家計苦しくても子は塾へ 低所得層の学習費増加大学秋入学、半数が「必要」 小中高の移行望む意見も49%

2012年02月11日

私立中家庭の7割 年収800万円

首都圏を中心に、私立中学に進学する子どもが増えるなか、私立に通う子どもの家庭のおよそ7割は、世帯収入が800万円以上になることが、文部科学省の調べで分かりました。
私立中学の学習費の平均は、年間128万円と、公立中学の3倍に上り、親の収入が進学先の選択に影響を与えている実態がうかがえます。

文部科学省は、家庭が子どもの学習費をどれくらい負担しているか、幼稚園から高校に通う子どもがいる全国の保護者およそ2万3000人を対象に調査しました。
この中で、公立中学に子どもが通う家庭の世帯収入を調べたところ、
▽年収600万円未満が42%、
▽600万円以上800万円未満が27.8%、
▽800万円以上が30.2%でした。

一方、私立中学に通う家庭の世帯収入は
▽年収600万円未満が13.5%、
▽600万円以上800万円未満が17.5%、
▽800万円以上が69%でした。

今回の調査によりますと、私立中学の学習費の平均は年間128万円と公立中学の3倍に上り、親の収入が、進学先の選択に影響を与えている実態がうかがえます。
文部科学省によりますと、少子化が進むなかでも、私立中学の生徒数は、昨年度25万5000人余りと、平成18年度と比べて8000人余り増え、首都圏を中心に増加が続いています。
今回の調査結果ついて、私立の中学と高校の教育に詳しい森上教育研究所の森上展安さんは「日本は人材育成の国で、家庭の経済格差が、やる気も能力もある子どもの選択の幅を奪ってしまうことはあってはならない。それを防ぐには、これまでのような学校への補助だけでなく、修学支援金のような、家計への補助を検討すべきではないか」と話しています。

(2012.2.10 NHK NEWSweb から転載)


人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 00:14│ 統計・調査関連 | 私立
家計苦しくても子は塾へ 低所得層の学習費増加大学秋入学、半数が「必要」 小中高の移行望む意見も49%