「わが家で食育」- とくしま食育・地産地消まんぷくブログ -

とくしまの旬の食育活動や食関連イベント情報、特産品等の食育・地産地消情報が満載!!

7月2日(日)小野農園:大豆「管理体験」を行いました!!ーキッズファーマープロジェクト2017ー

17070201

2週間経ちました!
さぁ、大豆さんはどんな様子でしょうか?

17070203

おお!!
2週間でこんなに大きくなってる!

17070202

前回の体験後、小野園長が「植え直し用の苗」を植えてくれていました。
今日はこれを上手く発芽しなかった所に植え直しをします。

17070208
17070209

「植え直し」のやり方をしっかりと聞きます。

17070210
17070211



一番端の畝では前回参加できなっかたキッズの種まきが行われます。

17070206
17070212

杭を立て

17070213

糸を張り

17070214
17070253

大豆を蒔き

17070254

土をかけます。

今後、この2週間遅れで蒔いた大豆は成長の仕方にどのような違いが見られるか楽しみですね。


17070204


「植え直し」もがんばっています。

17070215
17070216
17070217



17070221
17070219
17070205
17070225
17070224
17070218


17070220
17070249
17070223
17070222
17070244
17070245
17070247
17070248
17070250

17070251
17070255
17070256
17070257
17070258
17070252



植え直しが終わったところで、休憩です。

17070261

小野農園の入倉さんがきゅうりすももを準備してくださいました。

17070229
17070230

「美味しい!!」
手がとまりません。

17070227
17070231
17070228
17070226

キュウリにつけるお味噌は一昨年の青大豆で作ったもの。

17070259
17070260
17070262

今日は湿度が高くとてもムシムシとしているのでたいへん美味しくいただきました。
「完食です!!」
「ごちそうさまでした!!」


さて、もうひと頑張り。
植え直した苗にたっぷりとお水をあげます。

17070232
17070234
17070239
17070233
17070235
17070236
17070240
17070237
17070241
17070238
17070242
17070243

おみやげに「じゃがいも」いただきました。
「ありがとうございます。」

17070263
17070264
17070207


前日までの雨で畑半分での作業となりましたが、
たいへん暑い中お疲れさまでした。

次回の体験は8月。
除草作業をします。


日記担当:(よし子) 

ご連絡「地産地消のチカラ2017」参加のみなさまへ

いつもお世話になります。
NPO法人ALIVE LAB(アライブ ラボ)の上田です。
前回の大久保鍛冶屋さんでの道具のチカラにご参加頂いたみなさま、最初から
最後まで全行程ご見学頂きありがとうございます!とおつかれさまでした。
包丁が間に合えば、下記体験時にお渡し致します!

次回体験についての詳細をご連絡致します。
今回は開始時間が田植えの時と違いますのでご注意ください。

【農業のチカラ】
◯7月9日()「 中間管理(中耕/除草/害虫防除) 」

(篠原農園:徳島市国府町)
5月に田植えを行った「チカラ米」の中間管理(お世話)として、
昔ながらの道具を使っての中耕/除草体験と害虫防除を行います!

時間)受付 15:00 開始 15:30 ~ 16:30
準備物)よごれてもいい服装、ぼうし、軍手、水筒、タオル、着替え一式(サンダルorスリッパ)
※体験は田植えの時と同じように裸足で行います。

なお、現在決定している予定は天候によって変更になる場合があります。
変更があった場合はその都度ご連絡致しますが、上記の「チカラのブログ」でも
最新情報をご確認いただけるようになっております。

◯集合場所(篠原農園) 
 集合場所と駐車スペースの詳細はグーグルマップと下記のマップをご確認ください。
篠原農園経路図(参加者用)

◯注意事項
※外での体験となりますので、熱中症対策をしっかりとしたうえでのご参加をお願いいたします。
※トイレの設備は近くには無いので、あらかじめトイレを済ませて農場までお越しください。
(最寄りのトイレは附家書店国府店、ローソン国府町井戸店となります。
添付の地図であらかじめ場所をご確認ください。)

