ブログネタ
和菓子 に参加中!
麦代餅












桂離宮の門前銘菓として知られているのが、中村軒の『麦代餅』(むぎてもち)です。
既に中村軒の餅菓子は三回ご紹介しておりましたが、
季節商品を優先しているうちに、肝心な看板商品に触れるのが、
こんなに遅くなってしまったわけですが、ここで取り上げたいと思います。
トレハロースなどの甘味料は加えていませんので、餅は餅らしく、すぐに固くなってしまいます。
製造当日が消費期限となる餅菓子ですが、特に固くなるスピードは速いかもしれませんね。
まあ、餅は乾燥して固くなっても、温めればすぐにトロ~ンと溶けるというのは、
御雑煮などを作ってみても、焼き餅をしたりしてもお分かりかと思います。
温かくて、湿気のある時期は餅は固くなるスピードが遅く、その代わりカビが生えやすいものです。
逆に冬場はグッと冷え込みますので固くなりやすく、
しかも、乾燥しているので水分が奪われ、カチカチになりますよね。
なので、この時期の『麦代餅』は、特に早めに食べてしまうのがオススメでしょうね。
東京の豆大福のように個包装されていないので、
外気に触れる表側は乾燥しやすいので、放置は非常に危険ですよ!!
僕は持ち帰りますと、すぐさまラップで包んで、水分が逃げるのを防いじゃいます。


IMG_2686













さて、『麦代餅』というお菓子の名前を聞きましても、ピンと来ません。
そもそも「むぎてもち」と一発で読める人は和菓子好きの方以外にはそうはいないはずです。
草餅や桜餅、柏餅ならば、誰でもどんなお餅なのかは想像がつきますが、一般的ではない。
でも、注意して見ていますと、『麦手餅』という表記になったりはしますが、
実はいろんな和菓子屋さんの店頭で、季節限定ではありますが並んでいることがあります。
伊勢の赤 福では6月の朔日餅として登場しますし、
京都の和菓子屋さんでは、麦こがしを使用した5月の生菓子として知られています。
ただ少しいわれが違うようでございまして、「代」という漢字が当てられていることに意味があります。
中村軒では年中製造されておりまして、丁寧に突き上げられた真っ白な餅生地を、
丸い形に伸ばして、滑らかな粒あんを挟んで、表面にサラッときな粉をまぶしています。
ビヨ~ンと柔らかく伸びる餅生地とは違って、シコシコとした餅自体のコシを感じられるのです。
モチモチの柔らかいお餅もいいですが、この食べ応えは絶対に譲れません。
固いというわけではなく、伸ばそうとしても引き戻すような力強い弾力がいいんですよね。
この餅生地に対して、どっしりとした粒あんだったら、きっと重たく感じちゃうかもですが、
これがまた割合水分量が多く、とろりと滑らかな粒あんなだけに、いいバランスなんですよね。
看板商品として愛され続けるだけはあるよなあと、改めて感じます。

IMG_2692











麦刈りや田植えの間食として用いられたそうで、一回に二個食べていたそうで、
農作業中のところに直接届けて回っていたのだとか。
忙しい時期が過ぎたところで、その代金をまとめて頂いていたそうで、それが麦五合ほど。
ということで、お金ではなく、物々交換のように、麦を代金としてもらっていたところから、
この『麦代餅』の漢字が当てられているというのが由来なのです。
まっ、確かに、おにぎりを食べるよりも腹持ちが良さそうですもんね。
ちなみに、『麦代餅』は一般的に考えるいろんな餅菓子の普通の大きさくらいが、実はミニサイズ。
本店に行ってみると、ミニの右側に、普通サイズの『麦代餅』が陳列されていて、
ええ? こんなにデカいのかと、ちょっと驚くことかと思います。
折角ですから、本店の奥の座敷で、温かい番茶と一緒に食べるのが一番オススメです。
囲炉裏があって、何とも言えない懐かしい匂いのする畳があって、中庭を見つめつつ・・・・。
きな粉を掛け過ぎないで、餅の両端には掛からないようにかけるのがポイントです!
もし固くなってしまったら、ちょっと炙ってみると美味しいですよ~。

麦代餅 ミニ1個 税込220円~
 ※ 百貨店などでの販売はミニサイズ3個入(税込661円)での販売となります。

◆ 本 店/ 京都府京都市西京区桂浅原町61 TEL: 075-381-2650
◇ 販売店/ 京都・大阪髙島屋、京都大丸、JR京都伊勢丹(毎週木・日曜日)、
       名古屋・堺髙島屋(毎週月曜日)、泉北髙島屋(毎週木曜日)、
       洛西髙島屋・高槻西武・神戸そごう(毎週土曜日)、
       玉川髙島屋(第2土曜日/午後4時から)、日本橋髙島屋(第4金曜日/午後4時から)、
       新宿髙島屋(第4土曜日/午後4時30分から)
 ※ 関西百貨店での販売は定休日は入荷がありません。百貨店により入荷日・入荷時間が異なります。
 ※ 都内の百貨店での販売は航空便輸送のため、夕方からの販売となります。
   日本橋・新宿・玉川髙島屋での販売は品質保持のため、6月~8月まで休業となります。
 ※ 百貨店によっては整理券を配布する場合がありますので、ご注意ください。