和菓子魂!

季節を彩るさまざまな和菓子たちをご紹介します。 老舗の名物から、新感覚の和菓子、あんぱんまで。

IMG_8690
6月はやはり梅の形をした生菓子を見逃したくはないですね。
その愛らしさは、特に印象的でありますが、
抽象表現の多い京菓子において、具体的な形で表現されている『青 梅』は、
ある意味、貴重な存在とも言えるでしょうね。
多くの和菓子屋さんでは、外郎生地で調製されることが多いですが、
川端道喜はもちろん御朝物を担ってきたお店でございますので、
菓子は全て砂糖餅製で作られますので、この『青 梅』もそう。
緑色に染めた餅生地にこしあんを包み、梅の形に整えています。

続きを読む

IMG_8684 (1)
意外と6月終わりに京都を訪れる機会が少なく、
本場の『水無月』をちゃんとその時期に味わえないことが多いのです。
今年は『名代豆餅』で行列が絶えない出町ふたばの『水無月』を初体験。
店によって、そりゃあ、生地の具合は違いますし、
表面に散りばめられた小豆の量も違いますし、バリエーションはさまざま。
一種類しか作らないというお店もありますし、
それこそ夏越の大祓の6月30日のみ製造するというお店もあります。
6月の半ばに差し入れで、わざわざ京都から『水無月』を届けてくださり、
物凄くテンションが上がってしまったのは言うまでもない。

続きを読む

IMG_8506
6月の初め、京都に参りまして、いつものように『くずきり』を食べに行く。
もちろん、帰りに生菓子を買って帰りますのは、いつものことです。
この時期に本店を訪れたのは初めてでしたので、やっぱり『あじさい』は逃せません。
水色というよりは、濃いめの青色の賽の目の錦玉で、あんこを覆い尽す。
アジサイを表現した生菓子は、普通のきんとんで表現される場合と、
餡玉に賽の目に切った錦玉を添えるパターンとありますが、
これほどはっきりとした色合いで表現されるのは珍しいかもしれませんね。
紫色と群青色と言った方が相応しいような気もしますが、
これがまた万華鏡のようで、深い海へ吸い込んでいくような魔力を感じるのです。

続きを読む

IMG_8385
岸和田と言えば、だんじり祭りというくらい代名詞ですよね。
久しぶりに南海電車に乗って、岸和田の駅に降りたのですが、
改札を出てすぐのところに、あの朝ドラ「カーネーション」のポスター。
尾野真千子がヒロインを務めた、元気爆発の朝ドラでございましたが、
その舞台は、この岸和田でございましたし、当然だんじり祭りは劇中にも登場する。
駅前から始まる商店街を真っ直ぐ歩いて行くと、オハラ洋装店を発見。
ドラマの衣装などが展示されていて、グッズも売られています。
いやあ、ドラマが終了してからもう7年経ちますが、
地元に愛されているんだなあというのを感じるのです。

続きを読む

IMG_8752
以前に『嘉祥菓子』をご紹介したことがありますが、
虎 屋には「和菓子の日」に登場する和菓子が複数存在します。
ということで、二番目にご紹介したいと思いますのは、
三種類の生菓子を詰合せた『福こばこ』でございます。
箱を開けますと、まず目に入って来ますのは、逆さまに入っている鯛でしょう。
この鯛を基準にして、逆向きに置いてみますと、
右側に入っている瓢箪型の生菓子が今度は逆さまになってしまい、
たぶん、「えっ!? 何かおかしくないか?」と戸惑う人もいらっしゃるはず。

続きを読む

IMG_8771
同じく近江を代表する石山の叶匠寿庵からは、
二つ折りの大福餅に見え、写真を見る限りは粒あんだと思うはずの餅菓子。
その名も、そのまま過ぎる『煮小豆に餅』と言いまして、
こちらも6月16日の「和菓子の日」のみに販売されるのです。
ふわりとろりとした柔らかい餅生地に、大粒の大納言小豆を包み込む。
粒あんだと思うはず・・・・と申しましたが、そうなんです。
実はあんこではなく、大納言の煮小豆なのです。
そのため、餅生地から小豆が溢れてくるように出てきます。