◯今後の予定
漁業のチカラ(津田漁港:漁師 美馬さん)
・8/18(金):ハモ漁 (底引き網漁)
・8/20(日):底引き網漁
※8/18は夜の漁となりますので、保護者の方の有志を募って出港します。

農業のチカラ(篠原農園:徳島市国府町)
・9/3(日):稲刈り 10:00〜12:00

販売のチカラ
・10/29(日):チカラ米販売(とくしまマルシェ)
・1/13(土):市場見学/ 模擬競り(徳島市中央卸売市場)

木のチカラ
・11/18(土):味噌樽作り見学/ 体験(岡田製樽:石井町)

加工のチカラ
・12/2(土):ちくわ・フィッシュカツ作り(四宮蒲鉾店:津田町)
・2/4(日):みそ作り(畑名みそ:勝浦町)

◯その他
体験の詳細やスケジュール、集合場所・駐車スペースなどは下記の公式
サイトでご確認ください。(変更があり次第、随時更新しています。)
「地産地消のチカラ」 
http://wagaya-shokuiku.jp/power.html
 
お問い合わせ、ご不明な点は下記(上田)までお願いします。

*****************************************************
  NPO法人 ALIVE  LAB (アライブ ラボ)
     上田 啓人  Hiroto.Ueta
 〒770-0942 徳島市昭和町8-23-2
   Phone:080-6380-4954
 Fax : 088-635-9310
   Mail: power@alivelab.jp
   URL: http://alivelab.jp/
 
  食育ポータルサイト「わが家で食育」
   URL: http://wagaya-shokuiku.jp/
   Blog: http://blog.livedoor.jp/wagashoku/
*****************************************************

「地産地消のチカラ2017”農業のチカラ”」田植え後のレポート(6月23日)

17062306

ようやく梅雨らしくなってきましたが、晴れ間を見つけてチカラの田んぼの様子を見に行ってきました。

17062303

皆さんが泥んこになって一所懸命植えた苗はこんなにもしっかりと成長しています。

17062301
17062305

手で植えた所と、機械で植えた所の違いも見えてそれはそれなりに、なんか良いなと思いました。

17062302
17062304

早くもにっくきジャンボタニシが発生していました。
次回の体験ではこのジャンボタニシを退治します。
がんばりましょう!!

17062307

田植え後の中間レポートでした。

レポート:(よし子) 

6月18日(日)「地産地消のチカラ2017”道具のチカラ”」ー大久保鍛冶屋ー

17061002

勝浦町にある大久保鍛冶屋さんにやってきました。
車を降りてまず聞こえてくるのは川の流れる音と鳥の声です。
 
大久保さんの前の道を部活動に向かう中学生が自転車で通ります。
必ず「おはようございます。」と挨拶してくれます。
とてもいい所です。

17061053

そんな素敵な場所で本日は包丁作りの全行程を見せて頂きます。
今ではめずらしくなった「野鍛冶」という仕事。
地域に根ざした刃物作りの職人さんです。
一から手作りのため、使い手の要望に添ったものを作ってくれます。
プロが使うものも、一般の家庭で使うものも同じ技法、同じ行程で作られるという。
 
まずは大久保さんの包丁で試し切りをしてみます。
 
17061003
17061004
17061054
17061055
17061056

食材を切ったあとそのままにしたり、濡れたまま放置しなければ、日々のお手入れは難しくなく長く使えるという事です。

「切れ過ぎる包丁はちょっと怖い」という声が聞こえてきます。
包丁本来の使い方をすれば、危ない事は無く、お手入れも難しくない。
しかも日々の料理もさらに美味しくなるのならば絶対にこの方がいいですよね。

1日に作れる数は2本から3本。
途中の工程で上手く行かない事もあるため確実では無いそうです。

今日は代表して2本作っていただきます。
各ファミリーの子どもたちと大久保さんの息子さんとでじゃんけんをして勝った2名分を今から作っていただきます。

まずは、包丁の芯の部分、「鋼」を切り出します。

17061005
17061006
17061007
17061008
17061009

初めて見る事ばかり、ちょっと圧倒されますが、色々聞くチャンスです。
大久保さんは大抵の事にわかりやすく答えてくれます。
「鉄はどうやって作りますか?」
子供の質問に
「それは、ちょっと解らんなぁ」
まあ、専門外なので…。

