課題山積の部活動 外部との連携も必要都立中高一貫校人気、今後も続く見通し

2012年10月21日

国際バカロレア  (9)修了者 大学を変える

日本の学習指導要領とは違った手法で学ぶ国際バカロレア(IB)について、ディプロマ資格を取得した学生を受け入れた大学側は、どう見ているのだろうか。

 「論文を書くスキルや複数の課題を計画的にこなす自己管理能力があり、社会貢献への意識が高い。大学にとって理想的な学生」と、大阪大学の人間科学部人間科学英語コースの副コース長、山本ベバリー・アン准教授(52)は絶賛する。

 同コースは、2010年の開設時、入試形態の一つとしてIB入試を導入。ディプロマ資格の審査と面接を経た1、2年生6人が在学する。09年から同様のIB入試を実施する理系の化学・生物学複合メジャーコースにも1、3年生5人がいるが、論文の書き方を既に身につけており、スムーズに研究活動に入っていける点が評価されているという。

 「彼らが満足できるよう、私たちも変わった」と、山本准教授は効果を語る。

 例えば人間科学部では、リポートや試験など長期間の学習計画の提示、複数の視点による考察、双方向の探究的な講義スタイルを、多くの教員が導入した。IBが提示を求める成績評価基準も作成され、配布された。他の学部でも、世界標準の教育を検討する学部が出てきているという。

 「IBの高得点者は世界中の大学が狙っている。大阪大学を第一志望にしてもらえるよう、少しでも多くの学部でIB入試を導入してほしい」と山本准教授は話す。

 岡山大学の方針はさらに明確だ。同大は11年、理学部、医学部、工学部、農学部と全学部横断の特別コースで、原則としてディプロマ試験の結果のみで合否を判定する「IB入試」を導入。今後、文系学部を含めた全学部に拡大する構想を描く。

 副理事でアドミッションセンター長の栗原考次教授(56)は「今年4月、1期生1人が入学した。IB高得点者は学力も人間力も申し分ない」と太鼓判を押す。シンガポールやフランス、ドイツ、オランダのIB認定校へ職員を派遣して「IB入試」をPRしているという。

 栗原教授は「IB修了者が学内に増えれば、他の学生によい刺激となる。日本の『岡大』ではなく、世界の『OKAYAMA Univ.』として知名度を上げたい」と力を込めた。

1dsesgdh

 メモ 
文部科学省によると、「IB入試」を前面に打ち出しているのは、玉川大、岡山大の2大学。IBは、AO入試や帰国子女枠などで評価する大学が多く、私立では国際基督教大、早稲田大、関西大など、国立では大阪大、名古屋大などが知られている。受験できる学部や学科が限定されるため、多くの生徒は一般入試に備えた勉強もしているのが実情。


2012年10月19日  読売新聞)


wakabanavi01 at 09:59│ 国際バカロレア 
課題山積の部活動 外部との連携も必要都立中高一貫校人気、今後も続く見通し