TKW140リップ全てカットバージョン!!

今回の釣りは、どうしても海の無い県のスズキが釣りたい

この想いを叶えるべく、いつもの海とは反対方向(笑)
山へ向けて車を走らせます🚗

そして、出迎えてくれたのは… 


帽子を取るとびっくりのトモくん!

あんま変わんないね、パイオツ大好きオガワ氏 !!

ロン毛でフェアレディZのゼロヨン仕様でヤンチャしてたこの人も(笑)
もうすぐおじいちゃんかも?
テツロウ!

まぁ、皆んなお年を召しましたね(笑)
この面々との最初の出会いは南紀の古座川、20代前半の僕たちは夢中でヒラスズキを追いかけていました
同年代の僕たちはすぐに意気投合して仲良くなり、宮崎にアカメ釣りに行ったり、山奥でアマゴを仕入れて海までいってヤエン釣りをしたり、四国へヒラ探しに行ったり、テツロウさんの結婚式の日に会いにいったり、よき想い出がたくさん(o^^o)!

そんな仲間達と久しぶりに竿を並べます(o^^o)!
楽しみー

腹ごしらえはココ!!

最近、大人気だそうです(^^)!

美味しい!
思わず替え玉追加(笑)

さてさて釣りの方ですが、テツロウさんの案内で最近仕事で関西に来た若手のリョースケ君とトモくんとポイントに入ります(^^)!

ここは海から遡ること40キロ!海の雰囲気はどこにもありません
鮎踊る清流です
ウェーディングすると、思いのほか流れが強く、太ももくらいが限界です、そして水の綺麗なことに驚かされます
ライトを当てると川底がはっきりと見えて普段僕がスズキを狙っているフィールドでは考えられない透明度ですね
流れは対岸に向けて斜めに流れており、流れの当たる対岸が深くなっています、この流れの中と手前の流れ脇でスズキがヒットするはず
期待を込めてキャストします!!
そして!

「ゴッ!」とアタリ
あれ?なんか引きが違う?
と寄せてくると
出ました!ナマズ!
ここはナマズの稚魚を放流しているらしくナマズのヒット率は抜群だそうです(笑)

その後もキャストを続けますが無反応
と、しばらくするとリョースケ君にヒット!
「ガバガバッ!」とエラ洗いの音!
間違いなくスズキですね(^^)!

羨ましー!!
太い、綺麗!
カッコいいスズキをキャッチ!

この魚を見て🐟
僕も釣りたい!と想いは高まります

それからは沈黙の時間が

ここでポイント移動です
リョースケ君は明日仕事の為残念ながら帰宅です^ ^!遅くまでありがとうございました😊
次のポイントは川幅が狭くなり大きく川がカーブして流れが速くなって激流になっています
この流れ脇を狙います
その一投目!
流れの中にキャストして流れ脇まで流し込み、流れ脇をスローにリトリーブ、するといきなり!!
「ガッ!」
て感じでヒット!
合わせを入れて重みを感じた直後、フッ!とテンションが抜けてルアーが飛んできました

「あー!やってもたー」(泣)
「やっちまったなー!もう、これで終わりかな?」
と、弱気な僕

「もう一回同じコースで通してみ!絶対来るから!!」
と前向きなテツロウさん!

このテツロウさんの前向きさはずっと変わらず、テツロウさんらしいなぁ(^^)!と、微笑ましく感じます

そしてテツロウさんとトモくんが見守る中、緊張の次のキャスト!
さっきと同じ角度、同じリトリーブコースでルアーを入れていきます!
「来るならそろそろや」
と思うやいなや!
さっきと同じところで!

「ガッ!」

今度はしっかりとフッキングも決まり!

「ガバガバッ!」

エラ洗いしているのが月明かりに照らされ見えました!!

バラしたくない

二人に見守られ、いつになく慎重にやり取りします(^^)!
最後はトモくんがガッチリとランディングしてくれました

驚くほど綺麗でナイスなコンディションのスズキ
思わず見惚れてしまいます!

去年からの念願だった、海無し県のスズキ!!

僕以上にテツロウさん、トモくんが喜んでくれて、二人とガッチリと握手!!

良き仲間に恵まれて、良き魚と出会う
釣りをやっててよかったー!
ほんとに感動した瞬間でした(^^)!


岐阜の皆んな!またすぐにおじゃましますからねー(o^^o)!




とっても嬉しい一匹!!

