2016年01月

2016年01月30日

<中学入試>2月1日ピーク 大学入試改革先取りで様変わり


<中学入試>2月1日ピーク 大学入試改革先取りで様変わり


1月20日、幕張メッセを会場に行われた私立市川中の入試。大学入試改革を先取りし、新しいタイプの問題を出す中学が増えている=千葉市美浜区の幕張メッセで(首都圏模試センター提供)



 首都圏の中学入試が2月1日にピークを迎える。国の大学入試改革で2020年度に新たな入試制度が始まるのを先取りし、中学受験でも思考力や表現力などをみる新しいタイプの問題を出す学校が増えている。これまで帰国生を対象にしていた英語入試を一般枠に導入し、新たな受験生の開拓を目指す学校も目立つなど、中学入試も大きく様変わりしている。



 首都圏では小学生のおおむね5人に1人が中学を受験し、例年約6万人がこの時期、入試に挑む。

 中高一貫女子校の中村中(東京都江東区)は今年大幅に試験内容を変更。「コンピテンシー(変化対応能力)入試」と「ポテンシャル(潜在能力)入試」の2種類を用意し、計124人を募集する。

 コンピテンシー入試では、各科目の基本的な知識が定着しているのを前提に、思考力や考えるプロセスを見る。例えば国語の説明文の問題は、昨年までは空欄補充や本文の内容に当てはまるものを記号で選ぶ出題などが中心だった。だが、今年からは本文に関連する自分の経験や考えを具体的に記述させる問題などに改めるという。

 ポテンシャル入試は芸術やスポーツなどさまざまな分野で高い能力を持つ小学生が対象。活動報告書や作文、面接などを4段階で評価し、合否を判定する。梅沢辰也校長は「多様な価値観を持つ生徒が同じ空間で学び合うことは、これからの大学入試で求められる表現力などを養うことにもつながるはずだ」。

 男女共学の中高一貫校のかえつ有明中(江東区)は12年度から、一般的な4科目入試などとは別に「思考力入試」と呼ばれる試験をしている。ある言葉から連想する言葉をいくつも書かせたり、説明文を読んで考えを書かせたりする問題が出されたこともあった。同校の授業では、表現力や思考力を学ぶ教科横断型の「サイエンス科」という科目も設けている。担当者は「これまでの我が校の取り組みに国の教育改革が近づいてきた。学校説明会などで保護者からの質問も増えている」。

 中学受験用の公開模試を実施している首都圏模試センター(東京)によると、今年の入試で、考える力などをみるために「思考力」「適性検査」といった名称の科目を導入する首都圏の中学は86校に上り、昨年の53校から約6割増。20年度から小学5、6年生で英語が正式教科となるのを見据え、英語を試験科目に加えたり、英語だけで受験できたりする中学も63校と昨年からほぼ倍増した。

 小学3年の長女の中学受験を検討中という都内の男性(44)は「入試が変わると、その対策で塾や志望校選びも大切になる。正確な情報をつかむため、しっかりアンテナを張らなければ」と話す。

 中学受験に詳しい森上展安・森上教育研究所代表は「難関校は以前から記述式の出題が中心だった。最近は中位校でも大学入試改革を意識して思考力を問う出題をしたり、授業にアクティブ・ラーニング(主体的、協働的な学習)を導入したりして、受験生を増やしている学校がある。一方で、大きく変わる入試制度を不安に感じ、大学付属校を志望する受験生の動きも目立つ」と話している。【高木香奈、佐々木洋】

 ◇大学入試改革

 知識の暗記に偏りがちだった従来の入試を改め、知識を土台に思考力や表現力などを評価することを目指す。文部科学省はマークシート方式の大学入試センター試験を2019年度で廃止し、現在の中学1年生が大学受験に挑む20年度から記述式を取り入れた「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」を導入する方針。各大学の個別試験も改め、集団討論や面接などで意欲や他者と協力して目的を達成する力などを評価する。


2016.1.30   毎日新聞から転載



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 13:37|Permalink 中学受験 

2016年01月27日

入試直前のゲン担ぎメニュー、何を食べた?


