2005年09月01日

スポーツニッポン新聞社へ行ってきました(要プレゼン)

8月29日に、スポーツニッポン新聞社へ行って参りました
 
スポニチ 一ヶ月程前から、スポーツニッポン マルチメディア事業局 局長さんからメールを頂いており、一緒に何か出来たらいいですねとお話を頂いておりました。

スポーツニッポンマルチメディア事業部では、
 
SponichiAnnex(スポニチアネックス)http://www.sponichi.co.jp/
 
というHPを運営されていらっしゃり、新聞とはまた違う色を出してネットを媒介しとした企画の中でページビューをあげたい、その中で何か一緒にできたらというお話を頂いておりました。
 
 
何度かメールのやり取りをしている中で、上京の折には会社の方へも気軽に遊びに来て下さい。一度お酒でも飲みながらお話しましょう。
 
というお誘いを頂いていたのですが、何分、私は思いっきり一般人・・・
会社の名前を聞いただけで、もちろんビビリ及び腰です・・・
 
まして、私なんかに何ができるというのかという懸念と、世の中怖い事いっぱい・・・と思っている私はなかなか重い腰が上がりません。
 
ですが、今回は沙羅さんが同行してくれるという事になり、人生色々、最初から面識のない方とお酒を飲むという事には抵抗あるけれど、折角の機会だからまずは会社へお邪魔して、どういう方なのかお会いしてみようと思い行って参りました。

スポーツニッポン新聞社は江東区の越中島にあり、沙羅さんと私は八丁堀から京葉線で向かう事に。
時間がギリギリになってしまい(←いつもこんな私・・・汗)ホームに入ってきた電車に迷わず飛び乗りました。

着いた次の駅は・・・・


新木場・・・って(泣




快速に乗ってしまい、越中島駅をまんまと通り過ぎ、新木場まで行ってしまいました・・・
窓から見える越中島の駅を呆然と眺める私達はこの時点で訪問時間を大幅に遅刻確定・・・汗

新木場の駅から、電話を入れ、事情を伝え遅れる旨を伝えたものの、最初からこれじゃどうしようもないなぁ・・・と深く落ち込みモード・・・
そもそも緊張しているところにまんまとダメ押しです。

20分の遅刻の末にようやく到着したスポーツニッポン新聞社。
ここまで来たらなるようにしかならないという事で腹をくくる覚悟を胸に新聞社へ入ります。

会議室?へ通され、そこでマルチメディア事業局局長の細野さん(沙羅さん曰く吟醸番さんのようなダンディな方)、企画開発部の佐藤さん(橋本弁護士のようなイケメンの方)、メディア編集部の緑川さん(とフレンドリーな雰囲気でとてもお子様がいるように見えない若々しい方)、株式会社サンマーク出版の桑島さん(親近感を感じるプリティーウーマン)とお話をさせて頂きました。

先に、こういう案を考えてみましたと企画案を見せて頂くと、そこには

◆女道(おんな・みち)〜いい女の百人斬り〜企画案

趣旨は25〜45歳の女性にスポットを当て、その女性の仕事や生き方を探る。読者にこれからを問題定義する企画特集。100人斬りを目指し週一回更新。

対象:25〜35歳の女性→これからの自分への生き方へのあこがれを喚起
   35〜50歳の男性→凛々しい女への憧れや自分の生き様への問題提起

企画案の中では第一回が私という事で、続き女医、スチュワーデス、スポニチ女性記者、バレリーナ、元スポーツ選手、モデル、銀座のママ
と8回までは、個人名も上げた上ですぐに現実可能な方が連なっていました。

話をしている中で、一回一回対談をする人を変えるだけで、私がコメンテイナーになってみては?という話になり・・・
毎回、さしでお酒を飲みながら対談し、私が後日文章をあげるという案に発展。

う〜ん・・・う〜ん・・・

とても楽しそうなのですが、私にできるのでしょうか?
そもそもそういった方々を前に、気後れしてしまう可能性大・・・大汗

それに、私は色々な知識も引き出しも多い人間ではないし、ミーハーでおのぼりさんという事は誰にも負けないという取り柄しかなく、スッチーなんぞと対談した日には、聞く内容が、

「やっぱりいわゆる三高と言われる人としか合コンはしないのですか?」

なんて会話が繰り広げられる事が目に見えております(爆

と言うと、そういうのでいいんですよ〜

とのお返事が。(いいのか?本当に 笑)

普通の人が知りたいな、聞きたいなと思う事を、素直に代弁する事に意味があるらしく。

しかも、現在の作業、仕事に支障がないようにしてくれるというお気遣いも頂き、私のHPの趣旨もよくご理解頂いているので、そのあたりもきちんとこちらの希望を汲んで下さるとの事でした。

「何か、こういう事がしてみたいという事はありますか?」

と聞かれたので、私は今のHPがあるもの、HPにきてくれている方々の多大なご協力とご支援、ご理解あってのものであり、いつも助けてもらい守ってもらっています。
みんなから意見をもらってもいいですか?

