2015年01月

2015年01月31日

湘南高、小学生に説明会…中高一貫人気に危機感


進学校として知られる神奈川県内の県立高校が、小学生を対象にした学校説明会やイベントを開くケースが相次いでいる。

 背景には、少子化が進むなか、私立中高一貫校や、相次いで開校した進学重視の公立中高一貫校が人気を集めていることへの危機感がある。中学に入学する「12の春」を前に、公立中―公立高という選択も有意義と呼びかけることが狙いだ。


 県立湘南高(藤沢市)は25日、小学生を対象にした「小学生フェスティバル」を初めて開き、約280人の小学3~6年生と保護者が集まった。

 8日にホームページで募集したところ、5日後の13日には募集定員に達する人気ぶり。合唱部や吹奏楽部が演奏を披露したり、放送部が作った学校紹介ビデオを上映したりして、「部活動と勉強の両立重視」をアピールした。

 この後、小学生は校内の「スタンプラリー」に参加。この間に行われた保護者説明会で、時乗ときのり洋昭校長が「中高一貫は高校受験がなくゆとりがあるが、濃密な人間関係が崩れたときの心配もある。単独高校はスタートラインが同じで、異質な者同士が切磋琢磨せっさたくまできる。それぞれの子どもにあった進路選択を」と語りかけた。小4の息子(10)と鎌倉市から来た母親(43)は「中高一貫校に行かせる予定はない。多様な生徒がいる学校に進ませたい」と話していた。


 湘南高は県内有数の進学校。生徒が志望する大学のレベルは私立や公立の中高一貫校と重なっている。

 だが、県内をはじめ、通学可能な東京都内には人気のある私立校が多いうえ、2009年には6年一貫教育を行う県立中等教育学校が相模原市と平塚市にそれぞれ開校した。時乗校長は「小学生が進路選択を考える際、公立中高一貫校や私学に比べ、一般公立高からの情報提供は十分とはいえない。色々な選択肢があることを伝えたかった」とフェスティバル開催の狙いを説明する。


 県立鎌倉高(鎌倉市)も3月14日、初めて「小学生フェスティバル」を開き、約200人を招く予定だ。同高は海岸沿いの高台にあり、高校前の踏切は漫画「スラムダンク」の舞台のモデルとして人気を集めている。柏木隆良校長は「当日は部活動を体験してもらうなどして、本校の良さを伝えたい」と話す。

 県立平塚江南高(平塚市)では10年から、平塚市内の小学5、6年生と中学生の希望者に夏休みに来てもらい、在校生が学習支援をする「スタディーアシスト」を行っている。同高への進学を希望する児童・生徒に学校を見てもらうのも大きな目的の一つだ。小宮さとし教頭は「かつて教えてもらった中学生が入学し、在校生として教えるケースも出ている」と話す。

(2015.1.31 読売新聞から転載)


↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 11:30|Permalink 高校受験 

2015年01月30日

受験生激励大声やめて! 入試会場で塾関係者ら過熱

私立中学などの入学試験で、塾関係者による「応援団」や「決起集会」への対応に学校側が頭を悩ませている。今月、兵庫県内各地で行われた入試でも、のぼりや鉢巻き姿で大声を上げ気合を入れる光景が見られた。ほかの受験生や保護者から「萎縮する」との苦情が上がっており、学校側が自粛を呼び掛ける動きも出ている。(


 昨年、志願者が過去最多だった灘中学校(神戸市東灘区)は、今回初めて進学塾に「入学試験当日に関するお願い」と題した文書を配布。当日の来校を受験生と保護者、塾関係者に限定するよう依頼した。

 昨年までは、小学5年の塾生や灘中に通うOBが下見や応援に大挙して来校。待機所の体育館近くを通る市道にも人があふれ、交通の妨げになるほどの混雑ぶりだったという。

 応援団と受験生との見分けがつかず、入試の進行に支障を及ぼす恐れもあったといい、対策を求める声が上がっていた。同校の大森秀治教頭は「文書の効果は抜群。今年は塾の協力のおかげで状況が改善した」と話す。

 神戸大付属中等教育学校(同)は今回、中高一貫体制となって初めての本格的な入試だった。正門周辺は受験生を運ぶバスが頻繁に出入りするため、人がたまるのは危険と判断し、塾関係者にも待機場所として体育館を開放した。