マルハニチロ株式会社は、2015年12月11日~12月17日の7日間で、最近5年以内に子どもが受験(小学校~大学)をした30歳~59歳の母親に対し、「受験と食事に関する調査2016」をインターネットリサーチで実施し、1000名の有効回答サンプルを集計した。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

◆子どもが中学受験を経験した母親の7割以上が「食事」で受験を応援

 最近5年以内に子どもが受験(小学校~大学)をした30歳~59歳の母親1000名(全回答者1000名)に、どのようなことで受験を応援したか聞いたところ、「食事(普段の食事・夜食・ゲン担ぎメニューなど)」が最も多く52.0%、次いで、「健康維持」50.4%、「学校選び・学校見学」43.9%、「送り迎え(塾・学力テスト会場など)」38.7%、「相談相手になる」38.1%が続いた。また、「お弁当」は25.8%と4人に1人が挙げた。子どもの受験を食事で応援した母親が多いようだ。
  
 子どもの受験種別にみると、「食事」は、子どもが小学校受験をした母親や中学校受験をした母親で特に高くなり、子どもが小学校受験をした母親では64.4%、中学校受験をした母親では72.6%という結果だった。

 次に、全回答者(1000名)に、受験をした子どもの食事では、どのようなことに気をつけたか聞いたところ、「栄養バランスの取れたメニューにする」が最も多く48.6%、次いで、「三食欠かさないようにする」38.2%、「規則正しく食事をする」35.8%が続き、きちんとした食生活を心がけていた母親が多いことがわかった。

 また、上位3項目に続いたのは、「楽しく食事をする」で32.6%と3人に1人の割合になった。受験シーズンは子どもにとってストレスが溜まりやすい時期だが、楽しく食事をすることで、気分転換となった受験生も多いのではないだろうか。

◆子どもに用意した夜食 1位「おにぎり」 2位「うどん」 3位「ラーメン」

 全回答者(1000名)に、夜食やゲン担ぎメニューについて聞いた。まず、受験をした子どもに用意した夜食を聞いたところ、「おにぎり」が最も多く39.1%、次いで、「うどん」33.8%、「ラーメン」21.8%、「スープ」20.1%、「みそ汁」17.9%が続いた。受験シーズンの本番が1月~3月という受験生が多いためか、体が温まるメニューが上位に多く並んだ。

 次に、子どもの受験日の前夜や当日朝に用意したゲン担ぎメニューを聞いたところ、「とんかつ(試験で勝つ)」20.8%が最も多く、次いで、「カツ丼(試験で勝つ)」が18.1%、「カツカレー(試験で勝つ)」が8.2%、「納豆(ネバーネバーギブアップ)」が8.1%で続いた。“かつ料理”が上位3項目を占める結果となり、人気のゲン担ぎメニューであることがわかった。

 また、全回答者(1000名)に、受験当日に子どもにかけた言葉についても聞いた。最も多かったのは「がんばれ」で35.7%、次いで、「(今まで頑張ってきたから)大丈夫」が26.8%、「いつもどおりにね」が26.5%、「最後まで諦めないようにね」が17.1%、「気楽にね」が14.9%で続いた。母親が受験当日にかける言葉は、応援の言葉のほか、子どもに自信が湧いてくるような言葉や子どもをリラックスさせるような言葉が多いようだ。

 また、「試験が終わったらおいしいもの食べに行こうね」11.3%や「今日の晩ごはんは何を食べたい?」4.2%といった試験後の食事が楽しみになるような言葉をかけた母親もいるようだ。