と聞くと、それも面白いねという事になりました。
最初から、大きな企画をこなす事は私にとって負担になる可能性があるので、まずは、私のHP内で色々案を温めて、その中で実現可能な事は、スポニチさんがバックアップしてくれるという話になりました。
(あくまでもスポニチさんは自社のHPアクセスアップを今までにない企画物で果たすという案を練っていらっしゃり、その目的を果たすべくたまたま白羽の矢が当たったのが私と言う位置付けを念頭においてご意見を頂けたらと思っております)

今の世の中、ネットを繋げば、世界中の人と瞬時にコミュニケーションをとる事ができます。
便利である反面、怖い部分も沢山あります。
けれど、私はネットが出来る現在に生きているからこそ、色々な人と出会う事ができ、その中で大きく自分の世界を変える事ができました。

それは私個人の力ではなく、支えてくてる皆さんが温かく、励まし支えて下さっているからだと感謝しています。
何か新しい事をするのであれば、皆さんと共に築いていきたいと願っています。
一緒に楽しみながら、みんなで一つの事をして喜びを分かち合っていきたい。

今回の話はまだまだとかっかりであり、これからどうなっていくのかは分りません。
私の力不足で、全くの白紙になる可能性もあります。
でも、何かできるとしたら、私は皆さんと共に作り上げていきたいです。

今日、お話をさせて頂いた新聞社の方々も、ネットを介して企業対個人という繋がりがどういうものになっていくのかにとても興味があるそうです。
オフ会があれば、皆さんで参加してみたいとも・・・笑

というわけで、皆さんのお知恵をお借りできたらと思っています。

尚、こちらのブログへコメント頂いてもいいですし、ブログ自体は更新されていくと記事がどんどん下へいってしまうので、掲示板も使って頂けたらと思います。

沢山のご意見をお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wakabajirushi/30889235
この記事へのコメント
お、なんか面白そうですね
若葉さんが気があるんやったら応援しますよ〜

今んとこ深く考えておりませんので、私の考察は後日(笑)
↑ヨッパにより、陳謝…
Posted by 酔っ払いくま at 2005年09月01日 01:46
大きなチャンスが舞い込んできましたね。
結婚後は日本酒業界という狭い世界でお仕事をされてきたと思うので、色々な分野の方に出会ったり、ゼロから企画するのは自分を成長させる素晴らしい機会になると思います。
造りの季節などは大変かもしれませんが、周りのサポートを信じて頑張れ!
若葉さん沙羅さんとの共同企画になるのかな?

Posted by HOROYOI at 2005年09月01日 08:57
おおっ、スゴイ事になってきましたね。

メジャーデビューですね。
マスコミは味方につけたら強いですよ。
本当の日本酒の普及活動の手段になるといいですね。

頑張って下さい。
Posted by 酉蔵 at 2005年09月01日 09:55
面白い企画ですね。
好奇心旺盛な若葉さんならできると思いますよ。

また、いろいろな方と知り合うことで
新しい発見ができると思います。

どんどん、チャレンジしていってみてください。
同じ女性として、影ながら私も応援しますね。
Posted by おこ at 2005年09月01日 10:13
進んでこそ道は出来ますぞ!若葉さん
Posted by 今日は“超”悪魔ッ子 at 2005年09月01日 12:35
 おおっ、これは面白そうだ!
 若葉さんの文章は素直でユーモラスで好きですよー私。若葉さんってキャラも立ってるし!オフレポ書く感じでいってみては?今から楽しみです♪
Posted by 葉 at 2005年09月01日 13:54
若葉さんらしさが生かせる素敵な企画ですね♪
うんうん。若葉さんが司会?がいいです。
で、ついでに全国まわっていただけると嬉しい♪
無理なら若葉さんがいきたいスポットでロケ!!!
それとか沙羅さんにマッサージされながら取材というのは?
なんか普段は聞けないことをしゃべっちゃいそう。
先日の人力車の記事の感じが好きです。
っと喜んで書いてみましたが対象年齢が・・・・過ぎてる(哀
Posted by あんも at 2005年09月01日 16:40
チャンスは誰にでもくるものではありません。
肩ひじ張らずにやってみたら?

