時事問題は「参院選」「世界平和」「交通関係」に注目学習時間で二極化 「2時間超」と「1時間未満」 県意識調査 奈良

2011年01月07日

2011年度 中学受験出願予測 (DIAMOND onlineから)

本番直前緊急特集!
塾の競争激化で見えなくなった人気動向
2011年度受験の出願傾向を大胆予測

今年の中学入試は「動向がつかみにくい」と言われている。例年は中学入試の模擬試験の大手である四谷大塚、全国中学入試センター(日能研)、首都圏模試センターが行う“3大模試”の学校別志望者数を前年と比較して分析することで、入試の志望動向を予測していたのであるが、来年度入試分はできなかった。  

上位層の生徒が多く学ぶ大手塾のSAPIX(サピックス)のいくつかの塾内テスト日が四谷大塚の模試と同日になったためである。例年はSAPIXの生徒であっても、多くは四谷大塚の模試を受けており、それが上位層の動向を掴む最善の手段であったのだが、今年は受ける生徒が減少した  

結果、3大模試のデータからでは上位層の動向が見えなくなったのである。  

こうなった背景には「大学受験予備校の競争が中学受験に持ち込まれたため」と見る関係者が多い。というのも、四谷大塚を大学受験予備校の東進ハイスクールなどを経営するナガセが買収。一方、SAPIXは3大予備校のひとつである代々木ゼミナールが買収した。  

この二つの大学受験の予備校は、ともに全国展開しており激しい競争関係にある。少子化により大学の経営は厳しいが、予備校だって同じだ。その競争関係が中学受験に舞台を広げたものと見られている。  

そうはいっても、2011年も中学入試は行われる。当事者にとって見れば、予測困難といわれる中で的確な志望校選びを行わなければならない。読みにくい2011年度の入試を分析してみよう。

最難関校はいままで以上に受験生が人気校に集中 

まずは最難関校。不況の影響から首都圏の中学受験者は「5%程度は減るのではないか」と予測されており、全体としてみれば入りやすくなりそうだが、保護者の志望校厳選化が進んでおり最難関校、男子御三家の麻布、開成、武蔵、女子御三家の桜蔭、女子学院、雙葉の厳しさには変化はない。そればかりか人気校に今まで以上に受験生が集まり、私立中の二極化が顕著になりそうだ。  

焦点は御三家以外の学校だ。

例年、間違いなく人気になるのが前年の大学合格実績が伸びた学校である。いい教育を展開していても大学合格実績が高くない学校はあまり人気にならない。やはり、6年間の教育の成果としての大学合格実績がある程度ないと、行われている教育そのものにも疑問をもたれる傾向がある。

 これには二つのパターンがある。ひとつはもともと高い実績があり、それをさらに伸ばした学校。もうひとつは今まで実績を上げていなかったのに、伸び始めている学校だ。この伸びている判断の基準になるのが、首都圏では東京大、東京工業大、一橋大、早稲田大、慶應義塾大、MARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)などへの合格者数。関西では東京大、京都大、大阪大、関関同立(関西大、関西学院大、同志社大、立命館大)などになる。判断基準となる大学がこの顔ぶれになるのは、私立中を目指す親が希望する進学先を「最低でも首都圏ならMARCH、関西圏なら関関同立」と考えるからだ。

 さて、この人気になる条件を満たした学校はどこか。

攻玉社、海城、駒場東邦、サレジオ学院、
聖光学院、豊島岡女子学園などが人気に

 まず、「さらに実績を伸ばして人気がアップしている」学校の一番手は攻玉社だ。昨年、東大合格者が6人から3倍の18人に、早稲田大+慶應義塾大の合格者合計が142人から260人へと倍近くに増えた。この実績があれば人気化は間違いない。中学入試では必要不可欠な過去の入試問題集を発行する大手出版社「声の教育社」のデータによると、攻玉社の過去問は前年より10%以上も売り上げが伸びているという。もちろん、男子校でトップだ。

