好天、自転車でお出かけ

晴れて風もないので、コマ付き自転車で近所の公園にお出かけ。
午前中は大きな子どもさんもおらず、ひと家族だけ。お母さんと滑り台つき遊具を上り下りする小さな女の子に話しかけたり、自分も滑ったり。
次いで、コマなし自転車の練習でほぼ乗り回せているお兄ちゃんに触発され、子どもも自転車を乗り回し。
別の、小さめの公園では、おばあちゃんと来ていた小さな女の子相手にこれまたお姉さんぶりを発揮。一緒にブランコやまたがって揺らす遊具に乗ったり滑り台を滑ったり電話ボックスに入ったり。

いったんお家に戻り、そのままいつもの万博公園へ、今度は母親の自転車の前かごに乗って。

お昼ご飯はいつものみんぱくレストランでなく、児童文学館付設のレストランに初めて入ってみる。
お子様ランチはなくなったというので、子どもには何がいいでしょう?と尋ねてオムライスを注文。一緒にミックストロピカルジュースなるものも。オムライスは大人向けにそれなりの量のうち半分まで食べる。

こども室では、ばばばあちゃんの絵本など。気軽に来るにはちょっと遠いのでと母親は最初、絵本を借りるのをためらっていたが、たまたま無料配布されている目録の持ち帰り用に用意されていた紙袋を入手したこともあり、やっぱり図書館に来たんだからカードだって作ったんだしと、絵本を3冊借りる。

文学館を出る前に、受付隣のがちゃがちゃで、ピンバッジとマグネット各100円をひとつずつ。マグネットは長新太さんの「キャベツくんとブタヤマさん」の絵が出てきたものだから、母娘して大喜び。子どもは館員のおばさまおじさまに見せて回る。

中央口から万博公園に入り、この春3回目のふわふわへ。20分程の待ち時間を船の遊具のある隣の広場で過ごしてから並ぶ。ふわふわでは、トンネル状のところにもぐったり、ごっこ遊び(キキとジジごっこ、子どもがキキで母親がジジだったりする)など。

その後は、少し時間も遅めになったので、売店で綿菓子やサイクルボートなどのコースは省いてまっすぐ帰宅。
午前に遊んだ公園の前を通りかかると、園の年長さんの女の子と、卒園して小学生のお兄ちゃん、お父さんお母さんのご家族連れがちょうど帰るところに行きあう。
兄妹は自転車で、子どもは母親の自転車から降りて走ってついていき、一緒にご近所のおばあちゃんのお宅の玄関にまであがらせてもらっている。
ご家族は急いで帰られるということで車に乗り、子どもは車にバイバイ。そして、母親は先に家に帰らせて、自分は道に出ていたお隣の猫さんと少し喋ってから帰宅。

半日外で元気に過ごせたおかげで、就寝時刻は8時過ぎ。
一時期、母親の部屋をもらって夜に一人で寝ていたが、花粉症の時期に空気清浄機のない部屋にいさせるのを危惧した母親によってふたたび元の部屋でふたりで寝ている。
昨日から、その自分の部屋で使っていた小さめの布団を持ち込んで、大人用の布団の上に敷いて寝ている。
眠りこんでからかなり長い時間はその布団の上に寝ているが、夜中には母親の掛け布団の中にもぐりこんでくるのが、寒かった頃からの習性になっている。  
Posted by wakaba_haha at 23:50
PermalinkComments(0)子ども的くらし 

喉の菌からくる熱でした

翌木曜になっても熱は下がらず、朝38度、園は休んでお家で過ごす。昼寝もうとうととして、夕方測ると38度5分。
1日様子を見ても下がらないので、夕方にかかりつけの小児科医へ。患者の子どもさんが10人くらい。同じ保育園の年長さんもすぐ後でやってくる。やはり暑かったあとに寒くなったので体調を崩したお子さんが多いのか。
診察、熱の症状だけひどく、喉が赤くなっていて、舌の先も赤くなっているというので、溶連菌の疑いがあるとして調べることに。喉の奥を綿棒でこするので子どもむせる、よく泣かずに頑張った。
15分後、結果は陰性。抗生物質としてメイアクトMSを処方してもらう。薬局でもらってくると専用のコンパクトなパッケージになっている。
夕食後にメイアクトと整腸剤を飲んで就寝。

