カプチーノとビラーゴ

若い頃に楽しんだ事を 定年前にまた やり出した。クルマやバイクの整備がプロ並みのHPを 見かける。 けど ここは殆どシロウトが あまりお金を掛けないで メンテナンスやツーリングを楽しみながらやってるブログです。

 新型コロナウィルスの感染が 減ってきた。BMW君から 今年初のグループツーリング誘いが来る。
DAEG君から 島根県浜田市(はまだ)の民宿へ行く案が提案される。
ツーリングは久しぶりだし 飲み会が楽しそうだ。
民宿は貸し切りで 新型コロナウィルスの対策も万全である

DAEG君から ルート選定の相談がある。少し前に 「高広広域農道」を走ったことを話す。
方向が合ってるので 選定ルートの一部になる。
北広島方面を横断し ループを描いて浜田市へ向かうプランだ

当初は 梅雨の晴れ間ツーリングの はずだった。予定日の案内があると 全員が賛成になる。
久しぶりなので 無理してスケジュール調整した人もいるかもしれない。
その時点では 曇りで梅雨空の予報である

しかし 出発4~5日前に晴れが続く予報に変わった。そして 前日には梅雨明け宣言がなされた。
2日間共に 35度以上の真夏日予想が出ている。
普通は こんな暑い日にツーリングはしない

今回は 変更せずに行くことになる。梅雨明け宣言前から高温が続き 熱中症で入院騒ぎも出ている。
十分な対策を しなければならない。
梅雨明けだから 夏なんだ。だけど まだ6月。

数年前にもあったが 朝夕は涼しい。子供の頃の夏休みは 「10時までに 勉強しろ」と言われた。
それは ” 涼しい朝に 宿題を片づけろ” と言う意味だ。
しかし 近年は朝から蒸し暑い

今年は 少し前にも経験した夏と似てる気がする。このまま ずっと夏が続くとは思わない。どっかで  戻り梅雨が来るらしい。
戻った頃に 雨予報が出てる。
もっと雨が降らないと 農業者は困るだろう

今回は カプチ君で参加する。車が3台 バイクが3台でバランスを取ろう。暑さ対策で 短パン スポーツ半袖にする。
そして スポーツサンダルで 足元の蒸れを防ぐ

暑がりの私は それでも少し不安だ。
途中で着替えれるように 余分に着替えを持参する

当日起きると 真夏の太陽が降り注いでいる。こりゃ 暑くなりそうだ。朝は涼しい風が吹いており スタート時は 爽やかだ。
今日は車なので 直接道の駅に向かう
Hama20
県道や農道 国道を乗り継いで 道の駅に到着した。既に DAEG君 ビート君 BMW君 キャラ改めビート君(今後キャビート君)は来ている。
久しぶりで 話しが盛り上がる

少し待つと GXS-1000F君が現れる。急がないツーリングなので ユックリのスタートだ。
最初の休憩地は 広島県三次市(みよし)「高谷山展望台(たかたにやま)」に決める

BMW君は 「三次は盆地だから 涼しいかなあ?」と不安を口にする。
私が先頭で スタートだ
Hama20-1
50番台国道を走ると 思ったよりも車が少ない
Hama20-2
日陰を走ると 暑さを感じなくて快適に走れる
Hama20-3




緩やかな右カーブで テレビクルー3人が 道路に向けて撮影してた
少し先では 2人がカメラを担いで向かうところだ。なんの 撮影なのかな?
Hama21




途中に道の駅があるが パスして目的地を目指す
Hama22

三次市街地に入れる この信号を右折する。そこが 「雲海展望台」への入口だ。
車2台は曲がれたが 後続は信号で止まった




Hama23
広い所で停車して 待つ。直ぐに追いついてくる



細い道を登って 暫く進むと看板がある
Hama24


左折すると 一車線の狭い道になる。速度を落として 安全に走る。駐車場には5分程度で 到着する
Hama24-1

Hama27

暑さを考慮して DAEG君は 木陰に停めてる
Hama25






低い山だし 涼しいのか不安だった。歩いて登ると 想定以上に爽やかな風が吹いてる。展望台は 日陰になり涼しくて気持ち良い
Hama28
景色は最高とは言い難いが 暑さを凌いでくれた。
ビート君が 定番の記念撮影を行う
Hama29
2階で撮ったが 景色が見えにくいとの意見で 1階で取り直す



