akura044

akura001
これはアリイの潜水艦シリーズの1つですばい。
1/700サイズで全長が約17cm程度のフルハルプラモですばい。
最近やたら潜水艦ばかり作ってますばい。

akura002

まずは給排水口をちと開けてディテールを少し良くすっばい。
akura003

ほんでポポイと組み立ててサフして、艦艇色塗って乾かすばい。
ちなみにこれも比較写真で真ん中がアクラ級よ。
akura004

今回のジオラマは、うーーーん北極の静かな海を航行する
シーンでもとおもっちょるばい。
まずはケースが丁度良いのがなく、ひな壇式しになっちょるので少々手間が
かかるたい。さてアクラ級の型紙を当てて位置決めばい。
akura005

その上に波板をのせて見てみるばいよ。
akura006

ほーんで結構固いので、ハンダゴテで溶かして船体下部が入る部分を
カットカットカットしたばい。くっさーーーーー!臭うばい!
akura007

で型紙と合わせて調整しながら・・・・まぁ合格やろぉ。
akura008

でもって波板を開けて全体の配置決め・・・・まぁまぁ
akura009

よかろうやぁ・・・
akura010


そんで海面シート裏から色付けてみたばい。色具合を見る為に再度
型紙を貼って・・・・・うーんムラムラ いいかもね
akura011

ほんでー氷山等のおおまかな配置をザックリ決めて行くばい。
akura012

まぁ大きいものはこげなところやろね・・・・
akura013

次にハードジェルで貼付けていきますたい。
akura014

一応手前の氷山は海面下にもあって突き出ているタイプにするばい。
akura015

今度はジェル使うともったいないので、安いシリコンで氷山の情景を
形どっていくよん。

akura016

シリコンは結構早く乾くのでやっぱぁ使いにくいかも・・・・・でも妥協
少し塗装してみる。

akura017


潜水艦も設置してWエフェクトで走行波を作るばい。
akura018

海面下も難しいのぉ・・・・
akura019

Wエフェクトは乾燥すると透明になるので、その前にまず
潜水艦を取り外さんとおおごつになるばいて。
akura020

間に合ったばい、はずの大変やったばいて。奇麗に整えてホワイト
に塗装やね・・
akura021

下地にサフをまだらに・・・・そのあとブルーよ。
akura022

こげなんでいいとかいなぁ・・・・
akura023

あとはこ氷山や氷に雪のテクスチャーペインとせなあかんね。
せっかく粉雪と粗雪買ったんで最後に試すばい。
akura024

とりあえず、バックの風景をブリントアウトして貼っみたばい。
akura025


akura026

あとは仕上げやね。
てっゆうかぁ・・・潜水艦全然でけとらんし・・・・
akura027
艦底マスキングをして、白線部分を残す為に極細マスキングして
さーて何色にしょっかなぁ・・・

やーっぱ、これシーブルーの筆塗りで決定ばい。
akura028

デカール光り過ぎ・・・・なんとかせんとぉ・・・
ついでに艦橋に透明シールド作ってみたばい。
あとで1/700のフィギュア入れるかのぉ・・・
akura029

ウォッシングと錆塗装すっばいよ。
akura030

タミヤのウェザリングマスターでサビってみたばい。
akura031

もうこれでいいかもね
akura032

よかよかこれで船は完成はとしよう。
akura033

さーてジオラマにはめて、全体の雪の塗装の前に波などの調整で
ちょきちょきと切り取ったりと・・・・成形。
akura034

ななかしっかり合ってきた感じばい。
akura035

白波を少し加えるとだいぶ変わるかも・・・・・あーと少し。ふぅっ
akura036

まずは船体全体を白っぽく少し凍っているような・・・雰囲気にウェザリング
akura038

次に船体周りに走行波をチタニウムホワイトにぬりぬり。
akura037

うーーんやっぱ艦首の透明の波部分は何重にも時間かけてせんと
2〜3段の波の雰囲気はでらんかったぁ・・・・次回の勉強課題ばい。
akura039

艦尾は粗めのレジンサンドを使用して泡ぶくぶく感。
しかし右の流氷に本当やったら当たってしもて、今頃おおごつになっちょる。
akura040

艦首はいまいちやったのぉ・・・・
akura041

真上から・・・もう少し流氷入れるかいなぁ・・・・
akura042

左は写真よ。
akura043

もうええ、これで完成ばいて。
akura044

おしまい