金曜、熱は37度4分まで下がる。園はお休み、お家で遊んで過ごす。母親が用事で出かけている間は祖父母と共に機嫌よく留守番。ただ、お薬でお腹がゆるくなり、痛みを訴えるのでトイレに行くと固い便の後に下痢になる。

土曜、36度台に戻る。平日の用事が片付かなかった母親に代わり、父親と屋内の遊び場で過ごす。帰りに空港のジブリの店で買い物をしてきて、ちいさなパンちゃんとパパンダのぬいぐるみ(キーホルダー)を連れて帰る。
夕方からは園へ、今月末で引っ越す同じクラスの子どもさんのご家族の送別会。熱が下がるのが間に合ってよかった、最後のプレゼント贈呈の時には再びお腹を痛くしてトイレにこもっていたけれど。

日曜、母親とショッピングモールへ、屋内の遊び場や図書館でのんびり。催し物広場で募金をしていて、子どもたちには長い風船で動物などを作ってくれるというので、子どもはなぜか剣を作ってもらい、早速広場の舞台の上でうろうろ走り回ったりする。

今日月曜からは保育園に復帰。今朝は眠くてつらそう、夜もいつもより早く寝入ったけれど、園では無事1日過ごせた様子。
明日まで通園、その後はお休み。
  
Posted by wakaba_haha at 23:55
PermalinkComments(0)体調・病状 | 子ども的くらし

初めて船に乗る

神戸に出掛けました。
モザイクにてバイキングのお昼ご飯を食べ、遊び場で大道芸人さんの芸を見たり、金魚掬いのスーパーボール版やクジ引きをしたり、観覧車やメリーゴーラウンドに乗ったり、ふわふわ跳ねるところで遊んだり(前はドーム型だったのが、側面が網で出来た風通しのよいタイプに変わっていました)していました。

その後、子どもは生まれて初めて船に乗りました。40分程かけて港めぐりするものでした。
最初は最上階で風に当たり、やがて寒くなったらしく階下におりて、海が波立つのを近くで見たり、客室に入って船の模型を見たりしていました。

港に戻ってからは、久しぶりにドッグカフェに寄って屋外でジュースを飲んでから(一度誤って殆どこぼしてしまいしょんぼりしていましたが、お店の方が代わりのジュースと共にクッキーを持って来て下さり笑顔が戻りました)、頑張って駅まで歩いて、車内でも眠らずに無事帰宅しました。
  
Posted by wakaba_haha at 23:00
PermalinkComments(0)子ども的くらし 

入学進級式、子ども部屋=初めてのひとり寝

土曜は保育園で入学進級をお祝いする会。
はじめは全員ホールに集まって各クラス自己紹介や年長さんの出し物、みんなでお歌など。
次いで、クラスごとに分かれて懇親会。年中クラスは年長さんと合同で、給食室で用意して下さったご飯・鮭・ウィンナーをお弁当箱につめて、近くの公園へ。この2クラスはこの1週間、殆ど毎日この公園にお弁当をつめて歩いて遊んで、を繰り返していた。この1年間、安全のために散歩を控えていたことを思うと驚くばかり。
年中・年長さん合同で5つのグループに分かれているらしく、今日はグループ対抗リレーをするとか。親も子どもに合わせてグループ分け、リレーに先立ち応援合戦など。
リレーの後はお弁当、初夏のようなお日さまを避けて桜の木の下の木陰でシートを敷いて親子で食べる。

お昼の解散の後は、久しぶりに空港へ飛行機を見に行く。
と思ったら、途中の駅で、ここの遊び場に行きたいというので寄って行く。外の遊具のあるところと、屋内の子ども向けスペース。このスペースは体を使う遊具が多く、それなりに広いので走ることもできて(あまり走りまわると危ないのでたくさんは走れないが)、近場にあるのがありがたい。
空港では結局、お気に入りの広告(度忘れしたがなにかの動物がお城のまわりをゆっくりぐるぐる回る)を見て、屋上で段を上がったり降りたり、ぶどうジュースを飲みながら飛行機が飛び立つのを見ただけで帰宅。モノレールの先頭の席に座れてよい景色を見られたのはよかった。