 子どもの受験種別にみると、子どもが小学校受験をした母親では「(今まで頑張ってきたから)大丈夫」39.0%や「いつもどおりにね」40.7%が他の言葉より高く、「楽しんできてね」も16.9%で上位になった。小学校受験では、子どもをリラックスさせようとしていた母親が特に多い様子が窺えた。他方、子どもが中学校受験をした母親では「最後まで諦めないようにね」が37.0%で最も高くなった。中学校受験においては、最後まで力を出し切ってほしいとの思いを伝えた母親が多いようだ。

 そして、受験が終わった後に、子どもをねぎらうため、普段とは違う食事を用意したか聞いたところ、最も多かったのは「子どもが好きなメニューを作った」で38.4%だった。受験生の母親の多くが、子どもの受験を食事で応援していたが、受験生の頑張りをねぎらう際も手作りの食事でねぎらう母親が多いようだ。

 また、「子どもが好きなメニューを作った」に続いたのは、「回転寿司店に行った」15.5%や「焼肉店に行った」11.9%だった。受験を頑張ったご褒美に行く外食では、回転寿司や焼き肉が人気のようだ。

【調査概要】
調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする最近5年以内に子どもが受験(小学校~大学)をした30歳~59歳の母親
調査期間:2015年12月11日~12月17日の7日間
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:1000サンプル
(内訳):30代 151名/40代 595名/50代 254名

実施機関:ネットエイジア株式会社


@DIME編集部



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 18:00|Permalink 中学受験 

2016年01月23日

「受験うつ」の予防法


近年、受験生のうつ症状が増えているといわれる。その治療法と予防について、ベネッセ教育情報サイトでは、受験生のうつ病治療に数多く携わってきた、本郷赤門前クリニック院長の吉田たかよし氏に伺った。

 


***


日本ではこれまで、うつ病の治療は主に、抗うつ薬で進められていました。抗うつ薬として広く使われているSSRIやSNRIは、従来の三環系抗うつ薬などに比べると、副作用はかなり軽減されています。ただし、脳が未発達な未成年が服用すると、かえって自殺のリスクを高める場合もあるという研究が発表されており、使用には十分な注意が必要です。ウォーキング、ジョギングなどの「運動療法」、考え方を柔軟にすることで心を楽にする「認知行動療法」、また「うつ磁気刺激療法」など、投薬以外の方法での治療もありますので、医師に治療法を相談しましょう。


お子さまがメンタル面で問題をかかえている場合、大なり小なり家庭でのコミュニケーションがうまくいっていないことが多いです。家庭では、8対2ぐらいの割合で、お子さまの話をたくさん聞いてあげましょう。どんな進路に進もうとも、自分は子どもをしっかり愛しているということを伝えてあげてください。受験をするのであれば、お子さま自身に受験の目的意識があることが大切です。小学校受験では、幼児であっても、面接などでは本人のやる気を非常に見ています。日常の会話からお子さまの興味を引き出して、進路選択のサポートをしてあげてほしいですね。


このように書くと受験は悪いもののように思われるかもしれません。しかし、受験はお子さまのメンタルを鍛えるよい機会でもあります。「受験」という壁を親子で乗り越えることで、得られるものは多いといえます。お子さまの目指す進路を、ぜひ前向きに応援してあげてほしいですね。もし、うつ症状が出てしまっても、学生時代にうつ病が出てよかったと思っていただきたいのです。学生のうちならば、主治医が学校に「主治医意見書」を出し、授業の受け方や通学頻度などについて学校と病院が連携をとりながら治療を進められます。



2016.1.23  ベネッセから転載



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 00:07|Permalink メンタルケア 

2016年01月20日

今後の英語入試は「話す力」も問われる?現小・中学生の保護者が知っておくべきこと


今後の英語入試は「話す力」も問われる?現小・中学生の保護者が知っておくべきこと


 中・高・大学と英語を学んでも、多くの日本人は英語を話せない……。あまりにも根深いこの問題に、ついに国が本気でメスを入れようとしている。文部科学省が検討を進める大学入試改革全般の中で、英語入試も大きく変わりそうだ。ベネッセ教育情報サイトでは、ベネッセ教育総合研究所・グローバル教育研究室室長の加藤由美子氏に、現小・中学生の保護者が知っておくべきことについて尋ねた。

