(3)プレテストで囲い込み【当世受験事情】(4)公立高入試 学力に回帰【当世受験事情】

2012年02月02日

中学受験、本番…震災で「近場」に人気

東京都と神奈川県の私立中学の入学試験が1日、約200校で一斉に始まった。

 長引く不況の影響で、私立中学の受験者は今年は一段と減る見通し。今年は震災の影響から、通学に不便な学校を避ける“近場受験”の傾向がみられるという。

 東京都荒川区の開成中では午前7時過ぎ、旗やのぼりを持った約100人の塾関係者らが出迎える中、受験生が続々到着。カバンにいくつもお守りを付けた受験生らは、塾関係者や保護者から、「がんばれ」と声援を受けていた。三鷹市の小6男子(12)は「ぐっすり眠れたので体調は大丈夫」と張り切っていた。

 大手進学塾「日能研」の受験情報誌「進学レーダー」の井上修編集長によると、今春の東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県で、国公私立中学の受験者数は約5万8000人。昨年(約6万400人)より5%ほど減る見込みで、小6の5~6人に1人程度が、平均で5校受けるという。



wakabanavi01 at 13:58│ 中学受験 
(3)プレテストで囲い込み【当世受験事情】(4)公立高入試 学力に回帰【当世受験事情】