多彩さ魅力 中高一貫 県私立中学高等学校協会理事長に聞く公立中高一貫校にも「学力検査」? 中教審が見直し論議

2011年04月28日

横浜市内初の中高一貫校、2月3日に適性検査で160人募集へ/神奈川

2012年4月に開校が予定される横浜市内初の公立中高一貫教育校となる市立南高校付属中学校(仮称、横浜市港南区)の適性検査実施日が同年2月3日に決まった。募集人員は1学年4学級160人、3学年全体で12学級480人となる。付属中に対する関心は高く、横浜市教育委員会は早い段階で検査日程を発表することにした。

 同市教委は、一定の割合で横浜市外にも募集対象を広げる方針で、詳細については今年6月に要項を策定する。説明会は同7月末を予定している。検査では、中高一貫教育校で学習するために求められる読解力、論理的な思考力、表現力など重視する考えだ。

 同市教委が昨年、市内の小学4~5年生と保護者を対象に開催した説明会には、募集定員の3・4倍に当たる約8600人の応募があり、急きょ説明会の回数・日数を増した。

(2011年4月28日 神奈川新聞より転載)


人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

『子育て・教育ニュース』

wakabanavi01 at 09:20│ 公立 | 中学受験
多彩さ魅力 中高一貫 県私立中学高等学校協会理事長に聞く公立中高一貫校にも「学力検査」? 中教審が見直し論議