FullSizeRender (4)
長崎から諫早で乗り換えて、島原鉄道に乗り換えてすぐ、
本諫早で降りて、おこしで知られる森 長に立ち寄ろうと思ったのです。
そこで偶然通りかかった饅頭屋さんが気になって、これまた寄り道。
いやあ、これも『やぶれ饅頭』の存在を知らされていなかったら、絶対に気付かなかったかもしれない。
これまたレトロな感じで、素敵な饅頭屋さんだなあと、
外側のショーウィンドウから見えている『やぶれ饅頭』や『黒糖饅頭』を頼みつつ、
お勘定をするために中に進みますと、こんなところにドーナツが姿を見せ、
おまけに、8月だというのに、『柏 餅』がありますので、これも追加してあれこれと・・・・。
何だかとっても気になるわけで、最後に『あわ雪』まで目に飛び込んできて、
気づけば、さまざまに買い込んでしまって、ひとまず森 長に顔を出しました後、
再び本諫早から島原へ、そして熊本へ向かうフェリーで順番に味わうことにしました。


FullSizeRender (1)
さきほどの亀屋饅頭の『やぶれ饅頭』に比べて、こちらはふっくらとした印象。
同じく白と黒の2種類があって、ぼってりとした粒あんと飴色のキレイな白あん。
こちらもパサつくことはなく、さっぱりと頂けるだけに飽きが来ない。
これに対して、まろやかな甘みが引き立つ楕円形の『黒糖饅頭』は、
滑らかなこしあんを包んでいて、これだけであんこは3種類も味わえる。
一気にこうも食べ比べられると、とっても幸せな気持ちになるはず。
ついさっきまで、別の饅頭屋の『やぶれ饅頭』を堪能していただけに、
明らかに皮生地とあんこの塩梅が違い、それぞれに美味しいと思合わせるので、
こういうところが、和菓子の楽しさでもあり、同じあんこでも、同じ饅頭でも、
全然違う味わいを受け止めることができる奥深さは、まさにミステリー。
こうなってくると、いろんな店の者を楽しみたくなるのが悪い癖。
でも、そんな出会いをくださったフォロワーのコメントにも感謝ですね。

FullSizeRender (9)
というわけで、三連続で饅頭を平らげました後は、時季外れの『柏 餅』を。
どうしてこの時期に『柏 餅』を売っているのかが謎ではありますが、
さすがにこの時期には柏の葉っぱはないらしく、模造の葉で巻いているのも面白い。
そこまでして、この時期に『柏 餅』を作って売っているのは何故なんだろうか。
どうしても気になるところではありますが、あえてここで聞くのはやめとく。
もし「作りたいから作っているだけ」とか、そんな答えが返ってきたら寂しくなりますし、
きっと長崎だからこその何かがあるのではないかと、まずは自分で考えてみたいと思ったのです。
柏の葉が、この夏に長崎では別の意味を持つのか、それとも柏葉の産地なのかなどなど、
いろんなことを考えつつ、菓子を味わってみるのもまた楽しいのです。
その『柏 餅』は、もっちりとした新粉生地で、こしあんを包んでいるのですが、
兜の形に似せた二つ折りではなく、丸く整えられたもので、ムチムチ感はなく、柔らかい。
こうして、お菓子に夢中になっていたこともあって、フェリーの外の海は全く視界に入らず。

FullSizeRender (15)
最後にこの素朴な饅頭屋に、どうして『ドーナツ』があるのかもまた興味深い。
他は至ってシンプルな饅頭や餅菓子ばかりなのに、ここにリングドーナツ。
最近では都市部にしゃれたドーナツ屋がいっぱい進出してきているが、
よく考えたら、レトロなパン屋などで売られている、この手の和製ドーナツはあまりない。
それだけにしっかりと揚がったドーナツの生地をもぐもぐしながら、
そうそう、この食べごたえのあるドーナツがいいんだけどなあ。
ふわふわしてたりして、とにかく柔らかいドーナツが散見されるだけに、
こうして食べ応えのある蜂蜜の香りが微かに感じられる『ドーナツ』が何とも懐かしかった。
いやあ、これだったら、複数個買っておけばよかったと、めったに来れないだけに後悔。

FullSizeRender (12)
そして、次に目に入った『あわ雪』ですが、これもまた不思議なもの。
正直なところ、淡雪はとってもマニアックな菓子のジャンルだけに、
常時作っている菓子屋は非常に少なく、それだけにこんなところで出くわすときになってしまう。
型に流して仕上げるわけですが、その頂点部は緑色をしていて、爽やかなゆずの香り。
卵白に砂糖を加えて、寒天で固めた『あわ雪』はシュワッと溶けてしまいそうな柔らかさ。
鮮やかな青い柚子の錦玉がしっかりとした食感と共に、何とも言えない爽快感を託す。
ふわふわして、甘さが強く前に出る前に、ゆずの風味が際立っていく。
気が付けば、もう熊本港に到着せんところ。
あ~あ、菓子に夢中になって、海を見ることを完全に忘れてしまっていた。
ともあれ、ふらりと立ち寄って、これだけ面白い菓子たちに出会えると、
ますます和菓子旅を続けたくなるわけです・・・・。

やぶれ饅頭 1 個 税込90円
ドーナツ 1 個 税込90円

◆ 本 店/ 長崎県諫早市東小路町11-13 TEL: 0957-22-1628
◇ 販売店/ 本店のみ