2018年08月01日

「習い事三昧・塾通い・私立受験」の末路


■「子供が望むなら」“教育費は聖域”と考える家庭

同世代の2人の子を持つ2組のご夫婦。将来の明暗を「教育費」が分けることがあります。

GOOD家夫妻は、小中高大と国公立出身。だから、子どもの進学についても私立は一切念頭にありません。自宅近くの公立中に通う中3の長男と中1の次男ともに補習塾のみ。とはいえ、首都圏の国公立大に現役で合格するとなると、それなりの準備は必要。大学受験のための塾代だけは、今から蓄えています。また子ども2人とも学資保険に入っており、18歳のときに200万円ずつ受け取れますので、大学4年間の授業料のかなりの部分をこれで賄えます。


一方のBAD家では、幼児期から複数の習い事。中1の長女を「校風がよくて安心だから」と、私立中高一貫校に進学させました。すると小4の長男も中学受験をしたいと言い出した。本来ならここで、長男には中学受験をあきらめさせるべきでした。なぜなら、B家は老後に備えた蓄えがゼロに等しかったのですから。

しかし、結局は長男にも受験塾へ通うことを許してしまいました。こうした家庭は、子どもの教育にかかる費用を“聖域”と考えていて、「子どもが望むなら」と、どんどんお金をかける傾向があります。

仮に何とかお金を工面して、長男も私立中高一貫校へ進学させたとしても、長女が大学に進学する頃、貯蓄が乏しいB夫妻の老後に対する不安は一気に高まるはず。夫が50代となり、役職定年や再雇用などで給与が大きく引き下げられる現実が目の前に迫って初めて、そこに気づくのです。

すると頼りたくなるのが貸与制の奨学金。しかし、月12万円ずつ借りると4年で約600万円。子どもたちにそんな大きな借金を背負わせていいものでしょうか。それに奨学金は、子どもの口座に振り込まれる点が曲者。子どもは自由に使えるお金と勘違いし、飲み代など交際費に使ったり、ひどいときは友達にごちそうしたり。特に私立校生は、周囲に裕福な家庭で育った友達が多いですから、そんな金銭感覚になりかねません。

十分な収入や貯蓄のない家庭の親御さんのなかには、「うちは給料を貰える防衛大学校に行かせる。奨学金なんて借りなくても大丈夫」と気軽におっしゃる方も。しかし防衛大は人気も偏差値も高いし、向き不向きもあります。誰もが選べる進路ではありません。

夫が65歳になったとき、G家は退職金を除いても2000万円近い貯蓄がある一方、B家は500万円にも遠く及ばないかもしれません。



2018.8.1

プレジデントオンライン から転載


   

↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』




wakabanavi01 at 23:47|Permalink 中学受験 | 私立

2018年05月08日

受験の「プロ」が選んだ、「グローバル」と「理数」に強い中高一貫校ランキング


受験の「プロ」が選んだ、「グローバル」と「理数」に強い中高一貫校ランキング〈dot.〉

 
近年の社会の変化を受けて、多くの中高一貫校が重視しているのが、グローバル教育と理数教育だ。その中で、本当に力を入れている学校はどこなのか。「カンペキ中学受験2019」(朝日新聞出版)から、「受験のプロ」とも言える学習塾の塾長・教室長が選んだ中高一貫校をランキングでお届けする。


【グローバル教育に力を入れている中高一貫校ランキングの続きはこちら】

*  *  *


 首都圏の301学習塾の塾長、教室長に、「グローバル教育」と「理数教育」に力を入れている学校を聞いた。5校連記で記入してもらい、最初の学校を5ポイント、次を4ポイント……として集計した。

 表を見てほしい。「グローバル教育に力を入れている学校」のトップは三田国際学園だ。15 年に戸板中・戸板女子高が共学化して校名を変更し、グローバル人材育成に力を入れる学校に生まれ変わった。2位は八雲学園だ。創立以来、英語教育に力を入れ、英語の授業時間数が多いことで知られる。今年から共学校に替わる。以下、目白研心、広尾学園、佼成学園女子の順となった。すべて共学校と女子校だ。16位の文化学園大杉並も今年から共学校に替わる。

 全体を見ると文部科学省が推進する国際的に活躍するグローバル・リーダー育成を目指した「スーパーグローバルハイスクール」の指定校が多いのも特徴だ。

「理数教育に力を入れている学校」ランキングでは、トップは昨年の4位から躍進した宝仙学園だ。元は女子校だったが、07年に共学の理数インターを設置し、理数教育に力を入れている。2位は東邦大付東邦、3位は広尾学園、4位は文京学院大女子、5位は小野学園女子だった。

 全体を見ると東邦大、芝浦工業大、工学院大、東京電機大など、理系の大学付属校が目立つのが特徴だ。高大接続教育への期待や、大学の協力を得た施設、設備が整っていることも理由と見られる。また、海城、攻玉社、豊島岡女子学園、巣鴨、吉祥女子など、理数教育に力を入れている上に、大学合格実績で理系に強い学校も評価されていることがわかる。

(大学通信・安田賢治)