人見知りするタイプであれば対談は難しいかなあ、相手の魅力(キャラ?)を引き出さないといけないしねえ。
対談って相手に対して全くの予備知識がないととても失礼になってしまうこともあるかもしれないけど。
若葉ちゃんの魅力が発揮されることといいですね。
Posted by てく at 2005年09月01日 23:46
>本当の日本酒の普及活動の手段になるといいですね。

酉蔵さんの意見に賛成です。
大した力になれません協力しますよ。
Posted by 桂自然 at 2005年09月02日 14:51
すいません、文字が抜けてしまいました。

>大した力になれません協力しますよ。
でなく

大した力になれませんが協力しますよ。

でした(汗)。
Posted by 桂自然 at 2005年09月02日 14:54
>>酔っ払いくまさん
好奇心は旺盛ですので、やってみたいなぁと思いながらも、自分の実力が追いつくのかが一番大きな心配だったりします。
ネットを介して私を見ている中で、こんなんならばできるんじゃないの?というものがあったらご意見頂ければと思います。

>>HOROYOIさん
沙羅さんは、あくまでも尻込みしている私の付き添いに来てくれただけでして(汗
けれど私の中では、一度乗りかかった船だから「色々と」よろぴく♪と頼んであります(爆
ゼロから企画を立てるにしても、どういうのがいいでしょうね〜?
(↑出た!他力本願 笑)
Posted by 若葉@管理人 at 2005年09月02日 15:22
 週一回、100人とはかなり大きな作業ですね。でも若葉ファンとして、日本酒ファンとしても面白そうな企画なので挑戦して欲しいですね。”100”を初めに宣言してしまうとそれに届かないと失敗という気持ちになりかねないのでうたわないほうが楽にやれるのでは?
 週一回で更新するのでなく、blogみたいに過去の記事も読めるようにして欲しいなぁ。コメントをできるようにすると荒しにやられちゃうのでしょうが、マルチメディア事業局さんにがんばってもらって・・・。対談相手にも最後にコメントしてもらうとか。
 若葉さんは芸能人になってしまうのでしょうか?いいともとかスマスマ(まだやってるかな)にもでちゃったりして。その時はテレビ見ますからね。
Posted by ちゃ at 2005年09月02日 15:33
>>酉蔵先生
いえいえ(汗
まだ具体的に何をするって決まったわけではないですし・・・
私の中では、本当にこの話には先があるのな?という気持ちもあったりして。
でも、私に本当に何かできるとスポニチさんに判断してもらえたら、一生懸命やってみたいと思っています。
その時には、色々相談にのって下さいm(_ _)m

>>おこさん
好奇心は旺盛なんですけどね〜笑
好奇心がちゃんと仕事として成果を発揮してくれればいいなぁと思います。
私の場合、やると決まると覚悟も決まるのですがそれまでがウジウジしますので・・・笑
これからもお尻をたたいて下さい(爆
同性の人からの応援って心強いです。
同性に好かれない人は人間として好かれない気がしてしまうので・・・笑
Posted by 若葉@管理人 at 2005年09月02日 16:36
>>悪魔ッ子さん
今日は「超」悪魔ッ子さんなんですね〜汗
何かありましたか?
道は進まなくては道にならない・・・
自分の道は自分で切り開かなくてはいけないですよね。
今までは人生の選択をする時、私の場合相手に依存するものが大きかったのですが、それは今となっては責任を負いたくない気持ちの表れだったと思います。
自分の未来は自分で責任を持って選択していくからこそ、自分らしく生きれるんだと思う今日この頃です。

