いじめ調査:件数増加…全校アンケで浮き彫り 文科省勉強より心身丈夫に 理想の子供調査

2011年08月13日

学力低下招く教育界の迷信 (TOSS代表・向山洋一)

子供の学力を破壊する迷信が広くはびこっている。

 宿題で学力がつくというのは迷信である。

 宿題を出してくださいという保護者は多い。教師は、毎日のように漢字ドリルや計算ドリルを宿題にする。教師は毎朝、宿題ノートを点検して、印を押す。教師にとって実に楽な仕事で、保護者にも評判がいい。ところが、この方法では、漢字・計算の学力はつかない。

 私たちの研究会では新年度のクラスで、漢字50問、計算20問を出して全国調査をしている。

 計算ドリル、漢字ドリルを宿題にしていたクラスの学力は低い。毎日宿題を出して、厳しく点検していたクラスの漢字テストで、平均点は50点ぐらいだった。10点台の子が十数人いたクラスもある。

 漢字・計算の学力は、授業でつけるのである。それは教師の仕事だ。

 次に、授業中にプリントで学習する教師のクラスも学力は低い。

 多くのプリントは粗悪品だ。ミスも多い。しかも、思いつき程度の内容がほとんどだ。

 一番すぐれた教材は、教科書だ。法律で、教科書を使用することが義務づけられている。かつて、教科書を使わなかった教師たちが懲戒免職になった。最高裁の判例でも認められている。

 子供の算数のノートを点検すると良い。教科書のすべての問題をノートに書いている教師なら安心だ。

 ノートが、ゆったりとていねいなら文句なしにすばらしい教師だ。4年生は7月で算数ノートは3冊目ぐらいになっているはずである。

 自分の子供の学力が心配なら、算数ノートをていねいに点検するのがよい。もし、教科書の問題が抜けていたら、担任の先生に、やるようにお願いすることだ。拒絶されたら校長先生にお願いするのだ。

算数のノートのチェックは、通信教育や塾ぐらいの効果がある。

 教科書が最もすぐれた教材だが、それに続くのが、教育用の専門出版社が、学校用に開発した教材だ。

 ほとんどの教科書会社は、教科書とは別のスキルや資料集などを発行している。

 静岡県の一部では、退職校長が先生方に教材を押しつけているが、それ以外の所は、自由競争であり、何種類もの中から、教師が相談して選んでいる。すぐれた効果をあげている教材も多い。

 子供を伸ばすには「教えて」「ほめる」ことが大切だ。ところが、「教えない」教師は多い。「注意する」「叱る」ことを「教える」ことだと勘違いをしているのだ。

 ある学校の4年生は、学級崩壊をしていて、教室は騒乱状態だった。

 先生の声が通らない。授業中立ち歩く。机に乗っかる。そうじは全くしないで遊びまわっている。先生の注意は聞かない。その学級に新しい先生が着任した。一日様子を見て次の日、先生はほうき、ちりとりを持って体育館に全員を連れていった。

 ほうきでごみを集め「そうじは、このようにするのよ」と教え、次々とやってみせた。次の日から、子供たちは、全員熱心にそうじにとりかかった。子供たちは、それまで一度も、教えられなかったのである。

 そうじしている子供を先生は、一人一人ほめ、3日で学級崩壊を立て直したのである。

  ◇

【プロフィル】向山洋一

 むこうやま・よういち 30年以上の教員経験。代表を務める「TOSS」(教育技術法則化運動)は全国の教員約1万人が参加。


(2011年8月13日 産経ニュースから転載)

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

『子育て・教育ニュース』

wakabanavi01 at 10:21│ 教育・学習 
いじめ調査:件数増加…全校アンケで浮き彫り 文科省勉強より心身丈夫に 理想の子供調査