(165mg×30粒)【プエラリアの専門店【プエラリアプラザ」】
懸賞!
[PR]
現金100万円当てちゃう?
応募は
こちら


◆その場で現金10万円◆

スロットゲームでGET◆



[大人気] ▼新型のトヨタ『ヴィッツ』をプレゼント!!▼
今すぐ応募!!



見ると得する『CMサイト』


楽勉
金取引
アクセス刑事
ボージョボー人形
【ボージョボー人形☆サイパン発】仰天ニュー○で紹介された正式ライセンスのボージョボー人形です。願いが叶うといえばこの人形!話題沸騰!今日本で一番入手困難な人形かもしれません。【美美くらぶ】
ボージョボー人形☆サイパン発】仰天ニュー○で紹介された正式ライセンスのボージョボー人形です。願いが叶うといえばこの人形!話題沸騰!今日本で一番入手困難な人形かもしれません。
”結婚力”を診断してくれるそうですよ。相性のよい人はだれかちょっと試してみるのもよいかも。
 
モデルが360度回る!
出会いも大切
 
光ファイバを楽しむなら有線
ぐるなび


モニター募集!
モニター募集!
速聴
 
エキサイトクレジット
エキサイトクレジット
FXオンライン
ワカバヤシエフエックス
北辰商品 商品先物
【-外貨ex-】
タグふれんず
ホームページスペース他
JAnet








ドロップシッピング
Archives
楽天市場