今日の日曜、忙しかったり天気がおもわしくなかったりで延び延びになっていたおひなさまの片づけをようやく終える。
昼から夕方までは近くのショッピングセンターで過ごす。昼ご飯後はそちらの屋内遊び場で遊ぶ。
次いで、羽織るものがどれも小さくなってしまっていたのでそれを買うつもりが、子どもがこれかわいいあれかわいいと選んで持ってくるので、母親より余程まともな服選びができることに感心して結局予定外の服を買わされてしまったり。
あとは図書館に寄り、今日も良い天気なので夕方は近くの公園で遊んだり。ひとりでも結構遊べるようになっている。しばらくしてブランコを漕ぎだすと夢中になったらしく、順番を変わることを忘れてしまっているようで声をかけて、自転車でゆっくり帰る。

夜、しばらく祖父母のところで遊んでいたら、どうやら自分の部屋をもちたくなったらしく、母親が使っていた部屋が子どもの部屋になることに。
敷布団を運びタオルケットを運び枕代わりのタオルを運び、嬉しそうにきれいに敷いて、祖母や母親を招待している。
歯磨きして、急に眠くなったというので入浴は略してシャワーを浴びて、「自分の」部屋に行って服を着て、寝る前にするいくつかのこと(花粉症用の目薬、顔の肌荒れへの塗薬、鼻の掃除)のあとに絵本読み、途中で入眠。
明日の朝まで無事ひとりでこわがることなく過ごせますように。

  
Posted by wakaba_haha at 23:00
PermalinkComments(0)子ども的くらし 

おめでとう!

またまた間があいてしまいました。

この春、子どもは花粉症になってしまいました。
これからの人生長いよー。
それで、お母ちゃんと同じ花粉症友達と言いながらマスクをしていましたが、最近はそれもなく、夜のお薬だけで元気で過ごせています。ありがたい。

先週末から昨日まで、年度替わりの準備で慌ただしい保育園で、お弁当を食べ飾り付けやお掃除をして過ごした子ども。
お弁当箱をピカピカにしてくれてありがとう。

そして今日から年中さん。
園に着くと、子どもたちみんな、今日から○○組(これまでよりひとつ大きなクラス)の○○ちゃん・○○くん、と挨拶されて、嬉しかったり照れくさかったり。
今まで送りの時にやっていた、母親が出かける時の儀式(ハイタッチして握手してキスしてぎゅっして、とまあいろいろ)、もういらんねんと、手を振ってあっさりバイバイ。すごいねえ。
  
Posted by wakaba_haha at 12:30
PermalinkComments(0)子ども的くらし | 体調・病状

発疹ひいたり出たり、うどんに納豆

今朝みると、発疹はあらかた消えていた。夕方の迎えの時にも、痒がる様子はなかった。
保育園では他の子どもさん同様の、室内では半袖半ズボン、外遊びもするように。

帰宅後、自転車用の厚いズボンから薄手のものにはきかえてから、また脚をかき始め、昨日と同じ発疹が出る。化繊入りだったズボンを綿のものに変える。
場所は昨日ほど拡がらず、脚、片腕に少し。風呂もぬるめにして入ると、脚などかかずに遊びながら洗い場の母親を待てる程度。

それでも風呂上がりは温まって痒みが出てしまうので、キンダベート軟膏を塗って、薄手のケットで休ませる。今日は日中から冷えて、部屋もなかなか暖まらないのがつらい。

今日の子どもの創作料理、納豆うどん。おあげとかまぼこを乗せたうどんにさらに、納豆を乗せる。おいしかったらしい。
  
Posted by wakaba_haha at 23:50
PermalinkComments(0)体調・病状 | 子ども的くらし

生活発表会、万博公園(途中)