17061010
17061011
17061012
 
包丁の本体になる「鉄」に切り込みを入れ
先ほど切り出した「鋼」を挟みます。

17061013
17061014
17061015
17061017

お父さんと息子さんの息がぴったりです。

17061018

鋼を挟んだ鉄をたたいて延ばしていきます
さっきまで元気だった子も、ベルトハンマーの音や、雰囲気にちょっとビックリ。

17061019
17061020
17061021
17061022
17061023
17061024


ベルトハンマーは足で速さなどを調整しているらしいのですが
強いだけではなく、繊細なうち込みをしているように見えます。

何度か叩いていくうちに包丁の形になってきました。
余分な所をカットして焼きなましという行程に。
灰の中でじっくり1時間ほどかけて冷まします。

 
その間に包丁の研ぎの講習をしていただきます。

17061025
17061026
17061027
 
自宅から持ってきた普段みんなが愛用している包丁を特別に研いで頂きました。
研いですぐは良く切れるけど2、3日したら切れなくなるかも…。

 
近くのおすすめのお店を教えて頂き、昼食タイムにします。
「13時頃に戻ってきてくださいね。」
「本日包丁に刻印を入れる人はどういう刻印にするか決めておいてください。」

17061029

焼きなましが終わった包丁の形をヤスリやサンダーを使って整えていきます。

17061063
17061064


 
昼食から戻っていたファミリーに
「刻印決まりました?」と伺ったら
「はい、家族会議してきました。」

17061028
 
家族を代表して、まずは練習です。
最初は恐る恐る。
カナヅチを使うのも初めてだそうで、なかなか上手く行きませんでしたが、
大久保さんにコツを教えて頂き、イイ感じになってきました。
 
さて本番です。

17061030
17061031
 
みんなの注目を浴びて緊張した様子でしたが、
だんだんと集中 してきて「いい音」が聞こえてきました。
 
きれいに彫る事ができました。

17061032

ここからは「焼き入れ」という作業になります。
大久保さんも一番集中する所です。
室内の照明を消し、扉を閉じ、炭の色を確認しながら、微妙な温度調整をしているようです。

17061033
17061034
17061035
17061036

焼き入れの後は「焼き戻し」という作業をします。
筆に水をつけて包丁の上に落とし温度を確認するという。
筆にもこだわりがあるそうで、色々試したけど今使っているものが最適だそうです。

17061037

この行程で使う炭は「松」
先人たちがすでに100%のものを作り出したのでこれ以上のものはないそうです。
しかし、この松の炭を作る人が高齢になっていて将来に少し不安を感じていました。
「誰か松の炭を作っている人がいたら紹介してください。」と参加者に呼びかける場面も見られました。

17061038

貴重な炭は作業が終わるとすぐにつぼの中に移されました。


いよいよ完成に近づいてきました。
仕上げの工程です。

17061039
17061040
17061041
17061042

何度も歪みやバランスを確認しながら研いでいきます。

17061043
17061051

研ぎあがった包丁に柄をつけます。
ここでもバランスを確認。

17061049
17061050
17061045

鉄と鋼から「調理道具」が出来上がりました。

17061047

大久保さんのお母さんが
「あなたが、お父さんの歳くらいになるまで使えるからね。」
と、言いながら箱に入れて渡してくれました。

17061048

「世界に1つだけの包丁」
完成です!!