 グローバル化の進展によって、日本企業の海外進出のみならず、海外から日本に進出してくる企業も著しく増え、外国人労働者も増加しています。この流れは今後も加速していくことが予測され、今の子どもたちが社会の中心になる20年後、30年後には、多様な国の人と国内でも一緒に仕事をすることが当たり前になっていることでしょう。そして、そうした社会で必ず必要になるのが、これまで入試でも授業でもあまり問われてこなかった、英語を「話す力」と「書く力」です。

 2020(平成32)年をめどに変わるといわれている大学入試の中で、英語入試のキーワードとして注目されているのが「4技能(聞く・話す・読む・書く)測定」です。「話す」力も、ついに大学入試で問われるようになるというわけです。国公立の2次試験なのか、私立入試なのか、現時点ではどの入試に4技能が取り入れられるのかは不明です。しかし、文科省が国際競争力の強化を目的として重点支援する「スーパーグローバル大学」では、すでに導入しているところもあり、今後さらに増えていくことが予測されます。

 また、文科省は、中学3年生を対象に英語4技能を測定する「全国的な学力調査」を、2019(平成31)年度から新たに実施することを発表しています。これにより、学力調査でよい結果を出すために、公立高校の入試でも4技能測定を検討する自治体が増えてきそうです。高校入試に関する自治体の教育委員会の動きを、しっかり把握しておきましょう。



2016.1.20  ラーニングパーク


↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 22:25|Permalink 大学受験 

2016年01月17日

中学受験の1月入試が有効な理由とは


東京都と神奈川県の私立中学の入試解禁日は2月1日、埼玉県と千葉県ではこれより前の1月に入試が行われる。東京都と神奈川県の受験生が、腕試しとしてこれらの入試を受験することを、一般に「1月入試」と呼ぶ。ベネッセ教育情報サイトでは、森上教育研究所の森上展安氏に、「1月入試」のメリットを聞いた。


***



近年は、1月入試を受けず、ぶっつけ本番で2月を迎える受験生も増えていますが、依然、1月入試を利用する人は数多くいます。「1月入試」のメリットは、「入試本番の緊張感に慣れる」「今年度の傾向がわかる」「冷静に試験結果の分析ができる」などです。受けるのは1、2校で十分。できれば、第一志望校と難易度や出題傾向が似ているところが望ましいですね。利用する交通機関や学校までの道順もしっかり調べて、余裕を持って動くこと、事故などで交通機関が止まった場合の対処を考えておくことも、2月入試への予行演習になります。


当日は、本番のつもりで、時間配分に注意しながら取り組みます。まずは全体を見渡し、明らかに難問と思われるものは飛ばして、やさしいものから取りかかること、見直しの時間を最後に5分程度とることも大切です。なお、試験会場には、これまで取り組んだ問題集や参考書を持って行くと、間違えた問題や苦手な単元のみ見直すことができますし、「お守り」としても有効です。。また、腕試しとはいえ、入試である以上、合否が出ます。結果を分析して反省点を見つけ、それを改善するための具体的な手段に落とし込むことが重要です。


志望校の入試までの1か月は、子どもの力が大きく伸びる時です。たとえ1月入試で不合格だったとして、その気持ちの揺れを経験することも、心に成長を刻むよい機会です。お子さまのつらさや焦りも受け止めて、「何があっても応援しているよ」「一緒にがんばろうね」という気持ちを伝えながら、伴走してあげてください。1月入試の反省を生かし、志望校の入試日に気持ちをピークに持っていければ最高ですね。


2016.1.17  ベネッセから転載



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 22:53|Permalink 中学受験