GOEMON
総論:キャラクターの”外見力”を究極的に高めた映画。圧巻の世界観。


「CASSHERN」で長編映画デビューを果たして以来、約5年ぶりとなる紀里谷和明監督の第二作。豊臣秀吉による統治の時代。仮初めの平和を享受する日本に、彗星の如く現れた天下の大泥棒・石川五右衛門。金持ちから奪い、貧しきものに与える彼の活躍は庶民を熱狂させ、義賊として人気を集めていた。そんな中、五右衛門は盗みに入った屋敷からとんでもないものを盗み出してしまう。それは”パンドラの箱”と呼ばれる南蛮渡来の小さな箱だったが、実はその中には織田信長の暗殺に関わる重要な秘密が隠されていた―。

ブログを引っ越しました。続きはこちら


Check 映画の批評・評価・レビューなら映画批評OX Yahoo!ブックマークに登録 映画の批評・評価・レビューなら映画批評OX このエントリーをはてなブックマークに追加 映画の批評・評価・レビューなら映画批評OX 映画の批評・評価・レビューなら映画批評OX 映画の批評・評価・レビューなら映画批評OX