Hama30
「定点カメラ」で Webに情報を届けてるらしい


撮影終わりに これからのポイントを説明する。次は 「高広広域農道」を走ることを話す。
北海道のような景色」が見える所で 止まる事を伝える


先頭で走りだし 暫く下って行くと 直線道路がダウンアップしてる光景が見える。手前で止まると カーブで見え難く 危険だ
Hama32
直線道路終了近くで 停車する
BMW君は 「一番低い所」で 止まると思ったようだ。そのあたりには 野生の鹿が居たらしい
Hama33
メンバーは ” 景色に不満 ”があるようだ。 ”のような”と説き伏せて 集合写真を撮る。
かなり 時間も掛かったと思うが 車は1台も来ない




次は道の駅を目指すことを 話してスタートする

Hama34
そこから 少し下ると一旦農道が終わる。300番台県道に右折し 別な300番台県道へ左折する。直ぐに 高広広域農道への接続路が現れる。
うっかり 走ってたら通り過ぎそうになった

慌てて 右折する。そこは 古い道路らしいが 路面も綺麗だし広めだ。車も殆ど 走っていない。
快適に先頭で走ったが 速度を上げ過ぎだったかも?
暫く気持ち良く走ると 数か所交差点に出る


Hama35
そのまま 直進すれば農道を走り続けれる。全く前方に車が現れず 60番台県道に突き当たる






Hama36
左折して 少し走れば 広島県安芸高田市(あきたかた)「道の駅:北の関宿(きたのせきじゅく)」に到着する
Hama37
暑くなったので バイクと共に 駐車場淵の木陰に停車する



Hama37-2
ここで ランチ予定だ。多種類のおかずを 選んで食べれる方式である。野菜と生姜焼き 麦ごはん 味噌汁で 600円強なのは嬉しい


Hama38
トラック運転手が多いのも 頷ける

ラーメンに特徴があると説明したので 数人は選択してる
Hama39
食べ終えて キャビート君は「これを一度食べてたら 頼まない」と不評模様。私も同意見だが 経験ということで。

ビート君は 良かったと言ってるから 人それぞれ。
食べ終えて 休憩エリアに行く

そこはエアコンが動作しなくて 暑い。外の日陰で 立って話す。こっちが風が通り涼しい。
マップルを取り出し DAEG君にルート確認する。
自分がトレースしたものと殆ど同じだった



Hama40
暑いため 一部の県道を走る所が 私と違ってた。そこまでは 地図を見てたので 私が先導する

Hama41

1桁や300番台県道を乗り継いで 200番台国道を走る。
少し走ったら DAEG君予定の300番台県道に右折する
Hama42



そこからは 山を登って行く道で涼しくなってくる。確かに選定は正しかった。車も居ないし 快適だ。
気持ち良く走ってくと 40番台県道に突き当たる。
そこまでは 調べてたが先は分からない

左端に寄って DAEG君と相談だ。バイクのナビゲーターで走ることになった。少し走ると 200番台国道になった。
こっちは 少し混んでいて暑さを感じる。
暫く進むと 山沿いに入ってきた

そこからは 快適になり暑さも軽減された。車は多いが 苦にならない。が 川沿いでも思ったよりも温度を感じた。
川面が 少しは涼しさを演出してくれると思ってたんだが・・・。




100番台国道を2本乗り換えると  広島県山県郡安芸太田町(やまがた あきおおた)「道の駅:来夢とごうち」に着く
Hama43
中に入り テーブル席で休憩する。冷房が気持ち良い。ビート君は コーヒーを持ってくる。私もコーヒーにしようかとも考えたが 暑いから冷たいものを選ぶ。
BMW君が アイスクリームを食べてる
Hama44

美味しそうなので 買ってきた。カップ形式で ” 2度美味しい ”と書いてある。上に乗ったクリーム部が硬い
そして 中々溶けない。
前歯が弱い人は 大変かもしれない

無理やり 歯で噛んで行くと 下からカキ氷が現れる。これは 食べ応えがあるワ。甘さ抑えめで 旨い。
随分と長く楽しめて 安いアイスクリームでは最高点だった

写真を撮リ忘れてしまった。確か 会社は東京だった。
後日調べると メイトー「バンポソーダ」らしい。
買って食べてみよう

そのうち 高齢の男女が道の駅にやってくる。入口に「歓迎:広島県道の駅4つを巡る旅 御一行様」と書いてあった。
休憩用の椅子や テーブルを譲ろう。
一緒に 席を立つ


