【朝日・毎日】 中大の付属中入試で不正 理事長要求で合格、学長が破棄世界大学ランクで東大27位、アジア首位守る

2012年09月27日

どうする塾帰りの安全確保 子供に繰り返し意識づけも必要

今月初め、広島市で塾帰りの小学6年の女児が男にナイフで脅され連れ去られる事件が起き、塾通いの子供の安全対策がクローズアップされている。夜遅くまで塾で勉強する子供が増える中、保護者による送迎だけでなく、塾側が送迎バスを導入したり、防犯グッズを貸し出したりするなどの対策を取る所も。ただ、子供が1人になる一瞬の隙を狙われるなど、家庭や塾だけでは防ぎ切れない場合もある。専門家は「子供への意識づけも大切」と注意を促している。


 ◆ガイドライン

 午後7時、大阪府吹田市の住宅街。塾の授業を終えた子供たちが元気よくバスに乗り込んでいく。府内で学習塾を展開している「類塾」(大阪市淀川区)は自宅が遠い子供たちの安全と利便性を考え、約30年前から無料の送迎バスを走らせている。

 対象は、教室から1キロ以上離れている子供で、1教室当たり1~5ルートを設定し、全教室合わせて84ルートで運行。停留所は子供の自宅に近く、明るく周囲の目がある場所を選ぶ。保護者からは「塾までの送り迎えは大変なので助かる」と好評だ。同塾の広報担当者は「教室に近い生徒には自転車での通塾をお願いしているが、その場合も安全指導を行っています」と力を込める。

こうした安全対策を塾選びの基準にしてもらおうと、「全国学習塾協会」(東京都豊島区)では今年4月、「学習塾認証制度」をスタートさせた。6年前に同協会が作成した「学習塾に通う子どもの安全確保ガイドライン」を参考に、子供が1人にならないよう保護者の付き添いや塾教職員による出迎え・見送りの徹底、子供一人一人に防犯ブザーを持たせるなどの安全対策を励行。基準に達し認証されれば、協会のお墨付きである「認証マーク」をチラシなどで使用できる。これまでに認証を受けたのは11校だが、「これから数は増えていくだろう」(同協会)。

 同協会によると、このほかにも入退室の記録が保護者にメール送信されるシステムを導入するなどの対策を講じる学習塾が増加しているという。


 ◆具体的に注意喚起

 ただ、一瞬の隙を突く不審者による声掛け事案はなくならない。「通知システムや防犯ブザーなどの配布だけでは不十分」と話すのは、「日本こどもの安全教育総合研究所」(文京区)の宮田美恵子理事長だ。

 宮田理事長は「子供は危険な目に遭ったとき、ほ

とんど何もできないと考えるべきだ。子供が1分でも、あと5メートルで到着する場合でも、1人になる状況がないように、塾の職員と保護者が連携して対策を取る必要がある」と指摘。そのうえで、「通塾路の危険箇所を一緒に確認していても、確認が1回きりでは子供はすぐに忘れてしまう。繰り返し『バスを降りたら左右を確認しなさい』『防犯ブザーは持っていますか』など具体的に注意を喚起し、子供たちが自分で身の安全を守るという意識を高めるようにしてほしい」と話している。

                   ◇

【メモ】学習塾に通う子どもの安全確保ガイドライン

 平成17年12月に京都府宇治市の学習塾に通う女子児童がアルバイト講師に殺害された事件を受け、翌18年、業界団体「全国学習塾協会」が策定。子供たちの通塾方法の把握▽不審者情報の分析▽保護者や塾教職員による送迎▽防犯機器の活用-といった「子供の安全確保」のほか、「教職員の資質の向上」「学習環境の整備」などを掲げている。



wakabanavi01 at 09:20│  
【朝日・毎日】 中大の付属中入試で不正 理事長要求で合格、学長が破棄世界大学ランクで東大27位、アジア首位守る