人気高まるTOEIC、志願者減少に悩む英検東京女学館大、4年後閉校へ…学生集まらず赤字

2012年04月19日

男子校・女子校激減…開成「最後まで男子校だ」

男子校と女子校が激減している。

 文部科学省の2011年の調査では、男子か女子どちらかだけが在籍する高校は全国で464校。すでに全体の1割を切り、20年前の半分以下に減っていた。少子化で、学校側が生徒を多く集めようと共学に衣替えしたことが大きい。ただ、難関大学への進学実績は男子校が上位を堅守。「男女別学の効果」も読み取れる。

 「バンカラ校」も「乙女の園」も、平成の初めにはずっと多かった。1991年は、男女どちらかだけの高校は1002校で、全体の18・2%。それが08年に10%を下回り、11年には男子のみ130校、女子のみ334校の計464校で9・2%になった。

 中高の男子校だった東京の目黒学院は一時期減った生徒数が回復せず、11年に共学化した。

 松本武巳常任理事は「受験生、生徒数を増やすには共学にするしかなかった」と話す。10年の受験生は約390人だったが、11年に共学化して約660人に急増。12年も766人が出願した。私学にとって、受験料収入は大きな財源だ。

 共学化すれば受験資格者は倍増するが、松本理事は「女子だけでなく、男子の入学者も増えた。共学化が起爆剤になった」と語る。

 読売新聞の調べでは、今春も、全国で少なくとも私立高4校が共学化した。

 関東一円で展開する学習塾「市進学院」(東京都文京区)の担当者は「共学で育ってきた保護者が多く、難関校を除けば、共学志向は強い」と語る。

 一方、少数派の男女別学校の拠り所は進学実績だ。

 昨年、都内で「男女別学教育シンポジウム」を主催した教育コンサルタント、中井俊已さん(53)は「小学校高学年から中学は身体、精神面の成長は女子の方が早い。精神年齢の違う男女に同じ授業を受けさせるのは、非効率」と断じる。「東大合格者数の上位常連校は男女別学の高校で、韓国や英国でも男女別学の学力は高い傾向にある」

 受験情報誌「大学通信」の調べでは、12年の東大合格者数7位までは、開成、灘、麻布など全部男子校、8位は女子校の桜蔭だった。

 開成中高(東京)の柳沢幸雄校長は男子校の長所を、「中学時代から成長の早い女子と競わず、のびのび過ごせること」とみる。東大合格者数は常にトップ。柳沢校長は「同性の先輩を見て、早い段階から自分は何になりたいかという自己確立が可能になり、それに向かって突き進めるから」と語り、「今ほど男女別の学校が必要な時代はない。我が校は最後の1校になっても男子校であり続ける」と言い切る。



wakabanavi01 at 14:47│ 中学校 | 統計・調査関連
人気高まるTOEIC、志願者減少に悩む英検東京女学館大、4年後閉校へ…学生集まらず赤字