外に出ると メッチャ暑い。トイレ横の日陰に行くと 川からの風が気持ち良い。そこで 暫くは立ち話し。

次の休憩地を 広島県山県郡安芸太田町 「深入山(しんにゅうざん)」に決めてスタートする。
今回も DAEG君が先頭だ

Hama45
途中から 40番台県道になる。これは 素晴らしい。交通量は少ないし カーブが丁度イイ


Hama46

暫く走ると 黒っぽい軽自動車が前にいる。途中でDAEG君が 追い越すのかと思ってた

その車が 適度なスピードで走る。違う県のナンバーだったらしいが 「道に 慣れてるんだナ」とは DAEG君の弁。
暫く走って 目的地に到着する。
広い駐車場だが 日陰が無い
Hama100

写真撮影をして 移動しようとする。そこへ カメラを持った人が通りかかる。「広島県に来て頂き   ありがとうございます」と礼を言う。
特に そんな意識が無いから ” 誰も 反応しない ”。軽自動車に乗って 出て行った



Hama47
その後 ホテルに向けてスタートする。10番台県道は 山の中にしてはカーブが緩く 走りやすい。暫く走って 100番台後半国道に左折する。
山方面は 日陰も多く快適だ


Hama48





浜田市街に着き 信号で止まると暑い。信号停車で バックミラーを見ると白バイがいる。
前を走るキャビート君が 右折矢印信号に変わった瞬間に 直進するのではと心配する。

そこは 横断歩道を踏んだ位置で止まった。後に聞くと 白バイは見えてなかったそうだ。
信号が変わるまで 若い白バイ隊員はキャビートをチラ見してた

それも 青信号になるまで 何回も何回も!
他のメンバーによると 「こんな車で走れて 幸せだなあ!」と感じたからだとの分析。
真意は 解らない





Hama49
宿泊予定の民宿に到着し 荷物を片づける。今日は貸し切りなので 自由に騒げるだろう
Hama50
2輪屋根付駐車場では 無い
Hama51
元は 電器屋のようだ。後に 解ることになる

先にシャワーを浴びて 夕食になった。キャビート君が 出てきた右側の風呂に入る
湯舟は使わないで シャワーで洗う。
しかし 水量が弱い

水を出せば 強くなるが湯を混ぜるとチョロチョロ状態になる。暑い時期だから 水で洗う。
冬季は チョッとキツイかな?

食堂に行くと 料理が並べてある。オーナーが捕ってきた魚も 並んでるそうだ
Hama52
乾杯が終わったころにオーナーが 焼酎の1升瓶を持ってくる。
半分弱だったが サービスのようだ

Hama53
年齢を聞くと 93歳らしい。「これから エアコン修理が2台あるので出かけます」と言う。
部品はあるのかを聞くと 「なんとか 対応できるだろう」とのこと。
(今は 半導体などの部品が入らない)
海へ漁に出るし 電気製品は修理するし スーパー90代



来た時に 裏側に電気店の看板が見えた。元の商売は 電気店のようだ。料理は美味しく 酒が進む。後に 「ノドグロ」に煮付けを持ってくる。
これは DAEG君がリクエストしてる

Hama54
やっぱり のどぐろは煮つけだ

以前は大きなものがあったが テニスプレーヤーの「錦織 圭」が「帰ったら ” ノドグロ ” が食べたい」と 喋った。
その後 価格が値上がりし 大きなものが食べれない。
家族が大好きな魚だったが 食卓に上らないようになってる



新型コロナウィルスの影響から 飲み会が少ない。こんな機会は少なく 種々の話題で盛り上がる。次の複数泊グループツーリングの話しもでたが 決定には至らない。
まだ 感染の落ち着きが見えないことも理由のひとつだ

次の焼き魚を食べ終えて 一息つく。暑さで疲れもあるので 早めに切り上げよう。明日の出発時間を決めて 各部屋に戻る。
疲れたのか 直ぐに寝てしまった

**********2日目*****************************************

 起きると今日も快晴だった。間違いなく 暑くなりそうだ。朝食は7時半以降なので ユックリ準備する。
周りの部屋から 物音がしなくなった

Hama55



1階食堂に降りると 他の5人は食べている。
昨日の夕食と同じ席に座ってた。なんか 安心感があるのかな?同じ席に着いて 食べ始める。
海沿いの民宿らしく 魚系のおかずが多い。
私は 朝から魚は苦手だ
Hama57







部屋に戻り 出発準備する。9時出発と 遅めの時間設定だ。ユックリとテレビを見てると また物音がしなくなった。
降りてみると 既に車やバイクを並べて 出発準備中だ。
玄関で 民宿の歴史を聞いてみる

