1551033

今日は宮崎農園さんではちみつの蜜蓋とり、はちみつしぼり、商品づくりを体験しました!
155101155106
155105
155104
155102
155103

まず最初は蜜蓋とりの体験です。
155108

ミツバチは運んできた蜜が巣にいっぱいになると、ふたをしてしまいます。
なのでそのふたを取ってはちみつを取れるようにします。
1551071551018
15510131551020

その作業は熱いナイフを使って行います。
みんな宮崎さんの手を借りながらふたを取っていきます。
ゆっくり前後に動かすことで、みんな上手に取っていました!
15510121551019
1551011
1551015

中には宮崎さんの手を借りず、1人でがんばるキッズもいました!
キッズたちはふたを取って中のみつを見ては
「美味しそう!」と声をもらしていました。
1551010
155109
1551014

次ははちみつしぼりの作業です。
1551022

はちみつしぼりでは分離器を使ってはちみつをしぼります
まずは巣蜜を分離器にセットします。
ハンドルを回すとセットした巣蜜がまわって遠心力で
はちみつをしぼることができます。
それではレッツトライ!
1551031
1551029
1551021
1551026

はじめはゆっくりまわして、だんだん速く回します。
ある程度速くなったらそのままの速さをキープします。
中をのぞいてみると…
透明な糸みたいなのがキラキラ光ってみえるのですが
それがしぼれたはちみつです!
止めるときもだんだんゆっくりまわして止めます。
1551025

ある程度はちみつがたまったら、こし器を通して缶につめていきます。
ふたをあけると…
1551027

きれいな色ですね!
これが「れんげ蜜」です!!!
思わずみんなみとれてます♪
1551024
1551023
1551030

最後は商品づくりです!
1551035

商品づくりでは瓶のふたをシュリンクというビニールを熱風をあてることで密封する作業と、
商品のシールを貼る作業を行いました。
1551045
15510391551038
1551037
1551036

はちみつの瓶は蜂の巣と同じ六角形に、なっています。
シール貼りも簡単そうに見えて真っ直ぐ貼る逃れとても難しいんです…
キッズたちは真剣な眼差しで集中して貼っていました!
1551034
1551043
15510421551044

みんながれんげの植え付けからずっと体験してきて、いよいよ商品の形になりました!
このはちみつ「れんげ蜜」「れんげ蜜のシフォンケーキ」を今月末、5月31日(
とくしまマルシェで販売体験を行います。
楽しみですね♪
1551041
1551040

次回も頑張りましょう!
1551046


日記担当:(前田・櫻井・小田)