父親とともに朝から保育園へ。母親は整骨院のために遅れて、子どもの出番に間に合うように。
子どものクラスは中盤に、まずあや取りをする。一本橋(両親指でひっぱる)、おふろ(小指もひっかけて四角を作る)、ダイヤモンド(中指を互いの手のひらの紐に引っ掛けて交差させる)をつくってキラキラと保護者席に光らせて見せる。
最後は子どもが昨日できるようになった、ぱっちんぼうき。まず紐を指にひっかけて準備をし、みんな準備ができたところでパッチンとやってほうきの形を作る。  
Posted by wakaba_haha at 23:00
PermalinkComments(0)子ども的くらし 

ぱっちんぼうきできた

早起き生活も無事1週間終える。

お迎えに行くと、明日の生活発表会にむけてクラスの子ども達と先生達が話し合い、お母さん達と終わるのを待つ。

のんびり帰宅の準備の母親と子ども。クラスの子ども達が別園舎に移動して静かに。
お片づけでつかの間残っていた担任とおしゃべり。先週休んでいたので、ごっご遊び
の劇に入れるかと心配していたんですよと話すと、それが周りをよく見てやっているんですよ、1週間休んでいたなんて忘れるくらいですよ、とのこと。
あや取りのほうきも、1箇所だけ、ねじるところだけ大人に手伝ってもらったら、あとは自分で全部できるようになったんですよ、といろいろ様子を教えていただく。

それなりの降りの中、レインコートを着て傘を差して駅まで歩く。
どうも傘が傾いてしまうので、自分の持ちやすいところを探して持ってごらんと言ってみると、柄を短く持って頭に傘を乗せるようにする。

一昨日も昨日も日帰りジブリの疲れからかお風呂は休んでそのまま寝ていたので、今日は夕食後に遊ぶ時間もなくすぐにお風呂。母親が洗い場にいる間、久しぶりに浮輪で遊んでいる。
風呂あがり、宝物箱(プリキュア柄のブリキのカバン)からあや取りの毛糸を出して、ぱっちんぼうきの練習。最後にほうきの形を作る時に手を叩くのでぱっちんぼうき、子どもはどうもたっちんぼうきと発音しているらしいけれど。

母親に毛糸をねじって指にひっかけるところを手伝ってもらいほうきを作ってはぬいぐるみ達にみせる。
母親も、私も先生に教わったようにできるかなとほうきを作ってみる。
すると子どもは、母親が部屋の片付けなどしている間に、自分で指に毛糸をかけながらねじり、ひとりでほうきを完成させていた。

生まれて初めてのぱっちんぼうき。母娘で大騒ぎ、何回も作っては写真を撮ったり、ぬいぐるみひとりひとりに順番に見せてまわったり。いっぱい練習するねんで、と言いながら。
しまいにはぬいぐるみたちを並べて、ぱっちんぼうき劇場なるものを始めて作り方から全部見せ、観客のぬいぐるみのブタくんにも毛糸を渡して作り方を教えたりする。

子どもは、明日ぱっちんぼうきできるようになってみんなすごいなあって言うかなあ、と言うので、先生に見せたらきっとすごいって言うよ、と答える。子どもさん達は子どもなりにいそがしいから、あなたもそうであるように。
  
Posted by wakaba_haha at 23:45
PermalinkComments(0)子ども的くらし 

日帰りジブリ

朝、いつもと同じ時間に起き、生まれて初めての飛行機に乗って、ジブリ美術館へ。

搭乗口そばの遊び場で待ってから、いざ乗り込む。機内では飴をなめている。中耳炎にかかりやすく耳が心配だったので。幸い子どもは平気。もらった小さな飛行機の模型を組み立てて遊んだり、備え付けの絵本を読んだり。
モノレール、山手線、中央線と乗り換え。母親が懐かしがって窓の外を見ながらあれこれ言うのを聞く。飯田橋から見える川沿いのボートを見て、暖かくなったらあれに乗りに来ようなと母親と約束。

三鷹駅ではジブリバスを見るが混雑していたので次のバス、ほどなく到着。
小さなロビーのような受付でチケットを切符と交換、うしろのトトロに早速「トトロやで、知ってるで」と受付の人に叫ぶ。