アエラ 2018.4.30  から転載



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』





wakabanavi01 at 17:41|Permalink 中学受験 

2018年05月02日

リケジョ急増中!? 医学部合格率トップ2はともに女子校だった! 首都圏中高一貫校ランキング


リケジョ急増中!? 医学部合格率トップ2はともに女子校だった! 首都圏中高一貫校ランキング〈dot.〉

表中の「国」は国立、「私」は私立、「公」は公立。2017 年のデータ。合格者数は現役と浪人を合わせた人数



「リケジョ=理科系女子」という言葉が使われるようになって久しいが、どうやら医学部受験においても最近このリケジョが躍進しているらしい。「カンペキ中学受験2019」(朝日新聞出版)から、首都圏中高一貫校の国公立大全医学部と私立大全医学部の合格率(ランキング(2017年データ)をお届けする。

【ランキングの続きはこちら】

*  *  *
 
表は防衛医科大学校を含む全国公立大医学部と全私立大医学部の合格率(現浪合計の合格者数÷卒業生数×100)ランキングだ。医学部人気は高いが、難しくなり過ぎて高値安定の状況になっている。こうなってきた一因は医学部の定員増。定員増により狙い目になったと考える理系の受験生が医学部を目指すようになり、志願者が増えたのだ。

 07年の7625人から、18年には9419人と1794人、23.5%も増えている。この2年の間に宮城県仙台市に東北医科薬科大医学部、千葉県成田市に国際医療福祉大医学部が新設された。

■医学部合格率1位は桜蔭、2位は白百合学園

 合格率トップは桜蔭の63.25%だ。2位が白百合学園の48.26%でともに女子校だ。別学校が強く、トップ10は女子校4校と男子校6校で、トップ30を見ても共学校は5校だけだ。手に職をつけたいと考えるリケジョのトップ層が、医学部を目指す傾向が強く、女子が増えていると見られる。

 その合格の内訳を見ると、トップの桜蔭は国公立大が53人、私立大が95人だ。2位の白百合学園は国公立大9人に対して、私立大は74人で、私立大合格者が圧倒的に多い。他でも共学校トップの11位の秀明、15位の光塩女子学院、23位の浦和明の星女子など、国公立大合格者がひと桁の学校も少なくない。

 これには医学部の偏在が影響している。国公立大は1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)には4校しかなく、防衛医科大を加えても5校だ。一方、私立大は16 校あり、全私立大医学部31校の半数以上に上る。首都圏で私立大医学部を目指す受験生が多いのは、無理のないところだろう。

(大学通信・安田賢治)


2018.4.27 アエラから転載



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』





wakabanavi01 at 04:14|Permalink 中学受験 

2018年04月18日

「附属志向」は今後も続くか? [中学入試]


ここ数年、中学入試の傾向として、大学の附属校や系列校に志望者が集まる「附属志向」が続いています。今回は「附属志向」の背景と今後の見通しについてお話しします。


特に女子に顕著な「附属」「共学」志向

最近、私が昔教えていた塾の「同窓会」がありました。かつての中学受験生たちは、今は40歳代になっており、わが子の中学受験に直面しています。
その中の一人の、「大学入試がどう変わるかわからないから、進学校は不安。今附属校に入れればそのほうがいいですよ」という女性の話が印象的でした。

「大学入試改革の方向性が不透明」ゆえの「附属志向」、とは以前から指摘されてきたことですが、あらためて当事者の声を聞くと「やはりそうか」という思いがありました。

また、2016年度からの私立大学の定員厳格化により、早慶やMARCH等の倍率が上がったことも、「附属志向」に拍車をかけています。
一方、慶應義塾幼稚舎、青山学院初等部など併設小学校のある学校は内部進学生も増加傾向にあります。また、これまでは女子校の進学校を選んでいた成績層の女子が、共学の附属校を選ぶケースも増えており、「附属」「共学」志向は特に女子に顕著といえます。



「男女別学」「進学校」ゆえの良さを--学校側の取り組み

東京都の年少人口は東京都区部で2020年~25年までに1割、2025年~30年までにさらに1割減少する見通しです。

2008年のリーマンショック以降、中学受験者数はピーク時の2割がた減少しましたが、その結果、難易度中位以下の学校の志望者が5~6割減少しました。今後小6生人口そのものが減ると、定員を満たせない学校がさらに増えると考えられます。できれば2020年までに、はっきりした特色を打ち出し、実績を上げて定評を得ておきたい、いわば学校の「ブランド」を確立したいという思いのもと、多くの学校現場では模索が続いています。

附属・共学志向が続く中、男女別学や進学校ゆえの良さを打ち出そうとする学校もたくさんあります。
たとえば、共立女子中学では2016年度から「算数+合科型論述テスト」を、品川女子学院では2018年度から算数1科入試を開始します。

近年、理系学部はもちろん、経済学や経営学など、様々な分野で数学が重視されるようになってきました。両校の算数入試は、「女子校は理数教育に弱いのでは」という一般的なイメージを覆し、「時代を見据えて数学、理数教育にも力を入れる」という方針の現れともいえるでしょう。




