2018年09月20日

レジン製作

ついに完成。
色々作ったレジン。特にタンポポと竹の花は手間がかかった。

A5B786B6-6981-4D0C-81E5-50D4750D6851
 

A0C73859-EC2A-442C-8769-F336CB38289E


D55A667D-C90C-4514-BB59-12399BBF5461


6006F754-44EA-4239-91D2-BF2409B3AC42


 

Comments(0)

2018年09月11日

今年の初釣行

早朝4時出発。
1年ぶりの釣行。目指す志摩。
いつもの内湾。着いたら、丁度、ど満潮。先週の台風の影響でゴミが邪魔。
いきなり一投目でお互いに1匹づつの釣果。
今年は行ったのが1週遅く、すでに海苔そだが立っていて、ポイントが
狭まり、投げにくい。
後から分かったのが、まだ網が張られてなかったということ。
棒の中に投げ入れても
良かったなー。その後が 続かず反対側に移動。     

5561EA9B-5637-4620-A64C-9895BF2410F1


ここでも、一投目はまずまずのサイズが来たが、
やはりあたりが少なく、今回は6匹。
旦那25〜27サイズがダブルヒットし、その後は小さなあたりと外道が数匹で
本命は無し。他の釣り場に移動するのも面倒なので
11時に竿納し、帰路に着いた。
先日、池田さんから天然アユを頂いたので釣ったのはもらってもらった。
久しぶりで疲れたー。日焼けも痛い・・・
今季、もう1回行けたらいいかな。
4時間陽にあたりっぱなしは疲れる。無理が効かない歳になったきたな。

63B20A02-16EB-4731-A8BC-4351A0B71A61

646E935E-5CA0-49BA-96C2-090F40E7D7FB

波打ち際に綺麗なハゼが打ち上げられていたのでリリース。
貝殻の浜辺は歩くとザクザクと音がしてなんだか、楽しい。
釣りに飽きて来たら貝殻拾い。

 


Comments(0)

2018年09月07日

四つ葉のクローバーを作る

FA122833-96BD-4F59-8F2F-27B09229487E


四つ葉のクローバーを植えようと購入。
近頃の公園は2時間探しても全く見つけらず手っ取り早く、育てようと思う。
合理的であさはかな大人になったもんだ。
しかしながら、近ごろの子供ってなかなか頭が柔軟というか、面白い。
けいは、葉っぱの一枚を割いて2枚にしたら四つ葉になる!と言った。
公園で出会った子供も、四つ葉だ!と言って私に手渡してきたのは、
三つ葉を割いて4枚にしたものだった。
後から合流した保育園児の妹も、四つ葉だ!
と言って、同じく三つ葉を割いて持って来た。
頭が柔らかいと言えばそうだけど、四つ葉を見つけることに必死な私は笑ってしまった。
私の子供時代は、マジ必死で本物を見つけようとしただろうな。 違うなー時代が。
 


Comments(0)

2018年09月04日

またまた3度目、椅子搬入

カット椅子、私のは3台目、旦那は2台目。
 今度こそ、何もありませんように…
 今日は台風21号の威力が心配だったけど、
搬入は午前9時前からだったから、雨風に影響を受けず、無事終了。 
午後からは大荒れの風で店が時折揺れるくらいすごかった。
東側の地域は停電、隣町は二日も電気がこないという結果になった
大型台風だった。 


Comments(0)

台風21号の日、免許の更新へ

息子、初めての免許の更新。2年で更新なんだね。
天気は伊勢湾台風並みの威力の21号が通過中に免許センターに行き、
帰りも悪路の中、旦那と帰宅。
免許センターのピロティの天窓ガラスにヒビが入り下の人は避難。
停電したりして大変だったそう。
なんとか2時間の講習を終え、無事帰宅。
夏休みは、無し。教授が大変そうだから、と、気を回して手伝いに行き、夏休み返上。
真面目ー。
大学からのミッションの特許申請は叶わなかったようですが、卒業まではそれに
携わることになるようです。
忙しい4年生、院試に就活、ミッション、学業と目まぐるしくて、大変そう。
やつれてげっそりしています。皮膚炎も少しだけ落ち着いたみたい。
就活も遅まきながらスタート、一応内定をもらい、そこをどうするのかは分かりません。
 忙しい中、免許の更新に行けて良かったー。