すると 開業27年目らしい。そのくらい経てば 水回りが故障する。聞くと「お金ないから 全く手入れしてません」とのこと。
オーナーが電気業だから メンテナンスがしっかりしてるためだろう

温水洗浄便座や エアコンを取り替えてもらってたから 奥様が気づかなかったのかな?
全体的に 室内が綺麗だ。
全く 手を入れてないとは思えない感がある。
泊まって損はない民宿と 思う


Hama58-3
裏山で 飼ってるウサギ。他の動物に襲われて 数が減ったらしい


外に出ると ビート君が記念撮影の準備してる。キャビート君に促され 窓を開けて車内を冷やす。
ビート君が「今年93歳になられる大将と一緒に 写真を撮りましょう」と誘う。
” 奥様の歳を 鯖読みして ”  テンションアップを狙う

撮影を終えて スタートする。オーナー夫婦に 暖かく送ってもらった。気持ち良く 出発して島根県浜田市(はまだ)「まんてん」へ向かう。
昨日の夕食時 奥様から「」を売り出してるとの情報を得た

そこに行き 桃を買う予定だ。ビート君は 「試食が無いかな?桃は 柔らかくても不味いのがあるから」と言ってる。
私は 買って帰るつもりだった。
100番台後半国道を走り 1桁台県道に乗り換える

この道も 素晴らしい。楽しく走ってると アッと言う間に到着した。写真を撮ってると 直ぐにメンバーが出てきた。
まだ 桃は無いようだ。
中に入って聞くと 午前中に収穫し 午後出荷のようだ
Hama59

近くに直売店が無いか聞くと 場所を教えてくれた
Hama60








そっちに 向かうことになる。すぐに 直売所に着いた。店のガラス戸に 貼り紙がある。
それによると 本日午後からが販売開始のようだ


諦めて 次の予定を決める。休憩地は 島根県邑智郡邑南町(おおち おうなん)「香木の森公園」になった。
そこは ソフトクリームが 美味しい

Hama61
1桁番台県道を走ると ここも気持ち良いルートだ。山岳部なのに カーブは緩やかなところが多い
Hama62

Hama63
クネクネ道も好きだが やまあいの緩やかカーブも好物だ
Hama64
続いて 別な1桁台県道に乗り換える



目的地に到着し 駐車場に停める。歩き出すが メンバーの様子がオカシイ
Hama65

従業員から 「午後2時まで お休み」と聞いたらしい。今日の休業は 3店目になった。次の予定を ビート君の提案で 山の中のパン屋になった。
そのまま ビート君の先導で 一桁台県道を走る




パン屋に着いて 反対側の日陰に駐車する。なんと ここも休業だった。今日は 運が無いワ。
風が気持ち良い日陰で 立ち話しが 盛り上がる。
山の中だからか 気温が低く感じれた
Hama66

次の予定は 島根県邑智郡川本町(おおち かわもと) 「道の駅:かわもと」に決める。ここからは 200番台国道で 一本道だ

Hama67
木陰を走ると 涼しくて気持ち良い




Hama68
給油していないが 山奥ではガソリンが高かった。


少し暑くなったが 短時間で到着する
Hama69


Hama70
前下がりに停めたGXS君は 引っ張ってもらいスタートになった
(前方に道が無い)


Hama71


Hama72
ここで ランチになる。食べたら 普通だね!
Hama73






今度は コーヒーを飲もう。暑くても ホットだ。コーヒーで寛ぐと マッタリするワ。
今回は時間に余裕があり 止まる度にミーティングになる。
これは それで楽しいかも。いつも ギッシリ予定だから。





Hama74
次の予定を決めて スタートする。ここからは 地理が得意なDAEG君が先頭に立つ
Hama75
気持ち良く走れる ” 美味しい道 ” を 選んで進む
Hama76
追随するだけなら ホント楽だ。いつも DAEG君を助けたいと思ってる
Hama77





予定してた 国民宿舎に到着する
Hama78
ツーリング中らしい他のバイクも 日陰に停めてる
Hama79



少し休んで 出発する。次の道の駅を目指す
Hama80





暫く走って 道の駅に着く。ここで 解散になる
Hama81
「暑かったけど 楽しかったネ」などと感想を喋る。確かに グループツーリングの醍醐味を感じた一日だった。
先にビート君が 帰ってく。
DAEG君とキャビート君の3台で 高速道を走る




---------------写真講座------------------------------------
種々な理由で 今年は数回しか出席していない。久しぶりの寸評だった

題名: <夕陽が 眩しいぜ!>

semi-1

講師評:昔はハレーションなど 論外だった。技術を重んじたから。今は 採用する人も多い
    
    ・夕陽に映える産毛が 気になり撮影した。トリミングが悪く 見え難かった。
    ・綺麗な蝉ではないから そんなもんかな?