子どもは受付の人から教わった短編映画を見たがったが、まず昼食。パンフレットの絵を見ながらカフェを探し出すが長い行列。
そばのビニールの屋根と風除けに囲まれたテーブルに席を取り、父親がテイクアウトのホットドッグ、豆とソーセージのスープ、風の谷のビールという名前のピルスナー、濃いリンゴジュースを並んで買ってくる。
食後にはアイスクリームも。子どもは隣のテーブル席のカップルのお姉さんに切符を見せたりパンフレットを見せたり。笑顔で答えてくれたカップルさんありがとう。

入口近くまで戻り、短編映画を見るため並ぶ。今日の上映は「水グモもんもん」。映画館の入口に短編映画の紹介が並んでいて、子どもはトトロのめいちゃんとこねこバスのお話を見たがったが、まあこればかりはタイミングですからとなだめられる。
子どもにとって生まれて初めての映画。
親の方が盛り上がって(映像と、最後の「声の出演:矢野顕子」に・笑)、子どもの反応は「短かったなあ」といまひとつ?だったが、後で(ねこバスで遊んだ後近くにあったので)寄った図書紹介・販売のコーナーでは、めいちゃんとこねこバスのパンフと併せてこのもんもんのパンフも選んでいた。

次は子どもが楽しみにしていたねこバス。係員さんが順番に子ども達を並ばせて、5分くらい?ずつ遊ばせる。
子どもは「ねこバスの中にまっくろくろすけがいるからこわくて入れない」とかで、ねこバスの周りで中を窺いながら遊ぶ。ねこバスの上によじ登ろうとしてうまくいかなかったが、時間ぎりぎりでよじ登ることができたのでそれなりに満足そう。

その後は、屋上のラピュタのロボット兵の周りを歩いたり、売店ではパンちゃんとパパンダのぬいぐるみを見つけて買ってもらったり、井戸の水をひしゃくで汲んでは運んで排水溝の蓋の穴に流し込んだり。

早めに帰途へついたものの飛行機の振り替えはできず、羽田空港の屋上の遊び場で乗り物に乗ったり、父親とお店を覗いて飛行機のおもちゃを買ってもらったり、早い晩ご飯を食べたり。
帰宅は夜9時過ぎ。お着替え後、飛行機でちょっと遊んでから程なく熟睡。
  
Posted by wakaba_haha at 23:40
PermalinkComments(0)子ども的くらし 

笠地蔵の小さな紙芝居

早起き2日目。
お迎えの時、ちょうどクラスの子ども達は『スーホの白い馬』を担任の先生に読んでもらうところ。正座して静かに聞く。
クラスと園全体のお便りをもらう、生活発表会前の様子を知らせてくれるもの。

小雨が降っていたので自転車でなく歩いてお迎えに来たので、子どもと駅まで歩く。
途中、ケーキ屋さんに寄って、明日の朝ごはんになるマドレーヌなど買う。先日、やはり雨でお店の前を通りかかったときに、いい香りに子どもとふたりでつられて入り、何故かパン屋さんだと思い込んでいたら(クリスマス前には店頭がにぎやかになることを知っていたのに)ケーキ屋さんだったと気づいて、慌てて食事になりそうなものを選んで買ったことが。子どもはもちろんお店のことを覚えていて、

その後寄ったスーパーでは、子どもがじゃがいも、厚揚げ、うどん、チーズを選ぶ。煮物にするのに糸こんにゃくや鶏肉等を加えてレジを通し、駅からタクシーで帰宅。
じゃがいもは、ポテトチップ(手軽にスライスできる道具があって、電子レンジで簡単にチップができる)をつくってくれる祖母へのおみやげ。

明日はお出かけで早いので、マトリョーシカとのかくれんぼもそこそこに、休みにもらった小さな紙芝居をマトリョーシカたち相手に読んであげる。
母親が子どもに読んでやると、子どもは喜んで、自分も母親やぬいぐるみなどに読んであげている。お話も適当というか適切で絵とうまく合っている。

お風呂に入り、お鼻のお掃除(まだ鼻をかめない、教えるのはなかなか難しい)や顔の肌の荒れたところに薬を塗ったりした後、読み聞かせなしで横になっていると抱っこでそのまま寝入る。
  
Posted by wakaba_haha at 23:00
PermalinkComments(0)子ども的くらし