クリスマスプレゼントの準備中

ごっこ遊びを楽しむ年頃の、クラスの子どもたち。
先生方の案で、ごっこ遊びを盛り上げるエプロンを、サンタさんからプレゼントすることに。
週末毎に行事もあり、忙しい親には、エプロンは先生方が用意するのでそれにつけるアップリケだけを用意ということになり、私もそうさせていただくことにする。

この週末の土曜日がクリスマス会だというのに、未だにアップリケの準備ができていない。先週末もバザーでつぶれてしまった。そんな中、ご自身も忙しいのにエプロンを縫って下さる先生方には頭が下がる。

アップリケの案はできている。いるかと、月と、時間があればおひさまも。

さいきん、子どものクラスでは、ひとりひとつずつ、子どもたちは動物の絵柄を自分のマークとしてもらった。
子どもはクラスで2番目に小さいことからか、絵柄を2番目に選ばせてもらったとのこと。迷った末に選んだのは、いるかのマーク。
保育園では自分のマークのことを「いるか」と呼ぶようだが、家で母親が、「ほいくえんで動物のマークをもらったのね、なんのマーク?」とたずねると、なぜか「めだか」と答える。
めだかにしてもいるかにしても、子どもがおさかなの形をした動物を選んだのがなんともほほえましい。

さて、今日のお迎えで、さしあたってアップリケに必要な、水色と黄色とオレンジ色とのフエルトと刺しゅう糸とをいただいてきた。
明日の昼休み、まずは頭のなかの絵柄を描いてみなくては。

Posted by wakaba_haha at 23:03
PermalinkComments(0)子ども的くらし | 母おや的くらし