題名: <アンタの 頂くワ。>

 
yagi

講師評:この写真からみると 「山羊の乳から摂った ソフトクリーム」と 思えるだろう。
    (そうですヨ) そうか! そんなのも あるんだ。


    ・山羊の乳ソフトクリームを食べたから 印象深かった。
    ・待ってたけど 山羊がイイ姿勢や動きをしてくれない。
    ・山羊を もう少し大きく撮れば良かったかも?



題名: <覗きこむなヨ>

semi-2

講師評:これは 蝉の「抜け殻」だな。発想は 良いと思う。中央部が顔に見える
    
    ・顔みたいに見えて 撮ってみた。
    ・「1番目のアブラゼミだよ」とは 言わなかった。
      説明しなきゃ ワカランようではダメだな。 
    ・子供の頃 蝉に近づくと小便掛けて逃げられた。
      近くに寄らずに撮るのは 難しかったんだけどナア!
     

 今年の梅雨は 雨が少ないようだ。雨の隙間を縫って ツーリングに行ってみよう。行先は 広島県神石郡神石高原町ぬく森」カフェにする。
以前に行ったことがあり 走りやすい道が印象的だった。
DAEG君と行った時に また走りたいなと感じたのも選択理由である

山の中を走るだけなので 暑くなっても影響がなさそうだ。雨の予報は無く レインウェアは荷物から降ろす。
天気が良いのは置いといて 間違って覚えてたことがある。
五月晴れ(さつき)」とは 本日のように「梅雨の合間の晴れ」の事らしい

5月の連休などの良い天気を「さつき晴れ」と思っていた。その頃は「ごがつ晴れ」が正しいそうだ。
誤って記憶してることも多いが この件は調べた覚えがない。
勝手に 思い込んでいたのだろう

現在では 5月でも「さつき晴れ」を使う場合もあるらしい。言葉は変化するので 神経質にはなってない。
正しい事を知ると 少しだけテンションがあがる。
雑学が 好きなもんで・・・。




混雑時間に出発なので 農道 県道に迂回する。その後 300番台国道を走る。山を登って行くと 完全に一人旅になる
DSC01945
気温も 心地良い
DSC01950
少し曇り空だが 風が気持ち良い。
何か写真題材が無いかなと キョロキョロしながらユックリ進む






DSC01952
道の駅に到着し コーヒータイムだ。広島県ナンバーの大型ダンプが 打ち合わせ中だった。バイクヘルメットを脱いだ頃に 爆音でスタートして行く。
6台以上が 同時にスタートすると壮観だなあ






走りだすと 相変わらず道路独占状態で登ってく
DSC01953
新緑の葉が裏返る風に 煽られながら進む。下りになると 久しぶりだったのか 新鮮な気持ちで転がす。
特に写真題材も見つからず 100番台後半国道に左折する

DSC01961
少しだけ走ると 元の300番台国道へ右折する。こちらも 久しぶりに走るので所々しか 覚えてない。
そこが 私の良い所かもしれん



DSC01966

忘れた風景を新しい気持ちで取り入れて 満喫できる。野花で チョッと飾ってみる





広島県庄原市東城町(しょうばら とうじょう)までが 想定よりも遠かった。と言うか 楽しめる時間が長かった。
大きなカーブを雄大に曲がり クネクネカーブを素早く抜けて行く






東城町に着き 道の駅でコーヒータイムにする
DSC01969
ここまで来ると 温度が上がってきた。ここからは 川沿いを走る。こちらも ホントに久しぶりで楽しい
DSC01970
ここだったかと思い出す風景に ”一人相槌”や忘れた景色に驚く
DSC01973
随分と走って 予定してた県道に右折する。確か ゴルフ場に向けて走れば良い。途中で 狭い道に右折する。
ゴルフ場の案内板が見えるから 目印になる


そこから 少し走ると 4差路の先に駐車場がある。砂利に注意しながら バイクを停める。そこへ 軽自動車が入ってきた

DSC01978
営業は 週末近くだけ。
DSC01982
二人の女性が 先に登ってく
DSC01983





少し気になる風景があり 写真を撮る。どこでも 子供たちが減っている。以前は スクールバスで通う児童が居たのだろう?
DSC02005




店内に入ると テーブル席が2つだけだ
DSC01985
前に来た時は 奥の部屋で食べた。現在は 整体の施術席になってる。
そこで 高齢女性が施術中だった
DSC01988
カフェで施術の声が聞こえるのは どうかなあ?
私は 好きではない





DSC01992
メニューを見て 「焼きハヤシライス」にする。本場山口県で焼きカレーは食べたが これは初めてだ。
待つ間に 外を見るとゴルファーが見える
DSC01995
ゴルフ場に近いから 当たり前のことか?

