arufa043


arufa000

これはアリイの潜水艦シリーズの1つですばい。
1/700サイズでこれ全長11cm程度のプラモですばい。タイフーン級の半分以下じゃのぉ。
しかしこのキットには、海面仕様ものとフルハルの1粒で2度美味しい2タイプと
なっておるのがいいのぉ。

arufa001

またなんとジオラマ仕様の海面クリアバネルもついちょるばい。
ばってんこれに合うケースがないので今回は見送りばい。
見易い様にサフをしたものをのせてますたい。

arufa001a


早速これからいろいろと組み立てて・・・・・・・・
arufa002

あーーっと言う間に完成ばい。
arufa003


ちなみにサイズ比べをしてみると一番上がオスカーⅡ級・次がアクラ級
で一番下がアルファ級ばい。日本のゆうしぉより気持ち大きいくらいやの
arufa004


ついでに3艘ともにサフして、鑑定色塗ってかわかすばい。
arufa005


今回も軍港停泊ジオラマにして、ゴジラで少し練習した
雪景色にチャレンジしてみるばい。さーてどげんなることやら・・・
そんで100円ショップケースを使用して、2艘が艀に止まっている様な感じに
海面パネルの下書きを紙に書いて配置を決めていくたい。
arufa006

まぁこんなもんやろっ・・・先が長いかも・・今日はここまで。
arufa007


今日は土台四隅のクリアパイブ4つと、浮き桟橋をまず型だけ作ってみたばい。

arufa008


ほんでここが一番調整のしにくいいやな部分たい。海底からの高さを調整
しながら船と海面と浮き桟橋の調整をみるたい。
arufa009


まぁこんなもんやろうて・・・・どーして後でずれてくるのはわかっちょるばい。
後は、陸地との斜面やそこまでの桟橋やいろいろと・・・めんどくさいばい。
今日はここまで。寝るばい。

arufa010

次に陸地を作ってと浮き橋ポンツーンと配置してみる。
IMG_1180

ほんで海面の高さを調整して配置してみる・・・・
こげんなところじゃろぉ・・・
IMG_1181

そんで陸地の方から少し盛るばい。モリモリ

arufa013

少し海面関係に色をつけてみるばい・・・・

arufa014

なんとかケースには入るのぉ・・・
さぁ次
arufa015

うーんやっぱアルミ泊は今回やーめた。塗りで行くばい。
arufa016
 
陸地側の上の塗装・・・・
arufa017

海底側の方もちょいちょいと
arufa018

でもって浮き橋からの桟橋のレイアウトテスト・・・
arufa019

こんなもんかいなぁ・・・・
なーんかまた雪景色ではなくて・・・普通の軍港に鳴りそな気が・・・

arufa020

こげな雰囲気の桟橋とポンツーンでええとしとこぉ・・・
arufa021

少し飽きたんで、船体塗装に入るばい。
arufa021

船体の白ラインを出すのにサフ色を残す為に、極細マスキングするばい。
全体には、おおっとやっぱシーブルーがええのぉ・・・
arufa023

デカール貼るとテカテカやなぁ・・・さすが素人・・・なんとかしょう。
あと艦橋に雨風避けスクリーン?を追加したばい。
arufa024

あとは古さの錆塗装をするばいよ。
arufa025

TAMIYAのウェザリングマスターでサビを入れたばい。
arufa026

旧ソ連の長年のボロさが出た感じもするが・・・もう少しかのぉ
arufa027


arufa028

まぁこんなもんでいいやろっ。船は完成ばい。

そんでちと配置してみる・・・なかなかいい感じかも。。
arufa029

あらー、あっちの潜水艦の尾びれがみつからん・・・・うーん探せ探せ!
arufa030

さー・・・あとは夏仕様にするか・・・冬の凍結仕様にするか・・・
ここから分岐点・・・ケース付けて見ながら考えるばい。
arufa031

うーん冬は難しそうなんでこのまま緑を付けて・・・・
いやいや真っ白に・・・・・ぅ・・・・
arufa032

とりあえずこんな所もちょこちょこと・・・1/700フィギュアが
いるばい。
arufa033

あとは旗関係かのぉ・・・
arufa034

やっぱぁ秋で行くかいのぉ・・・・
arufa035

少しエッチングなど加えてそれらしくする・・・・
arufa036

潜水艦には係留ロープを糸で結んで製作開始・・・・
arufa037

ケースバックはどこかの原発の様な風景を選んだばい。
ロシアっぽいと・・・
arufa038

これてええやろ・・めんどくさっ。
arufa039

ケースして上から・・・
arufa040

後方から・・・
arufa041

前方から・・・
arufa042

全体をみながら・・・・よっしゃ終了ばい。  妥協!
arufa043

冬景色はまたこんど・・・