公立中高一貫 (4)寮生活で社会性養う公立中高一貫 (6)学力検査導 入望む声

2012年04月08日

公立中高一貫 (5)進学実績 生徒集めの壁

「宮沢賢治を知ってる? 生まれた年と亡くなった年に、大地震があったんだよ」。2月27日の放課後、徳島県立川島中学・高校(吉野川市)の中学3年の教室で、「スペシャルアプローチ」と呼ばれる特別授業が行われていた。

 教えるのは、高校国語科の武田伊織主幹教諭(51)(4月から県立富岡東高校教頭)。同高への内部進学に先立ち、高校での授業内容や勉強の仕方を伝えるのが狙いだ。2008年度から、秋から冬にかけて20回程度実施している。

 安丸友耶(やすまるゆうや)君(15)は「内容の濃い授業だったけど、話は分かりやすかった。スムーズに高校へ進めそう」と満足げだ。

 川島高校は1925年、旧制中学校として創立された伝統校。吉野川市一帯の過疎化が進む中、地域を支える人材の育成を期待した地元が県に働きかけ、2006年、同高の中高一貫校化が実現した。

 しかし、同中の入学志願倍率は、初年度から1倍すれすれ。10年度には2回目の定員割れを起こしたため、翌年度から定員を80人から60人に削ったが、それでも今春、再び1倍を割り込んだ。

 県教委は「周辺地域の小学生が少なくなっていることや、川島高校の大学進学実績が十分でないことが影響しているのではないか」と見ている。

 同中は、ほぼ全入状態で入ってくる生徒の学力底上げに懸命だが、優秀な生徒の中には、卒業時に外部受験し、近隣の進学校へ流出する者もいる。このため、「スペシャルアプローチ」には、川島高への愛着心を引き出し、つなぎ留める狙いが込められている。

 そうした中、中学1期生が卒業した今春、24人が筑波、広島などの国公立大学に現役合格。昨春の10人から一気に倍増した。

 中原和人校長(57)は「教育内容をさらに充実させ、進学実績の向上に努めたい。地元の小学校や保護者には、この実績をPRして、志願者増につなげたい」と意気込む。

 香川県では、併設型の県立高瀬のぞみが丘中学校が昨春、思うように生徒を集められず、創立から9年で閉校した。新潟県や愛媛県などでも、志願倍率の低迷に苦しむ一貫校が出ている。総じて、中学受験熱が低い過疎地で、進学実績がさほどではない高校を母体に設置したケースが多い。

 文部科学省が打ち出した「生徒一人一人の個性を伸ばす」といった中高一貫教育の理念が、受験指導を望む保護者という壁に突き当たっている。

2012.4.7  読売新聞から転載)


人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 02:40│ 公立 | 中学校
公立中高一貫 (4)寮生活で社会性養う公立中高一貫 (6)学力検査導 入望む声