進級後最初の懇談会

夜に子どもを預けて、父さん母さんと担任の先生方が集まる。
2年目で幼児クラスは初めての若手の先生と、中学のお子さんのいらっしゃる先生。どちらの先生も愉快で元気。

進級後の1ヶ月の元気いっぱいでやんちゃな様子や、これから1年かけて3歳児クラスで子ども達に何を得させたいか、また、保育園ではりきる子ども達がお家では疲れていないか、どんな様子か、といった話。

忘れ物をして悲しいことも、友だちとけんかして泣くことも、悪いことは悪いと叱られることも、怪我で痛い思いをすることも。
そういうことも経験させてもらい、成長を助けてくれるのが保育園のよさ。

親は子どもから、悲しむ経験を取り上げてはいけない。

……といった学びを得て、かつ、たくさん笑って、懇談会後も、子どもの月齢も近く親しいお母さんと先生方と雑談などして、子どものお迎えが2人最後に。
最後まで頑張ったごほうびにと2人に、休みの時のみ子どもに特別に与えるお菓子として買っていた、ラムネの小袋を手渡す。
2人、自転車の後ろの椅子に乗ってラムネを食べながら途中までご一緒して、そのまま帰宅。
お腹が空いたというので、夕方に与えたおにぎりの残りを半分食べ、歯磨きして、絵本を読むこともなく夜更かしのせいで「目が痛い」と言いながら11時に就寝。

Posted by wakaba_haha at 23:50
PermalinkComments(0)母おや的くらし | 子ども的くらし