その時 二人連れの女性が入ってくる。店主の女性が 「奥の部屋でも良いか?」を聞いてる。二人は施術中の音声を聞いて 怪訝な顔をしてる。
” 気にならなければ 同席でも ” と言いかけたが この御時世で飲み込んだ







DSC01994
料理が運ばれて 食べてみる。悪くない味だが インパクトは低かった
DSC02001
想像通りと言えば 正しいのだろう。何故 ハヤシライスなんだろう?




食後のコーヒーを 飲んで店を出る
DSC02003






ここから 近い位置にある 広島県神石郡神石高原町(じんせきこうげん)「道の駅:さんわ」に行ってみる


DSC02009

今まで数回行った事はあるが 産直売り場が大きいようだ。バイクを停めて 入店すると確かに大きい
DSC02013

野菜など 地元産の食材が多くある。山菜おこわを 買って帰る





DSC02015

ここから 100番台後半国道を少し戻って200番台県道に左折する
DSC02017

少し交通量は多いが 広いし国道よりも路面が良い。快適に走って 20番台の県道に乗り換える。
少し路面が荒れてる所もあるが 総じて走りやすい

そして 前の県道よりも交通量が少ない。少し速度を上げて 爽快感を得ると共に暑さを凌いで行く。快適に走って 広島県府中市上下町(ふちゅう・じょうげ)に着くと 混んできた。
信号で止まると 暑くなった

街中を抜けると 快適な道になる。ここからは300番台国道を走る。前に走ってるが ここも覚えが少ない。
新しい道のように 気持ちよかった。
走ったのは 途中からかもしれん




DSC02020
トイレ休憩で 時々立ち寄る道の駅(休業)




思ってたよりも 帰り道が楽しかった。バイクで走る楽しさが増してくるような カーブや直線が次々に現れてくる。
少し高速になり過ぎたかなと 抑えた時もある。
楽しく走るには 安全が必須。

そこから 300番台国道に乗り換えて 道の駅でコーヒータイムにする
DSC02022
コーヒーを飲んでたら オフロードバイクが来たようだ。
ライダーは降りていて 解らなかった

帰ろうとバイクに行くと 細身の女性ライダーだった。ウェアなどを整え 先にスタートする。ここからは 農道 県道を多用して走る。
信号で止まると暑さを感じるから。

 今年は梅雨入りが 少し遅い。若い頃は 長袖1枚で過ごせる期間が 今より長い気がしてる。
現在は 上着からイキナリ半袖のイメージが強い。
この頃の湿気がない晴れの日が大好きだ

雨の止み間を掴んで ツーリングに行ってみる。まだまだ 新型コロナウィルスの脅威は治まっていない。
そこで 広域農道を走る計画をしてみる

今回は 広島県の「高北広域農道」である。広島県三次市(みよし)西側から 南西に走る道である。
そんなに眺望は望めないが 気持ちよく走れるようだ
天気は良く 最高気温は25度Cの予報がされてる

計画では 農道を走り「道の駅:北の関宿安芸高田」に行く。
そこで「100歳まで 生きれる」が売りの 「ながいきラーメン食堂」で ランチ予定だ。
普通にスタートしたら 渋滞に巻き込まれた

県道を抜けて 50番台国道を走る。以前は単調な構成と交通量の多さで 退屈な道だった。高速道の開通で 物流トラックが減り 走りやすい道になった
takakita20
工事中の場所があり ホンダの125ccスクータに 追いつく。
警備員のOKが出て 進むと前の車を追い越した。
その後 追い越し禁止になり 随分と先に行ったようだ

その後 また工事中の場所があり 追いついた。
手旗信号が進めになり 走りだすと直ぐに登坂車線になる

当然 スクータ君を追い越そう。追随すると 思ったよりも速く走ってる。一先ず 追い越すが付いてくる。
そんな所で意地を張りたくないから 抑え気味。
トンネルをくぐり抜け 下り坂になるとギンギンになってくる