>>葉さん
スポニチの方にも、あまりかしこまらずに自分らしくいてくれればいいといわれました。
真に受けて考えていいのだとしたら、本当にありがたいお話であり、こんなお話は二度とないのでは?なんて思ってしまいます。
一度しかない人生ですから自分ができる事はなんでもチャレンジしてみたいなと思っています♪
キャラ・・・立ってますか?私(笑
Posted by 若葉@管理人 at 2005年09月02日 16:37
>>あんもさん
全国回れればあんもさんにも会えるかもしれませんね〜笑
しかし、コストがかかりそう(汗
色々な人と会う事は楽しそうですよね。
自分の人間性の幅が広がりそうな気がして。
でも、皆さんキャリアウーマンの方と対等にお話できるのかが不安・・・汗
もし色々な方とお話するとしたら、幅広い職種のお勉強しなくてはいけませんよね。

>>てくさん
確かにチャンスは自ら掴み取らなくてはなんの成果も残してくれません。
成功者の人というのは、チャンスを上手に生かせる人だといいますし・・・
やってみたいなぁという気持ちと、相手の希望に添えなくてご迷惑をかけるのでは?という気持ちが同居している今現在。
皆さんからアドバイスを頂く中で、少しずつ自分に自信と出来る事を明確にしていけらたと思っています。
Posted by 若葉@管理人 at 2005年09月02日 16:40
>>桂自然さん
蔵元のお嫁さんが何かをするという事で、少しでも日本酒の底上げに協力できたらいいなぁと思います。
今現在では、何をするともはっきり決まったわけではないので、気の早い話ですけれども・・・汗
Posted by 若葉@管理人 at 2005年09月02日 16:41
>>ちゃさん
あはははは!芸能人って・・・ちゃさんって面白い人ですね〜笑
気が早すぎますってば(↑といいつつ自分も気の早いコメントをしていますが 笑)
一般の人のコメントが付くようにすると、親近感はわくものの、やはりあらされる事を懸念しておられました。
その際にはターゲットは私になるでしょうし・・・怖っ!
ドメインはスポニチさんのところになるので、ブログはちょっと難しいかもしれません。
けれど、その際に、私のHPアドレスを貼ってもいい(これは自由)と言われているので、コメント自体は私のブログに付く可能性も・・・
スポニチさんのサイトできちんとした文章を上げて、私のHPの方で裏方の話をするのもおもしろいのでは・・・という話も。
有名人に会えるなら、慎吾に会いたいなぁ〜(勝手に妄想悶え中 爆)
Posted by 若葉@管理人 at 2005年09月02日 16:43
何かゼロから企画とした場合、今現在のスポニチさんのファンに興味を持ってもらえるものとして考えると、
「ビギナーズラックは本当か?レポ」←競馬をやってみる
とかもいいかな?汗
と思ったり、
新しいコミュニケーションツールであるネットというものを題材にとるのなら、色々なHP管理人さんと対談というもの面白いかなぁと。
2ちゃんのひろゆきさんとか、実在の電車男さんとか・・・笑
うぅぅ・・・でもどちらの方も2ちゃんねる効果で荒らされそうかな・・・汗
(個人的には興味ある 笑)

ここの常連さんだけでもHP所有率高いですから、紹介しながらレポっていうのはどうでしょう?
Posted by 若葉@管理人 at 2005年09月02日 16:44
若葉さん、凄いことになっていますね。
若葉ワールドの輪(和)がどんどん大きくなり沢山の人との出会いがありこれからもっと楽しくなりますね。
これからのご活躍を楽しみにしていますのでガンバ!!
Posted by 毎日君 at 2005年09月02日 18:52
単純にアクセス増やすだけならプレゼント?
プレゼントならやっぱり日本酒。
それだけでは面白くないのでプレゼントは地方の小さな地酒蔵まで取りに行く。
せっかくなので読者参加で蔵元見学後に蔵元さんと飲む。
マニアックな人ばかりでも面白くないので、男性、女性よんで合コン風?
料理は美味しんぼで各県対抗で出していたような郷土料理中心。
蔵見学からお食事会までの模様を若葉さんがオフレポ。

うーん、色々な手配を行う仕事&コストにかなり負担がかかりそう。



Posted by HOROYOI at 2005年09月02日 20:51
追記
↑の狙いは、スポニチという大メディアを利用して、魅力ある蔵元の宣伝をしちゃおうというところ。
参加者が蔵元の素顔、面白さを引き出してくれることを期待して(笑

