安曇野ゴールデンバイク


毎年改良され進化が止まらない岩岳です❗️今年も楽しみで仕方有りません

がしかし、コロナです
白馬岩岳MTBパークでの対策として、とりあえずは完全予約制の長野県民のみの見切りオープンとなりました?
との事だったのですかさず予約を入れ人数制限の中にギリギリセーフで予約出来たので行って来ました❗️
因みに12~13時が消毒時間の為一時ゴンドラは利用出来ませんでした、またコースの一部は改修の為か?利用出来ません

早速走ってみるとバームの盛りが大きくなり綺麗に整地されてました、昨年にはなかった連続的なJUMPスポットが追加されていたのが印象的でしたよ❗️
自分はヘタレな為JUMPという感じでは行けませんけど楽しさは更に上がったのは感じます
相変わらずの初級者が楽しめるコースは秀逸です、カミカゼダウンヒルも上級者レベルじゃなくても何とか行けます?有難い

天気も良いので周辺を写真取りしていたら巨大な三角形の盛り土を見つけました❗️
それはコース外にあり違和感だけの代物です(^_^;)ナニアレ?
あとでトイレに行くとき分かりましたが、PVを作った時にMTB世界一ライダーが来てそれを使った❗️ことが分かりましたが空中で1回転とか出来ませんわ
岩岳のPVで物凄い映像が見れますよ

しかしみんな上手いなー
今日は何でもないような緩いバームで横転して肩を打ちました❗️少しいたーい

一応、膝と肘にはプロテクター着けてますが肩を打ったのは初めてでした、しかし肩だけのプロテクターって無いですよね(^_^;)
ボディプロテクターは何時かは欲しいけど高いでしょう

とりあえず尻のプロテクターでも買って見ようと思いました
皆さんもプロテクター着けて安全性を高めてね

HORIZON_0001_BURST20200517092407360_COVER
DSC_0166
HORIZON_0001_BURST20200517101616619_COVER
DSC_0168
DSC_0169
DSC_0170
DSC_0172
HORIZON_0001_BURST20200517111508718_COVER










え~とにかく今年はアレにより自転車系のイベントが中止となっています残念

そんな中でいつものコースをサクッとサイクリングしました

スタート地点をスズムシ荘辺りとして6時頃スタート!
誰もいなーなオイって感じで素晴らしい朝です❗️とりあえずはほとんど平坦な道を木崎湖へ向けて走ります

途中にサントリー新工場の建設現場付近を通過です、個人的にはウイスキー工場が良かったけどね(^_^;)、やっと前方からローディーさんとすれ違い軽く会釈

ほどなくして木崎湖キャンプ場です
まぁ実質的スタートはここからですけどね!しかし例年ならキャンプで賑わって居ますが寂しい眺めですよ

ここから林道を展望広場?まで駆け上がる訳です❗️今年1月にのぼった時は雪で死にそうでしたが、今回は問題なしです

熊避けにラジオをかけてヒルクライムスタートすると直ぐに2人のMTBバイカーが居ましたけど、何処から来たのか不思議でした?反対から登って下りて来たのかな?

天気は少し曇りぎみですがサイコーです
するといきなり落石がゴロゴロって襲って来ました❗️なんだ?
見るとツガイ?のかなりデカイ鹿が斜面に立ち俺を眺めて居ますが逃げませんけど❗️オイ、どうやらラジオは鹿避けには成りませんね

そのまま走り更に登って行きます、しかし毎回思いますが慣れません!まだ着かないってずーと思いながら林道を楽しみます
途中スクーターに抜かれました、やっと人と出会い安心します!コレで熊は出ないでしょうからラッキーです

ほどなくして展望広場に到着❗️
一休みに大福補給していると、既にパラグライダーが飛んで居ましたよ楽しそうですが怖そうにでした

そのまま一気に鹿島槍スキー場まで走ります到着!
しかし例年ならローディーさんにいっぱい合いますが駐車場にはほとんど人もチャリも居ません❗️
よく見ると鹿島槍スキー場自体の本館が閉鎖中でトイレも入れません、全てアレの影響です

天気も良いのでお昼をとり長時間休憩をします
のどかで静かで平和です(^.^)
帰り道はほとんど松川まで下りなので楽して帰れます、お疲れ山!自分

走行距離54.5kmとヒルクラ挟んだサイクリングには丁度良い距離でした

DSC_0178

DSC_0180


DSC_0181
DSC_0183


DSC_0187
DSC_0190


DSC_0194
DSC_0196
DSC_0197
DSC_0200


ここまで雪が無かった年は経験上ありません!て事でトレイルに行って来ました!以下画像のみです

DSC_0139
DSC_0138
DSC_0137
DSC_0136
DSC_0135
DSC_0134
DSC_0129
DSC_0097
DSC_0073

このページのトップヘ