2018年07月17日

アクリル標本で100年に一度の竹花を封じ込めたアート

東京のアクリル標本製作会社に頼んでいた
竹の花がアクリルに封じ込められて戻ってきた。

43491FD4-3103-4DDD-A078-E2D48FC16823


480D15DA-DDDD-47EF-9061-813D73302876


…うーん、なんか、色合いが、私のイメージと
違う。ドライフラワーになりすぎて色が抜けて
しまいすぎて、花もカスカスで存在感が無い…
これは、これで、記念として引き取らねばならん
かなー、依頼した身としては、ちと複雑。
面倒で急な事をお願いしたんだから仕方ないかな。
でも、さすが、アクリルは綺麗!
 今度は私のレジンで、もう少し色を付けて封じ込めたる。 
 
今、紫陽花を製作中、まだこれから削って磨いて、
綺麗にしてゆく作業がある。

BFEDC4C2-95C1-462A-94F9-5CA7EEB1CEB8


次はタンポポの綿毛も作ってみたいが
先に竹の花がようやく下準備を終えたので、
いよいよ明日夜にレジンを流し込む。 
アクリルに劣らない作品が出来たらなー。

そのうち、なんか閃いたら、
そこからまたなんかが生まれそう。
最近は夜な夜な、実験をしています。


 

Comments(0)

いつもの小さな争い

62FC80DE-97A3-4A29-9BC7-6F7EA9378053


相変わらず、甘えてベッタリな2わん。
場所取りで小競り合い。朱璃に押されて
自分のポジションが危うそうな時の琥珀の
めっちゃ嫌そうな顔が…笑えます。
朱璃が、もう一足自分を乗り越えて私に近づ
こうとすると、ケンカが始まります。
元気なうちは、まだこんな光景もあるけど
段々と、変化してくんだろな…
今年は暑さが凄くて外にも出れないし、
2階の部屋は半分になり、狭くなったから
遊ぶと言っても走り回れないのが可愛そう。
2階から階下へ3わんを下ろすだけで大変。
ベランダは、何もないのですぐ部屋に戻って
きてしまうし、運動不足だよね…
参ったなー




Comments(0)

2018年07月14日

ここ、11歳

琥珀に続いて6月、こころ11歳
誕生日🎂会は、もう少しバタバタが収まって
から、やろうね

 D25867EF-64B3-4AB2-B853-AEC863917789


Comments(2)

2018年07月03日

色々ありますが#3 椅子分解

椅子の不調による、ついに目の前でパネル外して分解。
新品で購入して、なぜその場で分解、解明できたらいい
けど、イマイチ、綺麗に治らない。釈然としない。
事故後の車の保険内容の車やの不備でどうにもスッキリ
物事が落ち着かない。
野暮用も多いし、そんな中、私はレジンを
購入し、100年に1度の遭遇率しかない竹を
なんとか形で残そうと四苦八苦。
ドライフラワーにしたもの、ブリザードフラワーに
したものを作り、それらを封印する知識を習得中なのです
まずは、紫陽花で練習。 

Comments(0)

ツバメの巣立ち

ここ、何日かでいつのまにか飛ぶことを覚え、
巣の下で明け方、野良猫が威嚇声で鳴いていた日、
飛び立ったようだった。時折、巣の在り方を確認しに
覗き来るが、寝床はもう一人前に団体生活の場へと
移ったようだ。今年の子は結果、3羽。
親とそっくりの赤い顔の子たち。 

01C1CD4D-97E2-4279-B8C4-29E9A6A6CF5E



親も子育てが上手くて、あっという間に飛ぶところ
までに育て上げた。神経質で、私たちが見ていると
絶対エサを雛に食べさそうとせず、私たちを威嚇し
声を荒げるような、しっかり者夫婦だったが、
個人的には、昨年の夫婦の方が好き。
ちょっとスローで、ヒナもなかなか育たなくて
長い間、滞在していた。沢山の仲間や子供と一緒に 
家の前で遊び、仲良く並んでロープに止まって
ユラユラしている後ろ姿が、 癒された。
人が近くを通っても、カメラにも驚かないので、 
やりやすかった。
性格、鳥にもいろいろあるんだな。
夏が終わる頃に海を超えて暖かい国へと
飛んで行くが、あんな小さい身体で
海を越えるなんて、凄いよ。
旅の途中で沢山、命を落とす中、唯一また
帰って来れた者だけが、産まれた家に戻り来る。
もうこれは、壮大なスケールの命がけの帰省だ。
来年、無事に帰って来れたら、それはもう
讃えるしかない。来年もまた会おうね!帰って
来い。それまで頑張って生きろ! 

Comments(0)

2018年06月12日

いろいろありました。現在進行形#2

現在も進行形な案件。
軽度な事故?なので弟は通院、本人は軽い打撲で済んでいますが
日にちが経てば軽減していくと思います。
が、最近年寄り特有の頑固と開き直り、主語がない唐突な会話、相手のことが
考えられない傾向の物言い、指摘するとそれを素直に認めず、
正当化し、そのあと落ち込み始めたり、開き直りだしたり
して、難しい歳になってきています・・・
私なりに今まで結構、諸々協力してきたつもりですし、現在もかなり協力性は
あるとはおもいますが・・・
ついに息子(孫)にも、優しく諭されていました。

そして、旦那は今日、扁桃腺の手術を終え、現在、声が出ません。
痛みもあるのでしばらく仕事はできませんね。

カット椅子も私の椅子のみらなず旦那の椅子も傾きが発覚。
左右の肘置きの高さが誤差の範囲を超えていて座面も傾斜していることで
すったもんだ、しましたが、造り直しになりました。
これも間に入ってくれているディーラーさんのお陰。

それから、
こんなドタバタの最中、
私は竹の花の保存を東京のとある会社にお願いしました。
アクリルキューブに色鮮やかなまま閉じ込める手法で、博物館や研究機関に
完成品を納めているところです。
先方は見たこともない珍しいものなので成功するか分かりませんが・・と
言いながらも引き受けてくださいました。まだこれから工程にはいるので
途中で失敗の連絡があるかもしれません。
 自分でも、レジンで保存するため色々購入し、製作を開始しました。
上手く出来るでしょうか?
 


Comments(0)

2018年06月11日

いろいろありました・・・現在進行形ですが#1


5月29日、義父の他界。
オカンの事故、旦那の扁桃腺の手術と、連続して バタバタな毎日。
昭和の師匠、今の義父の背中で仕事を覚えた私は、その丁寧な仕事を
伝授してくださり、また修行中には自分の身の置き所というものを
自分で確立する術を悟らせていただき、心からありがたく思っています。
時にはドンパチやったりと、従順ではない嫁でしたが、それも終わってみれば
笑って話しできる関係にもなり、「体には十分気をつけなよ、お母さんが元気か?
あんたは大事な子やで無理するなよ・・・」私たちの先を心配する
親の心が伝わる最期が近づいた時の言葉。ありがたく心に刻みます。
なにも知らないこの世界に飛び込んで、修行させていただいたこと、
その修行の全てが私のルーツになっています。
ありがとうございました。
先生みたいに仕事真面目にはなれませんがこれからも精一杯、
自分の仕事を全うしていこうと思っています。



Comments(0)