ロックショアアングラーズミーティングの後、皆と別れ磯へと

前日まで南南東からのウネリがきつく、磯は荒れすぎの状態が続いていました、今日はウネリも少し落ち着いて来ていたので、魚が居ればなんとかなる
と、潮位と波の大きさを考慮して夕方の一本勝負に磯へ降ります

東からの風は吹いていますが、波は南からのウネリ、時折セットで大きめの波が入り絶好のサラシが広がる秋シーズン特有の好条件です

僕はこんな条件の日は迷うことなく16.5フィートのロングロッドを使います、ロングロッドならではの「攻め手」が可能になり釣果を左右することになると感じているからです(^^)!

地磯のヒラスズキは攻めの釣りだと思います
磯を見渡してサラシが出ている所を確認し、自分の足でそこへ向かい、そこに出来ているサラシ、磯際あるいは沈み根など、

「釣れそうだ!!」

と思うピンポイントやタイミングにルアーをキャストしている訳ですからね

僕は、このことがとても気にいっていて、
自分でポイントを選び、自分で魚を見つけ、自分でヒットさせて、自分で取り込む

そうなんです(^^)!

「狙って釣れた!!」感
が半端ないんですよねー


 
そんな話しはさておき

※注 ここから先はマニアの世界ですから(笑)
このポイントは潮位が低い方がサラシが強く広がり、潮位が高くなるとサラシを作る根が水没してしまいサラシが薄くなります
しかし、サラシが薄くなっても潮位が高い方がヒラスズキが入っていることが多く、波のタイミングをじっくりと見極め、釣れるサラシが出来るタイミングとルアーの位置とがシンクロすると嘘のようにヒラスズキが飛び出してきたりします
このヒットパターンはウネリ波の時に比較的多くありますねー

もうすぐ満潮、潮位もだんだん高くなってきており期待は膨らみますが、しばらくキャストするも無反応です

でも、釣れるとすればこのタイミングしか無い!と信じて粘ることに

そして、奇跡の波というか(笑)
セットの波が数回入り、サラシが広がっている状態のポイントに、矢継ぎ早に次のセットが

このタイミングしか無い!!

と、集中してルアーを流れに馴染ませていると!

沈み根の向こう側で「バシュ!」
とひったくるように水飛沫を上げてヒット

このまま無理に寄せると根ズレするので、張らず緩めずの状態で魚の動きに合わせます、大きめの波が来たタイミングで少しテンションを掛けて魚を浮き気味にすると波の中でエラ洗い、その隙に魚を引っ張って根を越させて根ズレしない所へ魚を誘導してから再度テンションを掛けて遣り取りします

元気なヒラスズキで跳んで跳んで跳びまくっています

最後は波の影響の少ないところに誘導してランディング

 
ロッドはGo-Pishマスタープラッガー16.5T

 
ルアーはTKLM12GPオレキンレッヘ!!

サイズは65センチ!


とにかく今秋シーズン一匹目!
嬉しいヒラスズキとの出会いでした(o^^o)!





9月24日に串本で開催されたロックショアアングラーズミーティングに参加して来ました

橋杭の海水浴場がイベント会場です

今回のごみ拾い場所は串本港の赤灯台周辺、様々な釣りの好ポイントだけあってラインのクズやパッケージなどの釣り人のゴミも目立ちました

例年、このイベントには参加させていただき、ゴミを拾いながらマナーやモラルのこと、これからの自分の釣りのこと、色々なことを考える良い機会になりますね


今回はロッドの試投会もあり、僕も普段使っている磯ヒラスズキ用ロングロッドGo-Phishマスタープラッガーの説明をさせていただきました〜
釣りは一生の遊び、とかく磯のゲームはハードなイメージを持たれがちですが、遣り方次第で僕のような中年の体力のないオッさん(笑)でも磯からのゲームは充分楽しめています
ただ、自然を相手にする以上、専門的な知識、そして知恵は必要ですよー



そして、ロックショアアングラーズミーティングに参加して、今考えていることは…
たくさんの魚を釣るのも釣り、一匹の魚との出会いに心が震えるのも釣り、良き人との出会いがあるのも釣り、つまらない人と出会うのも釣り、釣果を人に自慢して喜ぶのも釣りの楽しみ、自分だけ楽しむのも釣りの楽しみ、仲間と一緒に釣りをするのも釣りの楽しみ…

僕は自分の釣りに関わる全てことを楽しめるように、そしていつまでも感動がある釣りが出来るように、先を急がす、無理せず、自分に出来る範囲で

「魚釣り」

を大切にしていこう

そんなことを今、ぼんやりと考えています(o^^o)!




↑このページのトップヘ