続きを読む

IMG_8764
6月16日は和菓子の日でございます。
しかし、世間一般にはまだまだ知られておりませんが、
そんな中でも、この日にしか味わえない和菓子も存在します。
多くの百貨店で、しっかりと世界観を表現されている近江八幡のたねや。
夏場は『本生水羊羹』や『たねや寒天』などの涼菓は特に支持が高く、
多くの和菓子屋さんは、あんこものが動かない夏は厳しいものですが、
むしろ夏の方が強いというのが、たねやの凄いところでもございましょう。
そして、以前にも触れましたが、歳時記の生菓子はしっかりと押さえています。
見逃している方も多いかもしれませんが、ぜひそのあたりも愉しんでもらいたいですね。
もちろん、和菓子の日にも登場する生菓子があるのです。

続きを読む

IMG_2647
6月に入って、虎 屋から新作の羊羹が発売され、もちろん即購入。
父の日の贈り物にピッタリということで登場したのですが、
ゴルフ最中『ホールインワン』や小形羊羹『珈琲羊羹』など、
何気に世間に比べてお父さんにはとっても優しい虎 屋さん。
その新作の羊羹は、透明のケースに入って、羊羹のデザインがはっきり見える。
『琥珀のしらべ』という名前から分かりますように、
まさに琥珀色のドット模様の錦玉が細工された羊羹になっています。
ハーフサイズの羊羹に6個ほどのドットが入っていて、とってもポップ。

続きを読む

IMG_8372
日本全国を巡れば、いろんな最中に出会うことができるというところで、
カキやホタテ、サザエなどの貝殻の最中が登場していますが、
貝塚では、こんな立体感のある最中がありまして、もう見た目が愛らしい。
大阪名物のタコ焼きではありますが、それが由来ではなく、
実は岸和田と貝塚の間に南海線の駅にもある蛸地蔵から来ているのです。
さてさて、タコとどう関係しているのか、その謂れが気になるところ。
それは家康方の根来衆が岸和田城を攻め、もう陥落してしまうという際に、
何とまあ、数え切れぬ蛸と法師が現れて、その危機を救ったという話があるのです。
その後、秀吉軍によって平定されたわけですが、
城の堀から無数の傷を負った地蔵が発見されたことで、祀られることになる。
まさに窮地を救った地蔵は、身代わりとなって守ってくれたわけです。

続きを読む

IMG_8315 (1)
大阪は繁華街のイメージが強いですが、南に行きますとかなり歴史のある町。
千利休ゆかりの地として名高い堺はもちろんのこと、
貝塚や岸和田にも伝統的な銘菓がたくさんあるのです。
ということで、久しぶりに南海電車に乗りまして、貝塚に立ち寄りました。
駅から真っ直ぐに歩き、どこか懐かしい空気の漂う街並みを見つめながら、
旧国道26号線にぶつかったところで、左を向きますとすぐに目に入ります。
そこには安政元年創業の老舗、塩 五が店を構えています。
屋号を聞いて思いつきますのは、金沢の森 八もそうですが、
初代の名前がキムタクのように略称になっている場合が多いのです。
そう、塩 五も創業者が塩屋五兵衛という名前だったのです。

続きを読む

IMG_2405
恐らく今年一番の和菓子業界の衝撃的な出来事となろうか。
5月終わりに楽しい九州一周旅行を終えて、わずか一週間後、
あまりに信じられない知らせが舞い込んできたのです。
それは5月31日の夕方のことでした。驚きのあまり素っ頓狂な声を上げてしまった。
そして、その翌日、花園万頭が破産申請をしたというニュースが飛び交った。
いやあ、どうなるんだろうか、ドキドキさせられた。
まさか・・・・そんなことがあるのか!?と信じられない気持ちでいっぱい。
とにかくさまざまな対策と事務処理、各所へのご案内も必要で、
そこからの一週間はずっとドタバタしていたのを覚えている。
だが、営業は継続するというあまりないケースであったが、
いろんな感情が交錯して、6月7日、僕は新宿の本店を訪ねた。

続きを読む

IMG_2281
これだけ風流堂は、代表銘菓の『山 川』を初めとして、
さまざまな菓子を見つめて参りましたのに、初対面の菓子があったんです!!
いやあ、ビックリさせられましたし、これがまた他にはない菓子。
煎餅という名前がついてはいますものの、厚焼きで、どこかぼうろのようでもあり、
何とも素朴で、愛らしい煎餅なんですが、これがとっても印象的。
二條若狭屋が迎春菓子として作っている『絵馬初詣』にも似た優しい味わい。
小麦粉をベースとした生地ですが、卵の風味とふんわりとした味噌の甘み。
蜂蜜も加えられておりまして、とにかく飾り気はないのですが、
どこか懐かしいなあという気持ちをくすぐられる煎餅なのです。

