私立中学生 いじめで肋骨折る けがをさせた同級生は退学【学力テスト】算数・数学 計算の中に文字出てくると弱い 坪田耕三・青山学院大教授

2012年08月08日

中学で「理科離れ」 小中とも実験・考察に課題

文部科学省は8日、小学6年と中学3年を対象に今年4月に実施した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。国語と算数・数学に加えて初めて実施された理科では、小中とも観察や実験の結果を分析した上で考察・説明する力に課題があることが分かった。意識調査では、小中とも国語、算数・数学に比べ、「理科好き」が多い一方、中学になると、授業内容の理解度が低くなる傾向が判明。中学で「理科離れ」が進む実態が浮かび上がった。


 東日本大震災により2年ぶりの実施となったが、岩手、宮城、福島の被災3県の学力への影響はみられなかった。今回も全小中学校の3割を抽出し、基礎知識をみるA問題と応用力をみるB問題に分けた国語と算数・数学、さらに理科を加えた計10科目で行われた。


 小6理科では、天気の様子と気温の変化の関係について、データをもとに分析し、その理由を記述する問題の正答率が最も低く17%。中3理科でも電流回路をつくる実験方法を検討し、正しい方法の説明を求める問題の正答率が8%となるなど観察や実験結果を考察・説明する力に大きな課題がみられた。


 意識調査で「理科の勉強が好き」と答えた小6は82%で、国語(63%)や算数(65%)に比べ高く、中3では62%に下がるものの、やはり国語(58%)や数学(53%)より高かった。


 ただ、「理科の授業内容がよく分かる」と答えた小6は86%に上ったが、中3では65%で21ポイント低下。これは3教科で最も低い上、低下幅も国語(11ポイント)と数学(13ポイント)に比べて突出して大きく、「理科離れ」の傾向が鮮明に現れた。


 文科省幹部は「これまで以上に児童や生徒の理科に対する興味、関心を向上させる施策を行っていく必要がある」としている。

(2012.8.8 産経ニュースから転載)



wakabanavi01 at 23:37│ 統計・調査関連 
私立中学生 いじめで肋骨折る けがをさせた同級生は退学【学力テスト】算数・数学 計算の中に文字出てくると弱い 坪田耕三・青山学院大教授