塾の公立校への支援、首都圏で続々と拡大中解任された中大前理事長「手続きは違法だ」

2012年10月29日

中央大学が理事長解任、系列中学の不正入試で

中央大学横浜山手中学校(横浜市中区)の今年2月の入学試験で、久野修慈理事長(76)の知人の孫が合格点を取れなかったのに合格とされ、後に取り消された問題で、同大は29日、理事会を開き、久野理事長の解任を決めた。

 後任に凸版印刷会長の足立直樹理事(73)が選ばれた。

 同大は解任理由について「不正入試に関与した責任を認めず、学園全体を混乱させたため」としている。問題を調査した同大の第三者委員会によると、同中側は久野理事長から「大学にとって有力な先輩の子弟なのでよろしく頼む」と伝えられ、この受験生は合格ラインに達しないまま合格とされていた。


 久野理事長側は決定を不服としており、関係者によると、「突然合格が取り消された子供の人権をきちんと考えるべきだ」と話しているという。

2012年10月29日  読売新聞から転載)


人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 23:45│ 中学受験 
塾の公立校への支援、首都圏で続々と拡大中解任された中大前理事長「手続きは違法だ」