2013年12月

2013年12月28日

勉強時間長いのに…学テ国語Aが全国最下位の県

放課後の勉強時間は長いのに、効果的な学習が出来ていない――。

 今年4月に実施された「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)についての文部科学省の調査結果で、静岡県内の小学6年生のそんな学習実態が明らかになった。小学6年「国語A」で平均正答率が全国最下位だった県内児童だが、学校の授業以外に平日に2時間以上勉強する児童は4人に1人に上った。一方、4科目全てでトップの秋田県に比べると、家庭での「復習」などをおろそかにしている傾向も表れており、今後の学力向上に向けたヒントとなりそうだ。


 文科省の調査は、教科の成績と生活習慣などの関係について調べたもの。睡眠やテレビ視聴の時間のほか、塾や家庭での学習時間などについて、学力テスト実施時にアンケート形式で児童らに回答してもらい、25日に分析結果が公表された。


 調査結果によると、平日に学校以外で2時間以上勉強する静岡の児童は25・5%で、学習塾(家庭教師含む)で勉強しているとした児童も51・3%に上った。これに対し、秋田で2時間以上勉強すると答えた児童は15・0%にとどまり、塾で勉強している児童は静岡の半分以下の22・8%に過ぎなかった。


 ただ、家庭での勉強の仕方では「復習」や「苦手な教科」に力を入れている秋田の児童との違いが表れた。

 家庭学習ではともに「学校の宿題」をしている割合が高いが、「苦手な教科の勉強をしている」と答えた割合は静岡の16・4%に対し、秋田は37・4%。また「復習をしている」とした割合で静岡は、秋田の59・9%より43・9ポイント低い16・0%、「テストで間違えた問題を勉強している」との回答も、秋田の38・8%より22・7ポイント低い16・1%だった。


 調査結果について、県学校教育課は「県内児童は宿題のように決められたことはきちんとできるが、予習や復習への姿勢に欠けている。その日の授業を振り返り、翌日以降の学習理解につながる家庭学習ができるよう各校に指導していきたい」と話している。



wakabanavi01 at 14:41|Permalink 統計・調査関連 

2013年12月26日

ネットやゲームし過ぎ成績下がる傾向…学力調査

 今年4月に小学6年生と中学3年生を対象に実施した「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)で、文部科学省は25日、教科の成績と生活習慣などの関係を調べた結果を発表した。


 国語、算数・数学とも平均正答率は、インターネットやテレビゲームをする時間が長くなるほど低く、新聞やテレビのニュースを見る方が高くなる傾向が浮かんだ。同省は各校に分析結果を伝え、今後の指導改善につなげたい考えだ。


 全国学力テストは、国語と算数・数学で基礎知識をみるA問題と応用力を問うB問題のほか、生活習慣や学校での指導に関する調査も実施された。


 発表によると、「1日にインターネットをする時間」と各教科の平均正答率の関係を分析したところ、小6の算数Aでは、「1時間より少ない」と答えた子の平均正答率が79・5%で最も高く、「4時間以上」の子は68・0%にとどまるなど、長時間になるほど成績が下がる傾向が見られた。ただ、「全くしない」は77・4%で、文科省は「適切に使えば必要な知識も得られ、プラスに働く」とみる。



wakabanavi01 at 10:09|Permalink 統計・調査関連 

2013年12月22日

東京都立中高一貫校、平成27年度から適性検査に共同作成問題を導入

東京都教育委員会は12月19日、平成27年度入学者決定から、すべての中高一貫教育校で共同作成した問題と各校が独自に作成した問題との組み合わせにより、適性検査を実施すると発表した。これまで、適性検査問題は各校で作成してきた。

 共同作成する適性検査は、与えられた文章をもとに的確でまとまりのある文章を書く力をみる「適性検査I」と、与えられた資料をもとに課題を発見し解決する力をみる「適性検査II」となる。「適性検査I」は大問1つ、「適性検査II」は大問3つから構成される予定。これらの全4問のうち、1問または2問を各校独自問題に差し替えることができる。ただし、各校の裁量で行う「適性検査III」を実施する場合、差し替えができるのは1問以内となる。

 問題の共同作成については、教育委員会が指名した都立中等教育学校長と都立中高一貫教育校長が指名した教員からなる「共同作成委員会」があたり、差し替え問題や適性検査IIIは、各校の校長らからなる「各校作成委員会」があたる。

 この共同作成により、適性検査問題の質の向上や各校の適性検査問題作成の効率化などが期待できるという。

2013.12.20 リセマムから転載



人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 00:53|Permalink 公立 | 中学受験

2013年12月13日

英語授業、中学も英語で…20年度から

文部科学省は12日、中学校の英語授業を原則として英語で行う方針を決めた。

 高校では今年度から英語で授業が行われているが、生徒に実践的な英語力を身に着けさせるため、より早い段階から実施することにした。指導体制を強化するため、英検などの外部試験を活用し、都道府県ごとに中高の教員の「英語力」を公表する仕組みも設ける。年明けから同省の有識者会議で検討し、2020年度からの実施を目指す。

 同省では、20年度から小学校の英語教育の開始時期を現行の5年生から3年生に引き下げ、5、6年生では英語を正式な教科とする方針を決めている。現在の中学校の学習内容を一部取り入れ、基礎的な読み書きを学ぶため、中学校から英語による授業が可能になると判断した。


(2013.12.13 読売オンラインから転載)


人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』





wakabanavi01 at 11:35|Permalink 公立 

2013年12月12日

【中学受験2014】過去問売上増にみる人気校予測、1位は「鎌倉学園」

大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は12月12日、「過去問売上から見る人気校予測」を発表した。トップは、男子校が「鎌倉学園」、女子校が「山脇学園」、共学校が「栄東」となった。

 中学受験でどの学校が人気を集めているのか、学校別の過去問題販売大手の出版社「声の教育社」のデータをもとに予測。11月15日時点で集計した前年同時期の出庫状況を比較し、売上増をランキング化した。

 前年と比べて売上を伸ばしているのは、男子校が1位「鎌倉学園」(前年比)120.0%、2位「ラ・サール」114.6%、3位「本郷」109.4%、4位「武蔵」108.9%、5位「逗子開成」108.5%。

 女子校は、1位「山脇学園」110.2%、「香蘭女学校」103.6%、3位「淑徳与野」102.4%、4位「吉祥女子」101.6%、5位「中村」101.5%。

 共学校は、1位「栄東」115.3%、2位「安田学園」112.3%、3位「芝浦工業大柏」108.7%、4位「茗溪学園」107.8%、5位「湘南学園」107.5%となった。

 安全志向が高まり、女子御三家の桜蔭、女子学院、雙葉はいずれも売上が減少。豊島岡女子学園も難化し、敬遠されているという。

 「過去問売上から見る人気校予測」は、今週の無料記事として大学通信が運営する「キャンパスナビネットワーク」に掲載されている。携帯サイト「教育進学総合研究所」に会員登録(月額315円)すれば、すべての記事を閲覧できる。


(りせまむ から転載)



人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』




wakabanavi01 at 14:42|Permalink 中学受験