道の駅が見えて トイレに寄る。すると これ見よがしにスピードを上げて 追い抜いた。
スクータでも 色々な楽しみ方があるんだなあ。

スタートすると 全く車が居なくなった。
遅めに走り 景色を楽しむ。どこかに 写真題材が無いかなと探しながら。


takakita22
気持ち良い空気を感じながら走り 「道の駅:ゆめランド布野 (ふの)」に着いた。
2輪駐車場には 「ホンダ ゴールドウィング」が停まってた
takakita21
ルートを探してるように見えた男性に どこに行くかを聞いてみる。山陰地方に行くと言う 言葉と共に「道の駅スタンプを 集めてる」と続ける。
全国にある 約1400箇所の道の駅を 走破する事が目標らしい

現在の状況を聞くと「西日本を中心に 半分弱を終えた」と言う。そこで 紙のスタンプラリーでは無い事が判明する。
スマートフォンのアプリケーションで スタンプを集めるようだ。
たぶん GPSで位置を取得し スタンプ取得になるんだろう

そこで感じたのは 私らのメンバーと同じで「道の駅には 興味ない」事だ。同じ香りを 感じる。
スマートフォンで「スタンプ情報を得られば 満足では無いか」と想像してしまう


地図を見せてもらうと 関東以西は殆ど終わってた。
西側が終わったら 沖縄に行くらしい。「その時は バイクを持って行かない。レンタルバイクです」と 拘りは無いようだ

「ゴールドウィング」は大型なので 「立ちゴケ」を聞いてみる。「買って1年半だけど 5~6回コケた」みたい。
スライダーが付いてるので 普通はそこで止まるらしい

それ以上に傾くと 損傷があるようだ。それで 「以前に倒してしまい バイクが来るのをひたすら待った。
パニアケースは 2回取り替えた」と 屈託が無い

どれくらい走るのかを聞いて 驚いた。1日に1000kmくらいが 普通のパターンらしい。
ツアーメンバーとは 400km以下で 300km強くらいだ。
「高速道でも楽だから 疲れませんヨ。あまり 飛ばさずに100km/Hくらいで走ります」と言う

空いてる道はイイが 普通の高速道で100kmキープは難しい。90km/Hキープなら 簡単だと思う。
100kmだと 直ぐに遅い車に 追いついてしまう。
追い越しても ”キリ”がない

今日の予定を聞くと 1600km走るようだ。あまりの距離に驚くと 「昨日の夜に出て 26時間ですから」と 平気な顔。
こりゃ 邪魔しては時間の浪費だ。
”寝ないのか どうか” も聞きたかったが 驚きで退散した

コーヒーを飲んで スタートする。暫く国道を進むと 調べてきた右折ポイントに着く。そこは 前から看板に興味があった。
だけど 行ったことがなく 今回走ってみる
takakita22-1
広島県三次市(みよし)「高谷山展望台(たかたにやま)」は 看板にある雲海が見えるようだ
takakita22-2






山を登って行くと 想像よりも長い道だった。途中には古い民家も多く 開発住宅街との勝手な想像は 外れた
takakita23


峠の頂上近くに 看板があり 左折する
takakita24

良い季節に来れば こんな風景が見える?
takakita25



そこからは 狭い道で一車線になる
takakita26
登った所に 駐輪場がある。横に道が見えて バイクなら走れそうだが注意書きに従う


takakita27



歩いて登ると 「キャンプ場」の看板がある
takakita34
今は 使って無いような感じだ

takakita28
木製の展望台があり 登る。確かに 三次の町が一望できる

takakita29
勿論 雲海は発生してない。もっと早い時間で 少し季節が違うから解ってるし失望しない




takakita33
写真を撮ってると 話し声が聞こえた

花を写してる高齢ペアが見えて 近づく。
ユリに見えて聞くと 「笹ユリです。花が咲いてる所が少なく ココに来た」。
「乱獲などで 自生が少なくなり保護されてる」と続ける



takakita31
テープと棒で柵がしてあるが どれほどの効果があるかは解らない

takakita32



トレッキングルートに なってるようだ
takakita35






礼を言って別れ 走りだす。温度も気持ち良くなり 農道が楽しみだ。山道を走っていくと どこから農道かは 解らなかった

Webで調べたのは 北海道のような景色があることだ。
二車線の広い道で カーブも緩やかな走りやすい道である





takakita36
どこが ”そのポイント”か解らず ユックリ走る


それらしい直線があり 止まる。でも 違うなあ?こんな景色 一杯あるもん。
takakita37
もう少し進んでも またある。でも ここも違うなあ?