続きを読む

IMG_2263
今年は不昧公没後200年を迎え、松江ではさまざまなイベントが催されています。
不昧公というのは、松江藩7代目藩主の松平治郷のことでございますが、
彼の存在なくしては、三大菓子処のひとつに数えられる松江の文化は花開かなかった。
それほどに和菓子的には重要な人物であったわけですが、
実際に歴史の表舞台に登場することはあまりなく、知らない人が大半でしょう。
こうして、今、再び脚光を浴びることになったわけですが、
この機会に、また新たな和菓子との出逢いも生まれるわけで、
とあるイベントで、僕の目に飛び込んできたのは、釣鐘状の最中だったわけです。

続きを読む

IMG_2392
かつては高瀬川と呼ばれた菊池川にかかる高瀬大橋の近くに店を構えるのが、
昭和22年に創業した菊水堂で、焼饅頭『長者饅頭』で知られています。
大地震の後、熊本を訪れた時に偶然出会いましたのが、このお饅頭です。
饅頭の皮には、黄味しぐれのようにひび割れが入っていて、
グラニュー糖が塗されているのですが、封を開けますと、ふわりと甘い香り。
北海道十勝産の手亡豆の白あんをベースとした黄身あんを、
ソフトなクッキー生地で包みあげて焼き上げているのです。
これがほろりと溶けていくようで、親しみやすい味わい。

続きを読む

IMG_2230
何度でも訪れてしまいたくなる場所が、あちこちにある。
あの山を見たい、あの海を見たい、あの川を見たい、あの城を見たい・・・・。
そして、あの人にもう一度会いに行きたいなどと思う度に、
僕の和菓子旅は永遠に周遊しているのかもしれませんね。
今回もまた豊後竹田の岡城を訪れたくなって、雨露に濡れた荒城に佇みたかったのです。
どんなにか、滝廉太郎の「荒城の月」が好きなのか・・・・ねえ。
降ったりやんだりの雨の日にも、緑が生い茂り、見渡す景色は心を奪う。
やはり一度は訪れてもらいたいと思う場所ですね。また行きたい。
そして、城下町に和菓子ありと申しますように、
但馬屋老舗が多くの旅人たちを迎えてくれるのです。

続きを読む

IMG_8165
長崎にていつものようにカステラ屋さんを順番に回っております中、
出島の展示を見学したあとで、松翁軒の本店にひょっこり顔を出しますと、
圧倒的なカステラの存在感をちょっとスルーしますと、
そこに季節の和菓子がちょこっと並んでいることに気付くはずです。
そう、カステラだけを売っているお店ではないのですよ。
しかも、意外かもしれませんが、伺った5月の終わりには、
何とまあ、『水無月』が登場していたのです。これは買わないわけにはいかない。
時期が限られているお菓子だからこそ、見逃せないですよね。
しかも、二色あって、その片方はうぐいす豆が入っている。
これはなおさら味わってみたいと思ってしまうのです。

続きを読む

IMG_0699
数年前になりましょうか、どこかの百貨店で、
雛祭りの時期に『桃かすてら』の特集が組まれていて、
長崎のいろんなカステラ屋さんの『桃かすてら』が登場していたのを覚えていたのです。
その時、白水堂や茂木一○香本家、松翁軒、文明堂総本店、岩永梅壽軒など、
錚々たるメンバーが集っていたのですが、その中に大竹堂を発見し、
それが初めての出会いでもあり、長崎を訪ねたら、一度本店を訪ねたいと思っていたのです。
ところが、九州を一周する度に、何故か、いつもタイミング悪く、定休日。
一般的に入手困難と言われている岩永梅壽軒のカステラも、すんなりゲットしたものの、
いつも大竹堂にだけは、なかなか伺えないでいたのです。
ということで、今回はようやっと大竹堂の営業日ということで、早速訪問。

続きを読む

IMG_2199
唐津から平戸へ向かう途中で、伊万里に立ち寄ったのです。
そう、陶器に詳しくなくとも、有田、伊万里と言えば、焼き物の街。
以前にエトワール・ホリエの『伊万里焼饅頭』をご紹介しましたが、
久しぶりに本店を訪ねて、僕の目に入って来ましたのは、
『トンバイ有田』という不思議な名前のお菓子でした。
そう、どこか、お笑い芸人のような名前。
そもそもトンバイって何のことなのかと、誰もが気になるところ。
というわけで、早速、謎の名前がついた焼菓子をゲット。
紫色の包み紙を解いてみますと、ふわっと甘いバターの香り。