Posted by HOROYOI at 2005年09月02日 21:03
若葉さん、おもしろそうな企画ですね。
がんばってください。

スポニチさんの企画は、対談ものだから、日本酒に絡ませるのは難しいかなと思ったんですが、企画そのものが設計段階なんですね。
HOROYOIさんの案は、蔵元の輪でしょうか。
Posted by きのさき at 2005年09月03日 00:43
若葉さんも書いてますが、アクセスアップという観点から
アクセス数のある有名ブログの管理人さんと対談ってのは
いいアイデアだと思います。
そこで天然若葉の魅力(笑)で管理人と獲りこみましょう!
スポニチの名前も上手に使って、ブログを開設している
スポーツ界の有名人などの対談も目玉になるでしょうね。

つづく
Posted by 明@由紀の酒 at 2005年09月03日 07:02
具体的な企画としては
相手の土俵で勝負するスポーツ対決!
相手に種目を選んでいただいて、若葉さんが対戦するんですが、
助っ人もありってことにすれば面白いと思います。
相手がその道のプロの場合、例えば野球選手の場合
さすがに野球対決は無理なので、その方の次に得意な
スポーツ勝負ということにしましょう!
相手が勝った場合は日本酒プレゼント
間違って?若葉さんチームが勝った場合は視聴者プレゼント。
もちろん相手が勝った場合は
天然若葉の魅力で何かおねだりして
GETしたものを、視聴者プレゼント。

なんてどうかな♪
何故か?これを書いてるとき
古田敦也氏を思い浮かべてました。。
Posted by 明@由紀の酒 at 2005年09月03日 07:02
皆さん、すごいアイデアをお持ちですね☆
若葉さん、いろいろ不安もあると思いますが、応援団がいっぱいついていますから、頑張ってください♪
Posted by ぷっち at 2005年09月03日 15:58
こんにちは!
ブログを読んでいて思ったのですが、みんなが「わくわく」してこの企画を見守ってますよね。そういうのってすごいと思うんです。
『チャンスの女神は前髪しかない』
どうぞ女神の前髪をつかみとってくださいね。

企画はやっぱり食べ歩きがいいと思いますよ(笑)日本酒に光をあてて、全国の「日本酒とあて」というコンセプトでいけばおもしろいと思います。料理単体の企画は見たことあるけどお酒とのバランスで・・というのは見たことがないので(私だけ?)

またおもいついたら投稿しますね。
Posted by ponsuki at 2005年09月04日 15:50
>>毎日君さん
私も思ってもみないお話を頂き、びっくりです。
でも、なかなか私のような環境下(蔵元の嫁)で自分の可能性を確かめるというチャンスは望んでもやってこないものだと思うので頑張りたいと思っています!

>>HOROYOIさん
オフレポ・・・
そういえば、NANAさん歓迎オフ以降のレポがまだでした・・・汗
蔵めぐりとなると、利き酒大会で優勝をしたHOROYOIさんの心強い助っ人をお願いします(笑
Posted by 若葉@管理人 at 2005年09月06日 16:21
>>きのさきさん
対談は一案という形で、こちらではこちらで色々な案を膨らませて下さいと言われています。
なんでも自由に考えるからこそ、思いもよらない画期的な案が浮かんだりもすると思うので。
非現実的なものであっても、そこから何か浮かぶかもしれないし、とりあえずは窓口を広くもって案を頂けたらと思っております。

>>明@由紀の酒さん
スポニチ企画若葉印会議室の掲示板の方へもカキコありがとうございます♪
そちらでもレスしたのですが、スポーツ選手と絡めるのであれば、こちらからもそのスポーツのファンの人に助っ人に来てもらい、スリッパ対決卓球・・・笑
古田さんは、暖かいくてフレンドリーな雰囲気があるので、
こういう企画が実現しても笑顔で一緒に楽しんでくれる気がします♪
Posted by 若葉@管理人 at 2005年09月06日 16:34
>>プッチさん
私がこれまで色々な会へ参加したり、ネットでのコミュニケーションになれてきたのも、全て皆さんが応援して下さったからです。
皆さんからの応援は、勇気とやれる!という後押しをしてくれます。
プッチさん、ありがとう!これからも宜しくです〜♪

>>ぽんちゃん
そうですね、女神の前髪をしっかりと掴みたいと思います!
自分の為にも、励まし、協力してくれる皆さんのためにも。
私は意外と?小心者であり、自分の足元がしっかりしていないとなかなか行動に結びつかない人間です。
なので、みんなの応援はとても心強いんです。
ぽんちゃん、ありがとう♪
Posted by 若葉@管理人 at 2005年09月06日 19:46