シンガポール

運営者情報
ワンワールド。それは、1年間FIXの世界一周航空券である。一年で世界一周するのは時間的にかなり厳しい。しかし、その時間制限が有ってこそ光り輝く何かがある。いわば、ワンワールドで旅をするということは、ある一つの作品を作り上げるのと同じこと。みんなそれぞれの旅がある。これはそんなワンワールドを利用し、どこまでできるかチャレンジした365日間の記録である。
WAiのワンワールド世界一周365日の旅の記録@2007トップ > シンガポール
メニュー:シンガポール:目次
  • シンガポール  2008年01月14日

シンガポール

1月13日

シンガポール



バンコクから飛行機で3時間。午後4時。
シンガポールに到着した。

帰国まで残り1週間を切り、いよいよカウントダウンが始まった。

しかし、実はまだ迷っていた。

最後のルートについて。

バリへ行きのチケットを買って、香港を経由してタイに戻るか、それとも、シンガポールから陸路で北上、マレー半島を縦断するか。。。

正直、もう長距離バスに乗るのが面倒くさい。
バリ行きにすれば、もう移動は飛行機だけになる。楽なことこの上ない。
なんとなく華やかな雰囲気のイメージだし、旅のフィナーレと考えたら、まぁ、形としては悪くない。

・・・しかし、実際、そんな観光地に一人で行っても、はたして楽しいのだろうか?
どうも微妙な気がする。。。

そんなことを考えながら、シンガポールの空港に到着した。

さて、どうする?

またワンワールド変更にトライするならここしかない。


・・・考え込んでいたその時、目の前をカラフルな布を被った集団が通り過ぎた。

イスラム教徒だ。

そういえば、お隣のマレーシアはイスラム教が国教になっていたっけ。
ぼ〜っと見ていると、どうも今まで抜けてきた中東のイスラムの国々とは雰囲気が違うことに気付いた。

なにが違うんだろう…

とりあえず、布がカラフル…あとは…

あ、分かった。表情が違うんだ。女の人の。なんかみんなとても明るい顔をしてる気がする。

少し興味が湧いてきた。。
考えてみると、今回の旅は、かなりのイスラム教の国にお邪魔をした。
モロッコから始まり、アフリカ大陸はタンザニア辺りから、イスラム教徒がちらほら現れだして、イエメン、エジプト、ヨルダン、イスラエル、シリア、レバノン、トルコ、イラン、UAE、パキスタン、そしてインドにもイスラム教徒は結構居るしと、イスラム教国家だらけだった。

実際そこを旅しているときは、いまいちイスラミックにも飽きていた感が有ったが、ここアジアに来て、改めてそのイスラム教徒の風貌を見てみたら、やっぱりかなり異文化だったんだなぁ…と感じた。ますます興味が湧いてきた。
タイとシンガポールの間に有る、突然イスラム教徒の国。
アザーンとかちゃんと流れるのだろうか。。
インドネシアもイスラムだけど、バリはまた違うような気がする。ダハブがそうだったように。


・・・と、いうわけで、決めた!

マレー半島を縦断しよう。
移動は正直面倒くさいが、もーこれだけ忙しい旅だったんだから、最後まで忙しいほうが自分らしい。
フィナーレなんていらない。
終わるなら、移動のさ中で。。

と、いうことで、縦断開始!行ってまいりま〜す。


そしてシンガポール。

今まで会った旅人によると、あまり面白くない、との評判が多かった。
見所は少ないし、普通に都会だし、と。

そんなシンガポールにわざわざ来た訳は、「ペーパーチキン」という食べ物を食べる為だ。

三ツ星フランス料理店のシェフを唸らせたというそのペーパーチキンとやらは、果たしてどんな味なのだろうか。・・・ていうかその前に、三ツ星フランス料理店ってどんなレベルなんだろう???

食べた感想。

「なかなか旨かった。」

しかし、唸るほどではなかった気がする…。結局は、その人の味覚によるのでしょう。
個人的にはケンタッキーの方が旨く感じてしまった…。s

とりあえず、行ってみたら、看板からなにから日本語で、客もみんな日本人の小奇麗な中華料理屋。
そこに一人で入って行って、ぽっつ〜んと子汚いバックパッカーが座り、一杯600円くらいするビールを勧められるが、もちろん頼めるはずがなく、チャイニーズティー一杯(40円くらい)とペーパーチキンオンリーを注文。食べたらさっさと帰るという行為は、なかなか恥ずかしいものが有ったが、目的はクリアー♪
さて、シンガポール、お終い。

・・・のつもりだったが、目的の宿がフルで仕方なく泊まったボロボロの中国人宿みたいなところのドミが本当にボロくって、さらに同室の中国人の若者とおっさんが英語全く話せず。こちらが話しかけてもあまり好意的な感じはなしで、部屋に戻っても相当退屈だろうと思い、ひたすら散歩することにした。そして6時間ほどぶっ通しで散歩しまくった。