焦点は「課題研究をいかに授業に取り入れているか」

大学入試改革の根本にあるのは、「高大接続」の考え方です。
これまでの教育は知識偏重に陥りやすく、高校で学ぶことと、大学や社会で求められることにズレが生じやすい面がありました。今後は高校でも、大学や社会で求められる、答えのない課題に取り組むための思考力や判断力、表現力をつけていこう、というのが新しい指導要領の方針です。そのための手段として重視されているのが課題研究です。様々な問題について調べ、思考を深め、話し合いながら解決法を見出していく課題研究の経験は、今後大きな意味を持ちます。

今後の大学入試は、一般入試が減り、推薦・AO入試の枠が広がる見通しです。推薦・AO入試といっても評価方法は大学・学部によって異なりますが、面接や小論文、討論等によって思考力や判断力、表現力を幅広く評価するスタイルの入試は、ますます増えていくでしょう。

附属校には、大学との連携により課題研究を授業に取り入れやすいという強みもあり、今後も人気は続いていくと考えられます。しかし、課題研究の成果が実際に表れるのは時間がかかります。
志望校決定前には、偏差値や大学合格実績といった数値にまず目が行きがちですが、今後は教育の「中身」をより深く吟味する必要性が増してくるのではないでしょうか。


プロフィール
森上展安

森上教育研究所(1977年に設立した民間の教育研究所)代表。中学受験の保護者向けに著名講師による講演会「わが子が伸びる親の『技』研究会」をほぼ毎週主催。


※この記事は「ベネッセ教育情報サイト」で過去に公開されたものです。

ベネッセ 教育情報サイト

2018.4.18から転載



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』





wakabanavi01 at 13:00|Permalink 中学受験 

2018年03月29日

横浜市立南高付属中1期生、東大5人など多数が難関合格


横浜市立初の中高一貫校として平成24年に開校した南高校付属中学校(港南区)の1期生の大学進学実績が判明し、東京大学に5人合格するなど難関大学へ多数の合格を果たしたことが明らかになった。開校当初、従来の南高校OBらが校名の変更に難色を示したり、私立で実績もレベルも高い中高一貫校が県内に多数ある中、公立で一定の教育効果を出せるのか疑問視する声もあったりするなど、多難な船出だったが、今回、高い合格実績を挙げたことで、同校への注目が一層高まりそうだ。(那須慎一)

                   ◇

 県内の公立高校としては、今年の東大の現役合格者数でみると、湘南の17人、横浜翠嵐の10人、相模原中等教育学校の8人に次ぐ実績。今回、南高校付属中で合格が判明したのは、東大に加えて、東京工業大学4人、一橋大学が1人のほか、有名私大にも多数合格者を出した。

 ■英検準2級合格86%

 南高校付属中では同じ教科書を5回繰り返し学ぶことで学力向上を狙う「5ラウンド方式」を英語教育にいち早く採用し、同中学校の3年生の今年2月時点の英検準2級合格率が86%に上るほか、中学生の段階から学力にとどまらず人間性やコミュニケーション能力、問題解決能力の向上を目指すなどの取り組みが特徴となっている。

 同中学校の磯部修一校長は「授業で知識を与えるのみではなく、物事を自ら解決し、相手に発信する力を身につけることで、授業が楽しくなり、学習意欲が高まるという好循環になるよう、学校全体で取り組んだことが大きいのではないか」と分析する。

 また、同中学校の初代校長を務め、現在、鎌倉女子大学児童学部こども心理学科教授・初等部(小学校)部長(校長)を務める高橋正尚氏は「開校時に自信があったわけではなかったが、6年間、先生たちが期待に応えようと、やってきたことが実ったようでうれしい。入学時から主体的な学習習慣を身につけさせて、生徒たちが目標に向かって粘り強く頑張ってくれた結果ではないか」と感想を語った。

 ■国公立大に50人も

 県内の中高一貫校としては、横浜市立は南高校付属中のほか、昨年、横浜サイエンスフロンティア高校付属中が開校。県立では21年に相模原中等教育学校、平塚中等教育学校の2校が開校しており、ほかにも26年に川崎市立川崎高校付属中が開校している。

 南高校付属中で高合格率を挙げたことについて、大手学習塾「中萬学院」の鈴木道博・高校受験指導事業部情報課長は「市立の中高一貫校で、国公立大だけで50人ほどが合格するなどの実績を挙げたことは、(他校などに)大いに刺激になるのでは」と指摘。「次年度以降もコンスタントに合格者を出せるかがポイントになる。今回の結果を受けて、志願者が増加し、さらにレベルが高くなる可能性もある」と話す。

 高校受験をせずに6年間を通してハイレベルな授業を受けられるだけでなく、人間力を磨くことができるなど、総合的な魅力から今後も人気を集めることになりそうだ。

                    ◇

 ■横浜市立南高校付属中学校

▽開校=平成24年に中高一貫校化(高校は昭和29年開校)

▽所在地=横浜市港南区東永谷2の1の1

▽校長=磯部修一氏(中学)

▽生徒数=計479人(中学、平成29年度)



2018.3.29
産経新聞 から転載




↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』




wakabanavi01 at 01:09|Permalink 中学受験 | 公立