17061062
17061061
17061060
17061059
17061058
17061046
17061044

毎日使うもの、
「食」という私たちが生きていく上で一番大切な事に関係しているもの
だからこそ本物を使いたいですね。

「ちょっと前までは他人には見せなかった」という作業工程も見せていただき、たいへん貴重な体験ができました、大久保さんありがとうございました。

参加ファミリーのみなさんお疲れさまでした。
本日、お渡しできなかったファミリーの分は、7月9日の次回体験に間に合うように作っていただけるとの事です。
いましばらくお待ちください。


日記担当:(よし子)

【ご連絡】「小野農園:大豆」キッズファーマープロジェクト2017参加のみなさまへ

いつもお世話になります。
NPO法人ALIVE LAB(アライブ ラボ)の上田です。

先日の植付け体験にご参加頂いたみなさま、暑い中お世話になりました。
これからまだまだ暑い日が続きますので、くれぐれもお身体ご自愛ください。

早速ですが、次回7/2日()の体験についてご連絡致します。
次回は大豆の植付け後の管理体験として、うまく発芽しなかった大豆の
植え直しや除草、水やりを行う予定です。

・管理体験日程:7月2日()10:00~11:30(受付 9:30) 
 集合場所/駐車場:
「小野農園 第1または第2駐車場」(アワーズから車で約5〜10分です。)
 771-1706 徳島県阿波市阿波町北岡72

(ナビご利用でお越しの際は上記の住所をご入力ください。)

◯当日のスケジュール
7月2日() 管理体験(大豆)

・9:30   受付
・10:00 開始    
    (作業・注意事項説明)
      管理体験
    (休憩)
・11:30 終了

◯準備物
・よごれてもいい服
・長靴
・軍手
・ぼうし
・タオル
・水筒
・ジョウロ/手持ちスコップ(お持ちの方のみ)

◯注意事項
※屋外での体験となりますので、熱中症対策をしっかりとしたうえでのご参加をお願い致します。
※最寄りのトイレは駐車場をお借りしている鎌田家です。

◯小野農園 農場 
場所と駐車スペースの詳細はグーグルマップ(小野農園)と添付画像をご確認ください。
※第1駐車場が満車になった場合は第2駐車場にてスタッフがお車を誘導致します。
(広域)
小野農園経路図_広域

(拡大)
小野農園_詳細

◯その他
プロジェクトの詳細やスケジュール、農場の場所・駐車スペースなどは
下記の専用サイトでご確認ください。(変更があり次第、随時更新しています。)
「キッズファーマープロジェクト」 
http://wagaya-shokuiku.jp/kidsfarmer.html
 
ご不明な点などありましたら下記(上田)までお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いします。

*****************************************************
  NPO法人 ALIVE  LAB (アライブ ラボ)
     上田 啓人  Hiroto.Ueta
 〒770-0942 徳島市昭和町8-23-2
   Phone:080-6380-4954
 Fax : 088-635-9310
   Mail: kids@alivelab.jp
   URL: http://alivelab.jp/
 
  食育ポータルサイト「わが家で食育」
   URL: http://wagaya-shokuiku.jp/
   Blog: http://blog.livedoor.jp/wagashoku/
*****************************************************
ギャラリー
  • 7月2日(日)小野農園:大豆「管理体験」を行いました!!ーキッズファーマープロジェクト2017ー
  • 7月2日(日)小野農園:大豆「管理体験」を行いました!!ーキッズファーマープロジェクト2017ー
  • 7月2日(日)小野農園:大豆「管理体験」を行いました!!ーキッズファーマープロジェクト2017ー
  • 7月2日(日)小野農園:大豆「管理体験」を行いました!!ーキッズファーマープロジェクト2017ー
  • 7月2日(日)小野農園:大豆「管理体験」を行いました!!ーキッズファーマープロジェクト2017ー
  • 7月2日(日)小野農園:大豆「管理体験」を行いました!!ーキッズファーマープロジェクト2017ー
  • 7月2日(日)小野農園:大豆「管理体験」を行いました!!ーキッズファーマープロジェクト2017ー
  • 7月2日(日)小野農園:大豆「管理体験」を行いました!!ーキッズファーマープロジェクト2017ー
  • 7月2日(日)小野農園:大豆「管理体験」を行いました!!ーキッズファーマープロジェクト2017ー
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール
QRコード
QRコード