国際バカロレア  (2)評価の基準知り意欲中学男子50メートル走、過去最高を記録 子供の体力回復 文科省調査

2012年10月06日

愛知の中1、最年少合格=気象予報士、12歳11カ月

気象業務支援センター(東京都千代田区)は5日、8月に実施した第38回気象予報士試験の合格者を発表した。
合格者167人のうち、名古屋市に住む愛知教育大付属名古屋中学1年の甲斐友貴さんが12歳11カ月で最年少記録を更新した。

これまでの最年少は2009年3月に合格した横浜市在住の中学1年男子の13歳7カ月だった。

 甲斐さんは小学4年の時、名古屋市科学館で開かれた「雲を作ろう」という教室に参加。

気象への興味が高まり、図書館の本に「気象予報士は600時間勉強すれば取れる」と書いてあるのを読み、受験を決意した。

4回目で合格し「自分でも非常に驚いたが、とてもうれしかった」と話した。 



wakabanavi01 at 00:33│ ニュース 
国際バカロレア  (2)評価の基準知り意欲中学男子50メートル走、過去最高を記録 子供の体力回復 文科省調査