続きを読む

IMG_2188
三度目の登場となります『松原おこし』でございますが、
唐津シーサイドホテルに宿泊して、翌朝は景勝地の虹ノ松原へ。
国道沿いに『松原おこし』を作っているお店が4軒あるのですが、
これがなかなかのややこしさでございまして、間違う方も多いようです。
というのも、脇山商店と脇山忠商店という二つのお店が存在しているのを知り、
一度訪れた時に確かめたいなあと思っていたのですが、
もうね、ビックリするほどの隣り同士で店を構えていまして、
いや、もうほとんど繋がっているようなもので、国道の福岡側から来ますと、
脇山忠商店が先に目に入りまして、長崎側から来ますと、脇山商店が先に見え、
もはや一文字違いなだけに、どっちのお店に入ろうとしているのかすら、
正直混同してしまってもおかしくはなく、旅人はなおさらでしょうね。

続きを読む

IMG_7840
宮崎県で忘れてはならないのが、本庄の郷土菓子『白玉饅頭』でしょう。
実は僕も最近までその存在を知らなかったのですが、
稲田白玉饅頭店の『白玉まんじゅう』がたまたま山形屋で売られていて、
オーッ!!と飛びつきましたのが最初の出会いでございました。
本庄川が流れ、国富町の国道沿いから少し入ったところにそれぞれ店を構えていて、
非常に売り切れが早いとも聞いていましただけに、これまた宮崎市内で出会えたのは幸運。
地元の方に伺えば、本店では午前中に売切れてしまうこともあり、
ほとんど注文分を作っておしまいになってしまうこともあるそうだ。
いや、食べきれるか分からないけれど、なかなか出会えない逸品を、
そのままスルーするはずもなく、しっかりと抱きかかえて、最後のひと箱をゲット。

続きを読む

IMG_0665
いつ来ても、何故か宮崎にくると必ず雨が降る。
僕はどうやら宮崎県と富山県とは相性が悪いらしく、
ほぼ100%の確率で雨か、雪を降らせるのである。
今年の5月終わりに、宮崎市内を訪れた際も、やはり激しい雨。
山形屋に立ち寄った後、繁華街の橘通あたりへ。
夜になると、昼間とは全く違う印象を与えるネオンが印象的ですが、
そんな時間でも営業している和菓子屋さんがございます。
これがまた店内を含めて、手書きのPOPが踊りまくり、
強烈な印象を残すお菓子の日高は、実に異彩を放つお店だ。

続きを読む

IMG_7830
5月終わりに気の合う仲間と九州一周旅行に出かけ、
これまた3泊4日という強行スケジュールで、
まずは熊本に降り立ち、市内を観光した後、
すぐに大河ドラマ「西郷どん」で盛り上がっている鹿児島へ。
薩摩のシンボルである桜島には雲がかかっておりましたが、
それでも仙巌園から見渡す景色は心を奪われるものがあり、
西郷と藩主・島津斉彬との交流を思い起こしながら、散策しておりました。
となれば、当然、和菓子もついてくるものでございまして、
薩摩藩御用菓子司である明石屋の本店を訪ねたのでございます。

続きを読む

IMG_7392
最後は半田の松華堂の生菓子なのですが、季節のアジサイの花を表現して、
きんとんか、錦玉を添えた意匠か、多くはこの二つなのですが、
ここは松華堂でございますので、お馴染みの名物の小田巻きんとんで。
いやあ、こうやって、紫色と淡い水色と白い色の糸が絡み合うようにして、
見事なバランスでクルクルと巻き込まれたきんとんは、あまりにも美しく、
箱を開けた瞬間に、ハーッと溜息を漏らしてしまったわけです。
非常に小さく切り出された賽の目の錦玉が均等に配置されて、
どこか銀河系を回っている星たちのようにも見える。

続きを読む

IMG_7378
そう言えば、亡くなられたご主人と最後にお会いした時も、
『木の芽餅』を工場の皆さんと作っていらっしゃったっけなあ。
一躍『わらび餅』が銘菓となった芳 光ですが、
冬場に登場するもうひとつの名物でもある『椿 餅』も忘れてはいけない。
あのとろりとした舌触りの羽二重餅は、やはり名古屋で味わうことなく、
そのままスルーしてしまうのはもったいない話で、
同じ風合いの羽二重餅製の生菓子が初夏に登場しますのも見逃せない。
それこそ『椿 餅』同様に、真っ白な餅に、若緑色の山椒の葉。
何よりもこのコントラストが美しく、いつも見惚れてしまうのです。

