子供を理系に進ませるには 知的好奇心を刺激する東京女学館大:閉校めぐり混乱 経営の厳しさも浮き彫り

2012年06月18日

hotline学校分析  【中央大学附属中学校】

協力: オーダーメード型個別進学塾 hotline(ホットライン)

(第4回)  【中央大学附属中学校】

中央大学附属中学校  http://www.hs.chuo-u.ac.jp/

(中央大附属中学校 副校長 代田貴文先生より学校情報をご提供いただきました)

■所在地:東京都小金井市貫井北町

■最寄り駅:JR中央線「武蔵小金井駅」 西武新宿線「花小金井駅」よりバス
(上野毛駅より)約60分、(中央林間駅より)約70分

■始業時間: 8時35分

■クラス編成:1学年:184人(6クラス)、1クラス:30~31人

■参考偏差値:男・女(合不合)55・57 (センター模試)55・55 (首都圏模試)59・60

■学校の雰囲気:
「明るく、強く、正しく」の校訓を掲げ、知育・徳育・体育三者の調和ある教育活動を展開して、高い知性と豊かな感性を持つ、心身ともに健康な、社会有為の人材を育成する。
武蔵野の静かな自然環境の中に、明るく開放的な新校舎を構築し、生徒の自主・自治・自律の精神を尊重しているので、生徒は自由に個性を伸ばすことができる環境にある。

■特徴的な部活:
入部は強制ではないが、ほぼ全員が加入している。運動系14、文化系13、計27部 活動時間は5時30分までで6時に下校。 高校は45団体。

アメリカンフットボール部」
→ http://www.cu-raccoons.com/  (中央大学アメリカンフットボール部HP)

「水休部」
→ http://www.hs.chuo-u.ac.jp/

■大学進学状況:(2011年度)
(国公立現役合格者数)東大:1人、筑波:1人、御茶ノ水:1人、東北大:1人、東京学芸大:3人、横浜国大:1人、首都大:1人、埼玉:2人、東農工大:2人他

(私立現役合格者数)慶應:4人、早稲田:6人、上智:11人、明治:10人、理科大:12人、青山:6人、立教:5人、中央:446人、理科大:12人、法政:1人、芝浦工大:3人、東京音大:1人、学習院:1人、東京農大:7人、日大:2人、東京薬科:5人、星薬科:2人、北里薬:1人他

■通学エリア:東京23区37.0%、多摩地区35.3%、埼玉県16.8%、神奈川県7.6%、その他3.3%

■食堂:あり

■中学入試(2012年):
募集:150人、出願者数:988人、実受験者数:847人、合格者数:266人、実倍率:3.18倍

■入試対策と傾向:
国語:長文読解
算数:特殊算と計算力
理科・社会:全分野から幅広く出題

■学校行事:
オリエンテーション旅行・林間学校・白門祭(文化祭)・体育祭・京都奈良移動教室(2年)・沖縄就学旅行(3年)・合唱コンクール・ワンデーエクスカーション・スキー教室

■先生からのコメント:副校長 代田貴文先生
中央大学附属中学校は、1クラス30名という少数学級を編成し、生徒一人ひとりの個性をきちんと把握し、“ face to face ”の教育・指導を心がけています。

【 hotline(ホットライン)の学校分析】

中央大学は現在、法学部、経済学部、商学部、理工学部、文学部、総合政策学部を有する総合大学です。系列校には、中央大学杉並高等学校、中央大学高等学校、中央大学横浜山手中学・高等学校があります。中央大学附属中学校は平成22年に開校しました。中央大学附属高等学校からの内部推薦は卒業生516名に対し、487名の内部推薦があります。(法:152、経:102、商:117、理:44、文:49、総合政策:22)

■ 2011年度中学入試:
・国語(50分):(1)物語文「小学五年生」(重松 清)・約9,000字近くの文章に対し、設問は12問で記述は無し。(2)説明文「生き方の不平等」(白波佐和子)・約6,000字近くの文章に対し、設問は11問で記述は無し。
・算数(50分):(1)計算・一行問題 8問 (2)立体の体積・表面積 2問 (3)図形の折り返し 1問 (4)体積・容積とグラフ 3問 (5)条件整理 3問
・社会(30分):(1)総合問題(地理・歴史・時事)16問 (2)総合問題(時事・政治・地理・7問
・理科(30分):(1)物理(振動)5問 (2)化学(溶解度・気体の発生)5問 (3)生物(植物の光合成)5問 (4)地学(星)5問

■充実の学習環境:
・地下1階から地上1階には1,564名を収容できる講堂を完備し、コンサートや落語などイベントを開催。3階から5階には生徒が樹木に触れ合える憩いのスペース、「グリーンテラス」を設置、各階ごとに設けられたラウンジでは生徒と先生が教室以外にも触れ合うことが可能とする空間があります。自慢の図書館は14万冊の蔵書を配備、他に1人1台のコンピュータ室、談話室、相談室、100席のランチルーム、クラフトルームとすばらしい施設を保っています。


■学校説明会
・2012年 7月21日、9月8日、12月1日(すべて土曜日開催)※予約不要

■ 「小さな」学校説明会
・定員120名の学校説明会が開催されます。(全予約制)5月26日、6月30日、8月4日、8月25日、10月13日(すべて土曜日開催)

■学校見学(予約制)
・3月26日~4月6日、4月9日~(平日・9:00~17:00、土曜・13:00~17:30)

■公開行事
・体育祭:6月7日(木)
・文化祭:9月29日(土)、30日(日)
※問い合わせ先:中央大学附属中学校(事務室) TEL 042-381-7651

hotline(ホットライン)教務室

☆hotline(ホットライン)では中央大学附属中学校の合格対策コースと私立内部進学サポートコースで万全のサポートを行っています→
http://www.gakken-method.jp/hotline/


協力: オーダーメード型個別進学塾 hotline(ホットライン)



人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 01:11│ 中学受験 | 学校紹介
子供を理系に進ませるには 知的好奇心を刺激する東京女学館大:閉校めぐり混乱 経営の厳しさも浮き彫り