公立中高一貫 (1)先取り学習 思考力育む学習塾「進学会」教材、教科書丸写し 著作権侵害の恐れ

2012年03月29日

公立中高一貫 (2)高校から入学 進度にズレ

 「愛とお金はどちらが大切か」「人はなぜ笑うのか」。根源的なテーマについて、自ら調べて考えたことを発表する生徒たちの表情は、真剣そのものだ。

 発表の合間に、杉本豊教諭(35)が、思索を深める方法として「弁証法」を解説すると、興味深そうに聞き入っていた。

 今月1日、都立両国高校付属中学校(東京都墨田区)の2年の教室で行われた「考える国語1」の授業。学校独自の設定科目で、発表や討論などを通じて言語力を育てるのが狙いだ。「この1年で生徒たちはどんどん力をつけた」と、杉本教諭。高校でも、受験して入ってくる「高入生」と一緒に「考える国語2」を学び、論理力や記述力を磨くことになる。

 両国のような中高併設型の公立一貫校は、全国に69校。中等教育学校と違うのは、高入生が途中で加わる点だ。

 両国の高入生は毎年約80人。付属中から上がってきた「中入生」約120人との混成クラスになる。中入生が先取り学習した内容を高校で繰り返し教えることで、高入生が不利にならないよう配慮する。

 大平一男校長(60)は「中学校で先取り学習をやりすぎないようにしている。それでも、中入生と一緒の授業についていけるか、不安に感じて両国高校を受験しない生徒がいるようだ」と気をもむ。

 他方、同様に付属中を併設する京都府立洛北高校(京都市左京区)では、中入生約80人は卒業まで、高入生とは別クラスのまま過ごす。中学校で学ぶ主要5教科の内容は、中2までに多くが終了。科学教育に力を入れ、高2になると、京都大学教授らの指導で研究に取り組むなど、独自の「中高一貫コース」で学び続ける。その結果、同コースの1期生が卒業した2010年以来、毎年、京大に多数の合格者が出るようになった。

 上垣昌之副校長(51)は「学習の進度が速いため、高入生とは一緒にできない」と説明。部活動や文化祭などに合同で取り組むことで、生徒間の一体感醸成を図っている。

 中入生と高入生を高2で合流させる学校もあるが、いずれにしても、大学進学を重視する併設型にとって、進度のズレは悩ましい課題だ。反面、高入生が加わることで、刺激を受けた中入生が勉強するようになったり、友人関係が広がったりと、校内が活性化する長所を挙げる学校も多い。

 理想的な併設型一貫教育を目指し、各地で模索が続いている。

2012年3月29日  読売新聞から転載)

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 10:38│ 公立 | 中学受験
公立中高一貫 (1)先取り学習 思考力育む学習塾「進学会」教材、教科書丸写し 著作権侵害の恐れ