続きを読む

IMG_7368
いろんな和菓子を見て、あれこれと驚くことはいっぱい。
原材料を確認して目を疑ってしまいましたのは、松屋長春の生菓子。
そこに胡瓜(キュウリ)の文字を発見し、胡麻の間違いか?と二度見。
いやあ、さすがに胡瓜を使うことはないだろうと、お店に確認。
ところが、間違いなく、胡瓜を使った生菓子とのことで、
もうね、早く会える日を楽しみにしていたわけでございます。
そして、箱を開けて、どの生菓子に胡瓜が使われているのか、
それはもう一目瞭然であったのですが、それがまた何とも涼しげだったのです。

続きを読む

IMG_7330
和菓子で勉強することはとにかく多い。
今回の川村屋賀峯総本店の生菓子には、聞き覚えのない名前の生菓子があった。
『ツブラジイ』とは、果たして何なのか。
ジイという響きだけで、勝手に爺さんを想像し、何かのおとぎ話か?とか、
変な想像をしてしまいましたわけですが、その正体を確かめたいと、
名古屋直行便の前日、ふらりと尾張一宮で津島線に乗り換えて萩原へ。
駅を降りますと、そこにもまた懐かしい空気が漂っています。
すぐ側にあるタクシーの営業所なんて、まさにそれらしく、
その角を曲がって、真っ直ぐ参りますと、木造の趣ある本店がある。

続きを読む

IMG_7297
御園座の近くに店を構えるむらさきやと言えば、『水ようかん』ですが、
でも、夏の生菓子たちもしっかりと味わっておきたいところです。
今年は5月に名古屋直行便をずらして販売させて頂きましたので、
春とは違う顔ぶれで、とっても新鮮でしたのですが、
やはりむらさきやの小さな生菓子はシンプルな造形ではあるものの、
とっても独創的で、目を引かれるものがあるんですよね。
そのままの形をしているわけではないので、それがまた新鮮なのです。
まず一般的によくございますのは、薄紅色のふわふわの求肥餅にこしあんを包み、
その表面に焼印を施した『石 竹』は分かりやすいかなあと思います。
この優しい味わいが、口に広がる度に、そうそう、これだよと思うのです。

続きを読む

IMG_0455
さあ、常時は4月に開催する名古屋直行便でございますが、
今年は初めて5月に開催しましたことで、本来混じらない葛製の生菓子が登場し、
一気に涼やかな印象となり、特に季節の巡りが早いこともあって、
それに和菓子屋さんがついていうのが、なかなか大変だなあとも思うのです。
その中での名古屋直行便でのございましたので、当初決めていていたものも、
あまりにも早く散ってしまいましたこともあり、違う意匠に変えて登場したりもしました。
名古屋随一の繁華街に店を構え、干菓子の銘店として名高い大黒屋本店からは、
いつになく、素敵な生菓子が毎度登場するのですが、
今年も定番ながら、上手い具合に変化球を演じていらっしゃいました。


続きを読む

IMG_7113
5月19日から20日と、京都を中心とした和菓子屋の若旦那の皆さんが、
平成11年より有志で集って活動されている山水会の20周年記念展覧会が催されました。
会場となったのは、京都の御池通り沿いにある嶋臺でございまして、何だか懐かしい。
ところが、前日は名古屋の和菓子屋さんを回っておりまして、
5月19日は名古屋直行便の販売日でもございましたので、完全に日程が被っていたのです。
でも、記念すべき20周年の素敵な展示会を見逃すわけにもいかず、
名古屋の和菓子の車での集荷を終えた後、間に合わなかった和菓子を運ぶまでの3時間、
急いで名古屋から京都へ向かい、記念展示会に向かったのでした。
いやあ、器選びひとつ、トークショーもあって、とっても素敵でした。
短時間での滞在になってしまったのが、非常に残念でなりませんでしたが・・・・。

続きを読む

IMG_7153
もう蛍の実物を見なくなってどれくらい経つだろうか。
ちょうど幼稚園に入る前、家の近所の河原に蛍が待っていて、
近所の友達とよく蛍狩りに出かけたものですが、実家でも見ませんし、
もちろん東京で見るはずもなく、一度あの幻想的な光に包まれたいものです。
でも、今は見ることがなかなかできない景色や花も、
和菓子の世界では、毎年必ず見ることができるのです。
二條若狭屋の『光の舞』は、まさに夏の宵に舞う蛍を表現していて、
毎年見かける度に、間近でじっと蛍の代わりに見つめているのです。
寂しいなあ・・・・と言われるかもしれませんが、
こうして、思い起こさせてくれるのもまた和菓子だけのような気がします。

続きを読む

このページのトップヘ