 


Comments(0)

2018年09月03日

100カ日

100日経った。早い気がしてる。
なんだか、イラッとする常識の無さをまともに感じて、年齢に見合った知識を
つけていない人は、恥ずかしいと感じる。
何を人から聞いたり学んだんだか…自分は気を付けよう。と思った。 
気分が優れずすぐに帰宅。 


Comments(0)

2018年09月01日

気付かされた言葉

とある、番組での言葉が突き刺ささった。
ハッとした。
私は、我が子に対してずっと何かが引っかかっていた。
それがなんなのか?考えるとあれこれ出てはくるが、  
さりとて勉強、就職でも無く、
なにか大事なようなこと…なのに
分からない霧の中で
その、
分からなかったこと。の答えがいきなりパーンと霧が晴れ、
射抜かれた。

この子の笑顔が見たかった…
笑い声が聞きたかった

長いこと、笑った顔を見ていないな。
取り巻く環境や、厳しい私の言葉で親の前で、笑わなくなった。
小さい頃は、なんでも屈託無く笑ってたのに。
もしも、小、中学の時のように毎日あいつの話す学校の事とか
友達の事を当たり前の会話として続けてたら、
まだ今も、笑って、怒って、悩んだら
相談して… 話すやつになってたのかな…
 高校に入学してから、私から子離れした方がよいだろうと思い、
段々と会話を聞き流していったある日、
「お母さん、最近俺の話、真剣に聞いてないやろ」

その時、私は相談なら友達に優先してすべきだ。
たわいもない話も友達と共有すべきだ。と、答えた。
故に、これからは友達とたくさん話をしたらよいのではないか?
もう親としては普段の話相手の役目ではないと思っている。と伝えた。 
その時息子は、ずっと当たり前に今まで なんでも話しをしてきただけに
複雑な表情をした。
嫌われたかのような心境だったのかもしれない。
突き放したような線を引いてしまった私。
親として間違ってしまったかもしれない。
そのままでよかったんじゃないのか?
思ったところで時は遅い。
分かってやれるどころか生活の不摂生での注意、叱咤の毎日。
正論で追い込み、逃げ道を塞いだ。
こうする事がこれから生きて行く何年もの荒波に対する最善だと思っていた。
息子はそんな私の影響で深層心理は計り知れず、親ながら読めない状態になっていった。
今季、
実験、研究の学業のほか、出資会社との合同プロジェクトに追われ、かなり消耗している。
顔にはかぶれが広がり、それが髪の鬢の部分に進行し、
毛根がもう生えてこない脱毛を引き起こす症状が出た。
食生活、プロジェクト、学業、生活リズムの全てが悪循環でも愚痴を言わず、
泣き言も語らない。

そんな息子から学業が滞ってしまった件でメールが来た。
自分の進むべき道がわからなくなった。
この先、勉強していく自信が無くなった。と。
こんな場面なら帰ってくるのだろうけど、やつはそれをしない。
帰れば私がツメの甘さを責めるからだろうと思う。
まだ、これから先をどう進むかの話もプロジェクトが忙しいと言う為、
あと少し時間を置いてからになるだろう。
顔のかぶれや脱毛はどうなっているのか。心配している。
有名な会社や有能な仕事を望んでいるわけではなく、
息子が自分で決めた道ならどんな職でも構わないと公言してきた事に偽りは無い。
一生涯、なんとか食えたらいいのだ。

無くしてしまっているものが戻せるのなら、
笑い声、笑顔。
今更ながらそれがいい。
それでいい。 

誕生日、おめでとう。

 


Comments(0)