最初、なんか無機質なビルが立ち並んでいて、東京を歩いているのと同じような感じがして、つまらないような気がしたが、歩いていたら、結構面白くなってきた。

建物や雰囲気は、やっぱり中国が根幹に合って、それに日本とアメリカがごちゃ混ぜに混じってて、それに薄くヨーロッパの粉をかけた、って感じがした。

そんな都会なのに、人々の顔を見ていると、なんか、ぽっけ〜…っとした表情の人が多い気がした。
日本とか、ドイツとか、トルコのアンカラなんかでも、地下鉄に乗ってる人の顔を見てみると、みんな死人のような顔をしている。
まぁ、都会は大体そういうものだと思っていたけど、何故かここの人たちは、そんな表情ではなく、はしゃぐでもなく、ほんと、ぽけ〜っとした顔の人が多かった。
一昨年行った上海のように、町だけ都会になって、人間が着いて行っていない、という感じもなく、なんか、とてもバランスの良いところだと思った。親切な人も多いし。何が他の先進国らと違うのだろうか。。

とりあえず、同じような都会なんだけど、彼らの方が、希望の有る顔をしている気がした。

きっとまだまだ発展していくんだろうなぁ…ここは。。


まぁ、何が有るでもないんだけど、なんとなく居心地が良かった。
できれば、二人以上で来たほうが楽しかったと思うが。

そーいえば、全く興味なかったマーライオンだったが、あまりにも暇なので行ってみた。

感想。

「かなり気に入った。」

ガッカリスポットと聞いていたので、そのつもりで見に行ったのだが、なんだよマーライオン、かなりウケる奴じゃないですか!

小さな旧(?)マーライオンの横に有る、中途半端に巨大なマーライオン。

その口からは、大砲のような筒を通して、大量の水が、シンガポール川に突き刺さるように噴射されて続けている。

これがまた、ちょっとやり過ぎだろう!
と突っ込みたくなるくらい激しく出まくってる。

横から見た姿は、なんとも愛らしく、かなり癒された。

コンクリート・ジャングルに疲れたら、是非夜の無駄にライトアップされたマーライオンを見に行くことをお勧めします。

個人的には、アンコールワットより気に入りました。

またいつか会いに来よう♪

そして、00時頃宿に戻ると、なんとドミの二段ベットの上に日本人が!こんなところで会うとは。ほんとどこに行っても日本人に会う旅だった。それは日本人宿じゃなくても、レストランだったり、道端だったり…。いつの間にか、会社の5人くらいで細々とやっていた、、というかやり方もよく分からんで旅に出る前まで放置していたmixiのマイミクも、いつの間にか100人を越えた。

「友っ達100人でっきるっかな?」

とはよく言ったもんで、旅中に100人以上友達ができた。

ほんと、いつもいつも良いタイミングで、良い出会いが出来た旅だった♪

さて、その彼、大学生のタハラ君と、朝4時まで語った。

世界情勢の話とか、海外と日本の比較とか、彼がこのアジア旅行で気付いたこととか。

結構まじめな話をした。若者とそういう話をするのも楽しいね。やっぱり僕らとは違う意見を持っているし、見ているところも違う。
有意義な時間だった♪


朝9時頃起きて、朝食を取ってから、早くもマレーシアに向かった。

ふと気付くと、4日にシェムリアップを出てから、もう10日以上一度も連泊していない。
夜行も挟みながら、移動移動の日々。やっぱりそうなると、疲れていても、無理にでも観光しなければならない→それにより、睡眠時間が減る→疲れがたまっていく…

そんな状況ながら、最近は毎日3,4時間しか寝れていない。

こりゃぁ、日本帰った瞬間風邪引くな…

そう思っていたけど、あまかった。。

バスのクーラーにやられ、見事に風邪引いちまいました!泣

鼻水が止まらない〜

もうトイレットペーパー3ロール消費…

体温計故障につき、熱も図れんが、酷い寒気・・・

そして、この宿…、自動操縦で強力なクーラーが利いてる…


さて、最後の最後でこんな状況ですが、移動はまだまだ続きます。ってか、もう最後まで連泊無しです。最早修行です。しかし、だったら寝ればいいじゃんって感じですが、やっぱ、このシュチュエーションで、こんな話ができるのは今しかないわけだから、身体を壊しても、会話優先でしょう♪

明日の早朝、ここから7時間離れたところにある島を目指します!



写真;
1.ペーパーチキン。中身を食う。1



2.中身2



3.教会に無駄に集まるインド人。3



4.いろんなところに大量のインド人が集まりまくってた。4



5.インド人街には、インド人とは思えない、小奇麗なインド人がいっぱい!!しかも、全然こちらに関心を示さない…。インド人とは思えなかった。。5



6.シンガポールの町は、かなりクリーンで綺麗。ちなみに、道にタンを吐いたりすると、罰金を取られる。…でも、煙草はみんなポイ捨て…6



7.やってきてしまいました。日本語も書かれている7



8.新旧(?)マーライオン。…しかし、後で知りましたが、このマーライオン、なんと5匹もいるそうな…8



9.マーライオン(大)9



10.背中になにやら溝が有ります10



11.正面からみたマーライオン11



12.ズームアップ。なかなかガラが悪そうな顔をしている12



13.マーライオンパーク、夜景13



14.僕のベッドの上で発見されたタハラ君w
14



人気ブログランキングに一票