やっと それらしい景色が見える。前方が高くなった 真っ直ぐな道だ。
 ここじゃネえ?
takakita39
でも 車が少ないなあ!かなり走ったのに 出会ったのは1台だけだ。写真も撮ってたのに 後方からは 1台来るくらい。


takakita38
確かに”そうは見えるかな”と感じて 走りだす







農道は路面が荒れてなく ホントに綺麗で素晴らしい。だけど 車が居ない。こんな道を提供してくれる事に感謝して走る
takakita40


気持ち良く走れるが ユックリ走ることを勧めたい道路だ
takakita41
出口に着くと看板があり 写す。その後 300番台県道を走る。少しだけで 別な300番台県道に乗り換える




ホンの少しで 地図で調べた「高北広域農道(中央部)」があった。
でも ”看板も何も無い”

takakita42


少し不安になるが 右折する。少し古い道だが 広くて走りやすい。カーブは緩やかで 路面も綺麗だ

後から調べると 接続路だったようだ
takakita43
暫く走って行くと 農道の看板が木々に隠れて立ってた
takakita44




こちらは少し古いが そんなに路面は荒れてない。カーブは少しだけ 緩やかさが減ってる。楽しい時間は 長くしなくちゃ。

ユックリ目のスピードで 転がしてく。
こっちは 車が多い気がする。しかし チョッと山に入れば空いてくる

快適に走れて 終点まではアッという間だ。県道に左折し 少しだけ走れば道の駅だ。「道の駅 北の関宿安芸高田」に着くと 車が多い
takakita45
レトロな雰囲気で行ってみたいと思ったが 繁盛してる道の駅らしい

takakita46
全国に多くの道の駅があり 黒字なのはどれくらいだろうか? ここは 間違いなく黒字だ

目的のラーメン店に入ると なんとセルフだった。
しっかり 調べてなくて意外だった
takakita48


takakita47
女性が 良く通る声で案内してる。種々な「おかず」が L字型のテーブルに並んでる。
丁度 昼飯時に来たのが悪かった。
前に 20人くらい並んでる


takakita49
ラーメンを頼もうと思ったので おかずは野菜にする。「炭水化物+炭水化物」にならないように 意識はしてる。
小さな積み重ねは 大事だと思う

会計に行くと 番号カードを渡され 席で待つ。ご飯を頼めば 直ぐに食べ始めれるので 少し残念だな。
近くの客も待ってるようだから 暫くはダメだろう









takakita50
やっと自分の番になり ラーメンを受け取る。食べてみると 昔食べたような味だ。
決して 不味いとは言わないが100歳まで生きれるのかな?

takakita51
休憩エリアがあり コーヒーを飲む





ここからは 「道の駅 舞ロードIC 千代田」に行く予定だ。走り始めると 向こう側の空が真っ暗になってる。
前に信州で「馬籠宿」に向かった時と同じだ。
その時の事が蘇り 止めて戻る


その時に看板が見えて 「メロディロード」まで行こうと思った。少し走ると 案内板の所に着く。
しかし 路面は舗装が替えられており 音は聞こえない。
車でないと 聞けないのかな?バイクは 煩いし。takakita52



少しだけ戻ると 空が晴れてきた。確か雨予報は 出てなかったし。ここからは 1桁台県道を走る予定だ。
初めて走る道で 楽しみにしてた。
走り始めると 高速道に並走してるためか直線が多い

そこで 気になる案内板が見えた。「大型車は 離合(すれ違う)出来ない所があります」と脅された。狭い道が続くのかと 勝手に想像してしまう。
とっても 快適な緩やかなカーブを曲がってく

随分先で 急に1車線になる。しかし ほんの少しで普通車以下には全く問題ない。この道は 快走路(交通量とワインディングのバランス)だ。
農道も良かったが この県道も素晴らしい

楽しく走って 三次市まで戻る。ここで 西側の山道を走ってグルっと一周してきた道だ。ここからは 単調な道で眠くなる。 

アップテンポの楽曲を掛けて 走る。暫く走ると 関東圏ナンバーのアウディに追い越された

眠気覚ましに 追随してみる。想定よりも 速いスピードで走るので止めた。疲れてるから ミスするのは良くない。
トントンとペースを落として 走った

このページのトップヘ