 ただし、ほかの受験生が萎縮する事態を避けるため、塾に対し、集団で声を上げての決起集会▽旗やのぼりの使用▽ベンチコートの着用-などをやめるよう、事前に文書で呼び掛けた。

 しかし当日、集会をして大声を上げた塾があり、抗議したという。同校の安岡久志副校長は「今後も繰り返されるようであれば、対応を検討せざるを得ない」と話す。

 進学塾の日能研関西本部(神戸市)の森永直樹・進学情報室長は「昔はもっと派手に応援していた時代もあった。今は学校の意向に沿うのが原則。受験生の緊張をほぐして気持ちよく入試に臨んでもらうのが大切」と話している。

(2015.1.30 神戸新聞から転載)



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 21:24|Permalink 中学受験 

2015年01月29日

中高生9割「英語は必要」…ベネッセ調査


「将来、使うことない」も4割以上


 中高生の約9割が、英語の必要性を感じながら、4割以上が大人になっても自分が英語を使うことはほとんどないと考えていることが、ベネッセ教育総合研究所(東京都多摩市)の調査でわかった。

 
調査は昨年3月、郵送で行い、全国各地の中高生約6000人から回答を得た。


 「大人になったとき、社会ではどれくらい英語を使う必要がある世の中になっていると思うか」との設問に対し、「英語を使うことはほとんどない」と答えたのは、中学生7.5%、高校生8.4%でいずれも1割以下。これに対し、「仕事ではほとんどいつも英語を使う」(中学生10.9%、高校生9.5%)、「いつもではないが、仕事で英語を使うことがある」(中学生54.0%、高校生58.5%)、「日常生活で外国人と英語で話すことがある」(中学生26.0%、高校生23.1%)を合わせると、中高生とも9割以上にのぼった。


 一方、「自分自身が将来どれくらい英語を使っていると思うか」との設問に、「使うことはほとんどない」と答えたのは、中学生44.2%、高校生46.4%にのぼった。


 また、将来身につけたい英語力については、「日常会話や海外旅行で困らない」レベルが中高生とも約5割だったのに対し、「仕事ができる」や「外国で暮らせる」レベルは、いずれも中高生とも2割強にとどまった。

(2015.1.26 読売新聞から転載)



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』




wakabanavi01 at 01:28|Permalink 中学校 

2015年01月28日

関西各塾が合格実績速報を公開、灘中合格者数は浜学園が1位か

 1月17日に解禁となった関西の中学受験、浜学園・希学園・日能研・馬渕教室は、各塾の合格実績速報を公開している。27日19時現在の速報値では、浜学園の灘中合格者数が90名、次に合格者が多い日能研の2倍となった。

 公開されている塾別の合格者数を見ると、募集定員180名の灘に対し、浜学園の合格者はもっとも多い90名、日能研が45名、希学園が32名、馬渕教室が24名だった。また、四天王寺中では、245名の募集定員に対し浜学園が98名、馬渕教室が81名、日能研が58名、希学園が44名となっている。

 なお、各塾は合格速報を随時更新しており、今後も追加合格者が発表される見通し。また、27日19時現在、能開センターの合格実績はまだ公開されておらず、合格者数が判明次第特設ページにて紹介される予定。各塾の前年度の実績と比較すると、灘中の合格者数は浜学園がもっとも多くなるようだ。


2015012701
※2015年1月27日19時現在 の間違いだと思われます。


(2015.1.27 りせまむから転載)



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 02:02|Permalink 中学受験 | 関西

2015年01月26日

麻布3倍、駒場東邦2.8倍…最終出願倍率


四谷大塚は1月26日、「出願倍率速報と入試結果」の最新情報を公表した。最終出願倍率は、麻布が3.05倍、駒場東邦が2.76倍で、両校とも前年より出願者数と出願倍率が増加した。

 最終出願状況について、麻布は募集人数300人に対して出願者数が前年比41人増の916人で、出願倍率が3.05倍。駒場東邦が募集人数240人に対して出願者数が前年比10人増の662人で、出願倍率が2.76倍。

 入学試験と合格発表について、麻布は2月1日(日)に国語・算数・社会・理科の4教科の学力試験、2月3日(火)午後3時より合格発表を行う。駒場東邦は2月1日(日)に国語・社会・算数・理科の4教科の学力試験、2月2日(月)9時より合格発表を行う。

(2015.1.26 りせまむから転載)



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 22:53|Permalink 中学受験 | 入試関係