 この他にも東京大合格者が15人増え49人となった海城、22人増61人の駒場東邦、8人増11人のサレジオ学院、16人増65人の聖光学院、7人増24人の豊島岡女子学園などが人気になりそうだ。なかでも海城は今年から高校募集をやめ完全中高一貫校となる。中学入試では、高校募集のある学校より完全中高一貫校のほうが人気が高い傾向にあるからなおさらだろう。ただし昨年の進学実績がどうあれ、人気化しそうなこれらの学校と同じ偏差値帯にある芝、城北、巣鴨、桐朋、浅野などは、大きく変わったわけではない。逆に人気の陰に隠れた格好で狙い目とも言える。

一方、偏差値が低めであるが東京大に1人でも合格者を出したところも人気になる傾向がある。子どもがどこを第一志望にしようと、教員がその面倒を見てくれる安心感につながる。それを判断する材料が、最難関の東京大に合格者を送り出しているかどうかになるようだ。「もともと実績がそう高くないのに伸び始めた」学校が人気になる理由だ。今年で言えば昌平、桜美林、淑徳、横須賀学院などだ。

 早稲田大や慶應義塾大の実績も注目度は高い。合格者が増え人気になりそうなのが獨協埼玉、順天、青稜、東京女学館、鎌倉学園など。特に獨協埼玉は早稲田+慶應の合格者数が2人から27人に激増した。また、MARCHの合格者が伸びたことで今年の入学者が卒業する6年後には上位の大学への合格者が増える、という期待から人気になりそうなのが大宮開成、大妻中野、駒込、藤嶺学園藤沢などだ。

関西では四天王寺、甲陽学院、智辯学園和歌山、
京都産業大付、金蘭千里、滝川が人気化か

 関西に目を移すと、京都大合格者が前にも増して伸びている四天王寺、甲陽学院、智辯学園和歌山。関関同立の合格者が増えた京都産業大付、金蘭千里、滝川などの人気も上がりそうだ。ただし、関西では上位校は棲み分けが進んでおり、そう極端な人気の変化はないと見られる。

 これら明らかな人気化の要因がある学校のほか近年、人気が上昇傾向にあるのが開智、栄東、京華、世田谷学園、本郷、頌栄女子学院、田園調布学園、富士見、洗足学園など。特に栄東は今年から募集人員を120人から240人に倍増させており、さいたま市見沼区にあるにもかかわらず東京からの受験者も多く激戦になりそうだ。関西では来年から開明、須磨学園、午後入試を始める大阪桐蔭などの人気がアップしそうだ。白陵は実績が高いが志願者が減少ぎみで狙い目だ。

 まだ目に見えた実績はないが人気を集めているのが広尾学園。昨年の志願者は3,672人で東京のナンバーワンであるが、これは教育の中身に共感する保護者が多いからだ。例えば、定期試験の度に分厚い問題・解答・解説集が配られ、生徒は試験の復習ができるようになっているなど、教育指導は手厚い。

昨年、中学を新設した早稲田大高等学院、中央大付、それに中央大と合併して今年から付属校となった中央大横浜山手(旧横浜山手女子)も志望者が増えている。大変な人気だったのが東京都市大等々力だ。東京都市大はもとは武蔵工業大で、文系学部を新設して校名を変更した。東京都市大に全員進学できることに加え、難関大にもチャレンジできるのが魅力に映った。一方で早稲田大高等学院人気化の影響で志望者が減りそうなのが早稲田で、根強い人気校だが穴場になりそうだ。

 関西圏でも関西大第一、関西大付、関西大北陽の関西大付属の人気が高い。甲南、甲南女子、近畿大付、近畿大和歌山など、他大学への合格実績が高い学校も人気だ。

 ただし、よほどのことがない限り、この土壇場に来ての第一志望の変更は避けたほうがいい。一生に一度の中学受験だから気持ちが揺れるのは分かる。しかし、親がぶれていたのでは子どもにも伝わってしまう。ここは早く決めて、長丁場となる入試のため、特に後半戦に息切れがしないよう体調を整え、精神力を養っておくことのほうが重要だ。

(2011.1.7  DIAMOND onlineより転載)

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』



wakabanavi01 at 11:09│ 中学受験 | 入試関係
時事問題は「参院選」「世界平和」「交通関係」に注目学習時間で二極化 「2時間超」と「1時間未満」 県意識調査 奈良